「バイバイ人類」 1巻 感想・ネタバレ

バイバイ人類感想

2巻の感想→

ジャンプ+で新しく始まった連載漫画!!過去の有名漫画を毎週更新するアプリになってた時期に出てきた新連載だよ!www
てっきりタイトル的に「宇宙人とかそーいうのが出てくるやつ?」と思ったら、角度というか観点が違った!

隣のあるび田市へ肝試しに行ったら、クラスメイトが襲われていて…!ってのが冒頭。
突如として自分達の日常に入り込んできた「奴ら」
主人公のマヤマヤ(真山真矢)達の日常に、友達や家族の皮を被って紛れて来て「奴ら」に捕まり襲われたら乗っ取られてしまう。

バイバイ人類(1) [ 萩原あさ美 ]
価格:432円(税込、送料無料)

ナオちゃん、メグちゃん、小熊さん、マヤマヤの4人で肝試し行ってるけど…これ読み直したら最初からマヤマヤの言う通り警察呼んでたらよかったじゃん…そしたらまだマシだったかも…。
電話が通じなかったとしても、「何かおかしい」ことに気づけるし…。

お嬢様の神宮寺凛子ちゃんが登場してからは、より「奴ら」に対して立ち向かおうとする感じが強いよね。

なんというか…メグちゃんにイライラしない?wwwwこれあたしだけ?www心狭いかな?wwww
始めの頃はまだわかるよ。「奴ら」に対して危機感が足りないのも、今までの生活考えたら仕方ないし、マヤマヤみたいに対抗策思いつかないのもそりゃそうだよね!って感じ。

でも…神宮寺さんとマヤマヤが壁の向こうのあるび田市へ潜入しようとしている話で「なんでそんなにイキイキしてられんの!」って…。
今までのマヤマヤの決意の表れとかも知っているし、「まずは情報収集」とかも知っているのに…こいつは何を言うんだよ!!!

神宮寺さんとの合流までだって、役場に閉じ込められた時もメグちゃんが正面玄関に向かわなければもっとマシだったかもしれない、とかメグちゃん今まで散々やらかしてるのに!!
番外編といい、肝試しの時といい、ナオちゃんとメグちゃんは状況の変化についていけないんだね。どの状況でも「楽しい学生(女子高生・女子中学生)」を忘れられない。

危機的状況なのに、一度はマヤマヤと頑張るって決めたのに、状況の変化に対応するより「楽しい学生」気分になっちゃう…。あたしボロクソに言ってるけど、マヤマヤには大切な友達だからね…(´・ω・`)

しかし「奴ら」はどこから来たんだろう。仲間を増やしているし、殺した神宮寺さんの両親を乗っ取っていないということは乗っ取る時は相手が生きていないといけないのかな?
仲間を増やすというか、子孫を残すのは生き物に刻まれた本能だし…生き物ではあるのかな?
脳とか解剖したら正体わかるかな…

メグちゃんは読者の目線でのキャラだと思うけど、どうしても色々とイラついてしまう…でも面白いから読んじゃう…!
ジャンプ+で単行本の続きも読めるはず!(゜∀゜)

他のマンガはこちら→

2巻の感想→

コメント