機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 7話「パラオ攻略戦」 感想・ネタバレ

ガンダムユニコーン

戦争だ…戦争が起きてたわ・・・・。

ドアに仕掛けた爆弾がどんどん誘爆していって、戦闘開始。あれはやっぱり泳がされてたの?連邦のスパイをわざと泳がせておいてバナージと連絡を取らせて、本当の狙いはユニコーンガンダムのデータ収集…って事であってるのかな??

てかファンネルを奪うってすげえーーーーー!!!考えたことなかった!ファンネルって元々…プルとかが使ってたんだったかな?それがスタートだっけ?いやニューガンダムのフィンファンネル??

あれはそもそもニュータイプにしか動かせないものだけど、それの操作権を敵から奪うってすごすぎ!!どんだけ思念波強いんだよ!ユニコーンガンダムすごいしバナージもすごい!!

フル・フロンタルはユニコーンガンダムの中の…NT…G?だっけwなんだっけwあのシステムが人間を道具として使ってるって言ってたけど…それでもバナージはすごいと思うけどなぁ。道具は所詮道具だし。それを実際に使っているのはバナージ。機械の補助があってもそれは変わらないと思う。

リディとバナージの関係は…恋敵でもないけど男同士の友情生まれたねwwwでもリディのお父さんが連邦のスペースノイド担当?の偉い人だからって…ちょっと安直じゃない?また人質に取られたりなんだりしそうなんだけど…。大丈夫かよ…。

フル・フロンタルさんのビームサーベルでくりぬいてるのすごいわ。あれって…人殺さないようにしてる…?んだよね?東地宏樹さんのあの軍人さん達はそれで生きてる…んだよね?

しかしキャラの名前を全然覚えられん!!!w

マリーダさんの過去とか、あのニュータイプ同士の通じ合う感じ良かった。マリーダさん生きててよかった!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク