ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 21話「吉良吉影は静かに暮らしたい その1」 感想・ネタバレ

ジョジョ4部

放送されてからだいぶ時間経ったけどやっと観た…重ちー…

重ちーいいいいいいい!!!!!(´;ω;`)

どうやって重ちーが殺されることになってしまうのか細かく覚えてなかったけど…あった…あったよサンドイッチ買う話。

このサンジェルメンって「サンジェルマン」っていうパン屋のもじりだよね。今気づいたわ。これを初めて読んだ時は近所にサンジェルマンなんて無くて知らなかった。

サンドイッチを取り違えたことで…吉良吉影と関わってしまったのか…。吉良吉影は15年証拠一つ残さなかったって言うけど、ここで重ちーと出会って証拠を間違って持って行かれたのは痛恨のミスだよね。これもスタンド使いは呼び合う、という法則めいたものが関係しているのかしら…。

仗助と億奏がすぐ近くに居たのにこの展開になるってのも…また悲しいよね。吉良吉影があそこまで自己紹介をしてくれるのは、読者に「吉良吉影という人間」をわかってもらうことと、重ちーは必ずここで殺すという強い決意があるからこその自己紹介だったのか…。

ハーヴェストで跳び箱の下を見ているのに重ちー何にも言わないから…初めて漫画読んだときも今回観た時も「あれ?もしかして気づかなかった?」と思ったけど…気づいてるよね…。だからあそこで話しかけたのかな…。重ちー自分の考えてることを相手に伝えるの苦手そうだし…。

しかしめちゃ気になるとこで切ったなぁ~~。良い引きだよ!!!もう!!!

次回…ドキドキする…!!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク