「蒼竜(アズファレオ)の側用人」 1巻 感想・ネタバレ

漫画の絵感想

これも人間じゃないものと女の子の話。

そしてこれも、「贄姫と獣の王」と同じくなんとなく流れで買ったwww買いやすいかと思ってwww

うう~~~ん…これも王道って感じかな~~。しかも相手の竜、ユリウスは本当に竜という訳でもなく元は人間だしね。

このアズファレオの王様は代々竜になる呪い…というか呪いというかそーいうのがあるらしい。

う~~~ん…本当に良くも悪くも「王道」なんだよね。贄姫の方は、夢小説を思い出すような王道感だったけどこれは昭和アニメの王道感というかある程度色々観ていたら先が予想できる感じの王道感…。

続きは読んでも読まなくてもいいような気もする…wwww

主人公のルクルは巫女の家系で、自分の村では双子の姉と比べて薬づくりや占いができなくて竜の世話係として城にやってきた女の子。んでユリウスの世話をしていくうちに自分の村ではみつけることができなかった「居場所」をみつけることができて、ユリウスの世話係にやる気を出す。

んで第1話からユリウスは実は人間だった!!ってわかるのよ。たぶん呪いが解けたのはルクルのキスだよね。心配する者のキスとかそーいう人からのキスじゃないとダメとかありそう。もちろん人間になったユリウスはイケメンや。

前王崩御の時に取って代わったガラって人を倒し?ユリウスが王に戻るんだけど・・・レインズさんという補佐も出てくるんだけど…ガラの時レインズ何してたのwwwwしっかりしろよwwwww

ルクルに小言を色々言うけど、ルクルのおかげでユリウス生きているようなものだしルクルのおかげでガラから王位を取り戻すことができたのにwwwルクルに怒るなよwwwwこいつ意味不wwww

こーいうところが納得いかない…。その後もレインズとか城のメイドさんとかルクルに嫉妬というか「こんな娘がどうして!」感出すけど…いやそう思うならお前らガラに対して逆らったりしろよwww何もしてないくせにって気持ちがするwww

ユリウスはルクルのこと好きだし、ルクルもユリウス好きだけどお互いにそれに気づいてなくてなんとなく「気になる」感だね。ユリウスはもう独占欲出してきてるから今後はそんなドキドキ展開もあるだろう。

ルクルには双子の姉もいるし名前も出てきているから、今後はその姉も世話係として村から送られてきて、その姉に対して劣等感を抱いているルクルは落ち込んで一時は仕事を姉がすることになるけどユリウスに「お前ではなくルクルでなくては意味がない」とかなんとか言われてルクル感激するって話もあるだろうな。

最後の読み切りの主人公はとらドラ!の大河にすごい似てるwwwもうそうとしか見えないwww見た目はモロ大河って感じ。

うううう~~ん…これ次も買うかな~…重版したらしいけどなんでそんなに人気あるのかよくわかんない…w

コメント