相棒17 4話「バクハン」感想・ネタバレ この世に必要悪など無い

相棒17 放送スタート相棒

鈴林です。

この回から…もう大木長十郎はいないんだね。ここまでの回で、大木長十郎がいて「いつものだ!」と思ってきたけどとうとう来たか…。小松さんの隣に大木長十郎がいないだけで違和感を感じた。いつも話している大木長十郎がいないから違う人と話してた。

4話 ありがとう大木長十郎_R

https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0004/

悲しい…。でも仕方ない…。この回には居て欲しかったけど、こればっかりは仕方ない。改めてご冥福をお祈りいたします…。

暴力団、ヤクザと警察の関係の話だった。

暴力団を追い出そうとする法律が強化されてから、漫画とかに「ヤクザもの」が増えた気がするんだよね。そーいうヤクザへの憧れに対する警鐘のようにも感じた。

ヤクザ・極道・任侠‥‥かっこよく言い方を変えたり、仁義とか言っていても「組織暴力」であることには変わり無い。それらは等しく「悪」である…というメッセージを感じた。

 

今回だけですごく話がまとまっているというか、すごく収まりが良い。だから…マジで感想だけになるw

「ここがこうだったのかな?」があまりないw 大体説明してくれて助かる。録画してたから何度も巻き戻したけどw

スポンサーリンク

相棒17 4話「バクハン」

「正義」の味方

アンパンマンやヒーローも「正義の味方」ではあるけれども、正に文字通りの使い方をするドラマがあるなんて…。それも大真面目に使う。

警察という組織、会社という組織…何かしらの組織に所属して生きている人。所属している組織に対して、恩義とか感謝とか色々あって甘くなったり、何か感情を持って接するのが「人」ではあるけれども右京さんにはそれがない。

例え「警察組織」であっても、不正をするのなら、悪いことをするのならそれを正そうとする。

4話 源馬寛_R

源馬寛(げんば ひろし) 中野英雄さん

https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0004/

源馬(げんば)さんが、暴力団摘発に、賭博摘発にどれだけ成果をあげていたとしてもその方法が違法であるのならば立ちふさがる。角田課長であっても、違法行為をしているのなら止める。

必要悪なんて無い。もし本当に必要悪があるのなら、右京さんが止めてもまた生まれてくる…か。

右京さんの中での「絶対不変の正義」というものがあるからこその行動・言動なんだろうけど…どうやってこの「正義感」を培ったんだろうか。

何か物語を読んだだけでは、人から話を聞いただけでは培われないような気がする。きっかけが気になる。

思うままに僕が走り君は踊る

右京さんも冷血人間じゃない、けど…

角田課長はやっぱり源馬を庇うよね…。同じ組対課というのもあるし、これまでの付き合いもあるだろう。対象は違えども中身はほぼ一緒だから、同僚のようなものだったんだろうな。

そんな源馬の「仕事」を止めようとする右京さん。源馬から「警察官」という職を奪い、これから検挙できたかもしれない奴らも居たのに…それを全て無くしてしまう右京さん。

4話 必要悪なんだ!_R

http://post.tv-asahi.co.jp/post-66223/

角田課長があんなに怒ったの初めて見たかもしれない。角田課長が、右京さんの性格を気にせず意見をぶつけて…殴りかかろうとするなんて。びっくりした。

そしてそれをただただ受け止める、というか「傍観」しているだけの右京さんにもびっくりした。右京さんにとって、角田課長は近しい存在だと思っていたけど…。

やっぱり「悪に加担する」となっただけであそこまで変わってしまうのかな。

4話 角田課長_R

http://post.tv-asahi.co.jp/post-66223/

右京さんだって冷血人間じゃないんだよ。神戸さんが特命係を離れるきっかけになった事件の時だって、神戸さんのこと気にしてたもん。冷血人間じゃない。

でもこの「対、暴力団」の時は一貫して正義を貫いてる。

必要悪などない。源馬と繋がっている暴力団だけは生き続けるなんて、そんなことは間違っているとはっきり言う右京さん…強い。心が強すぎる。

別行動

そしてあの雰囲気の中で、「僕は行きません」とはっきり伝えられる冠城さんもすごい。

百田さんと久我さんの2人を見て、キャリア官僚と叩き上げの2人だと気づいて…その後の展開を予想して一時離れるなんて…冠城さんってば歴代で一番気づかいができるのでは!?

4話 僕は残ります_R

http://post.tv-asahi.co.jp/post-66223/

あのままだと特命係に味方は誰もいなくなってしまうから、冠城さんはわざと残って角田課長や他の人との繋がりを残していたのか…。機転ききすぎじゃん…。冠城さんかっこいい…。

人に踊らされるのは嫌い、だからこそここまで先を見据えることができるんだろうか。右京さんの相棒としてとても頼もしい。もうずっと冠城さんでも良いんじゃないだろうか。

内村刑事部長たちに「歴代2位の長さだぞ」って言われてたけど…1位の亀山さんを抜くのは当分無理でしょ!w

長すぎ!! 期間長すぎ!!

衣笠副総監たちの企み

結局…衣笠副総監と久我たちは何が望みだったんだろうか。

4話 久我雄作_R

久我雄作(くが ゆうさく) 崎本大海さん

https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0004/

源馬をどうにかしたかったのは本当だろう。源馬の違法捜査のことを、久我経由で衣笠副総監も知ってはいたのかな? だから特命係、右京さんを使って源馬を辞めさせることに成功した。

「組織に属する者」として、普通ならできないことだけど右京さんならできるのを衣笠副総監も知っていたのか。

衣笠副総監が右京さんを褒めていた時…右京さんが全く話を聞いてなくて…すごいと思ったw

あれだけ褒められて、肩掴まれて副総監に「君は立派だ!」とか言われてるのに…真っ直ぐ窓の方見て超興味無さそうにして…w

「失礼します」

ってろくに返事もせずに出ていくなんて‥‥もう…w メンタルが強いとかそんな問題じゃないw マジで興味が無さそうだったw 見習おうかと思うくらいにすごかったw あれは言っていた衣笠さんの方がダメージを受けたんじゃないだろうか。

百田と久我と衣笠副総監

4話 百田努_R

百田努(ももた つとむ) 長谷川公彦さん

https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0004/

百田も検挙…することも想定内だったんだろうか? これがよくわからなかった。

でも…百田が公園で電話しているとき…後ろから半そで短パンの女がフラフラ、フラフラ寄ってきてて…めちゃくちゃ怖かった…。

なんだよあれぇ…めっちゃ怖いよ‥‥。歩き方からしてどう見ても普通じゃないのに、誰もそれに気づかないし、というかあの女…金づち持ってるしさぁ…怖すぎ…。

百田さんを殺しに来たんだろうなってわかったけど、1回だけ殴るのかと思いきやめちゃくちゃ殴るし。怖いわ。ヤク中でラリってるままに殺したから責任能力も無さそうだなんて…もうホント嫌…。

土に埋めてそのままにしていて欲しい…。

 

百田さんは…亡くなって…しまったのかしら。誰も言ってなかったけど…。

久我が怖がるのもわかるけど、警察官のくせになんかかっこ悪いな…。お前が蒔いた種だろ、という気もしてしまう。衣笠副総監の言う「警察官は皆覚悟している」という言葉が重い。

親が子を復讐に巻き込む

4話 たまたま休みの店?_R

https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0004/

源馬さんの話を聞いて、そして角田課長の言う「必要悪」の話を聞いて…あたしはすぐに丸め込まれたよ。

漫画とかでも、ヤクザ出てくるし「別に良いんじゃん? 仕方なくない?」的な目線でも観てたよ。

でもラストの右京さんの言葉を聞いて…

鈴林
鈴林

あ、ほんとだ…確かにそうだ…

と思った。和気と源馬は本当の親子のような関係になったのかもしれない。

でもそうだったとしたら、自分の復讐に子どもを巻き込むなんて絶対にしてはいけなかった。和気はヤクザの世界から足を洗わせるべきだった。

警察が任意の事情聴取に来ただけで死を覚悟するほどに追い詰められてしまっていた和気。そうさせたのは源馬…。

あの言葉を源馬本人に言えるのは、警察では右京さんだけかもしれない。

誰のためでもない、右京さんが信じる正義のための言葉。出世のためでも、誰かに好かれるためでもなく、ただただ正義のための言葉。正しい方に導こうとする言葉。

源馬の言う「こいつと話してると俺が悪いのかなって気になってきちまう」というのもわかるw

右京さんの言葉には説得力がある。そして考えがブレない。どれだけ時間が経ってもブレないし、話を聞いたら納得できるものでもある。

だから右京さん好きなんだよ…!

特命係の雑務

4話 こっち来た!_R

http://post.tv-asahi.co.jp/post-66416/

青木は組対からの協力要請にも応じないのかよぉ~~~~! 違法カジノ行けよ!!w 右京さんだって行ったんだぞ!!w

4話 このカードにくぼみが_R 4話 協力要請_R

https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0004/

顔認証システムで源馬を探したりする…くらいの仕事しかしてないなぁ。あとは衣笠副総監への告げ口くらい??

青木の仕事がどんどん減っていく。影も薄い…w サイバー犯罪対策課にいた頃はあんなに目立っていたのにw

でも特命係の下っ端になったことで、ネット系の調べ物は頼みやすくなったよね。さすが下っ端!w

俺について来いよな

右京さんと角田課長の仲が戻って本当に良かった…。

いつもは事件解決後の特命係の部屋でのコーヒーは、小粋なあのBGMがかかってるけど今回は無音。

でもそれが良かった。雰囲気を壊さなかった。

 

角田課長が違法行為をしていれば、右京さんはそれを許さない。その証拠があれば、追い詰める。

でも源馬のことは結果的に良かったのかもしれない…角田課長がそう思ってくれたのがまず良かった。走り続ける源馬のことを、角田課長も止めることができなかったんだね。

冠城さんと、右京さんと、角田課長。3人でそれぞれ好きな飲み物飲んでるラストが良かった。

 

コメント

  1. 匿名 より:

    青木は多分違法カジノへ行って暴力団の構成員とかに顔を覚えられお礼参りされることを怖がったんじゃないでしょうか、あと荒事に向いてなさそうだし…
    昔杉下警部は「暴走する正義」ととあるキャラに評されてます、やはりきっかけはあの特命係の設立のきっかけとなったあの立てこもり事件でしょうか、後味がかなり悪かったですからね。

    • 鈴 林 より:

      匿名の方、コメントありがとうございます!
      特命係に配属されて、上司の右京さんが行っているのに行かないなんて…!w 一人だけ自由すぎて面白いです。
      よ~く見ると…実はいたんでしょうか…?
      「暴走する正義」は…亡き官房長でしたっけ? 「正しいとは何か」と考えさせられるドラマですよね。

  2. migrant009 より:

    こんにちは、はじめまして。

    私も衣笠副総監の目的がわかりませんでした。久我刑事は副総監のSですね。
    右京と源馬、百田をぶつけて、共倒れさせる腹積もりだったのでしょうか。

    それと、百田が公園で電話をしていた相手は誰だったのでしょう。
    百田が認可していたゲームセンター(実は反社会的勢力)の関係者でしょうか。

    「相棒」は難しいです。

    • 鈴 林 より:

      migrant009さん、コメントありがとうございます!

      そうですよね…。衣笠副総監の目的だけわからずじまいでした。「S」って、スパイのことなんですね!
      警察用語詳しいんですね!すごい!! 私わからなくて調べちゃいましたw

      右京さん・百田と源馬をぶつけて源馬を辞めさせて…角田課長たちと揉めさせるのが狙い…? 孤立させるのが狙いなんでしょうか…。

      百田が電話していた相手は、「武輝会(ぶこうかい)」の人なんじゃないでしょうか。
      あの人物は「武輝会」の関係者ということは言わずに百田と接触していて…あの電話で初めて「武輝会の者だった」とわかり…
      口封じのために「シャブ山シャブ子」に始末させたんだと思います。

      今回は特に脚本にまとまりを感じますし、よく練られているというか、「仕込まれている」感じがします。
      難しいですけど…そこが良いですよね!!!