麒麟がくる 41話「月にのぼる者」感想・ネタバレ 気分屋の信長

麒麟がくる_R麒麟がくる

鈴林です。

日曜の内に観られなかったけど、次の日の朝に観られたからまぁ良いだろうw

緊急事態宣言中だからこそできることだw

今更だけど、帝がお歯黒までしているのが細かいと思ってる。

雅な人だからこそしている…という感じ。

なんでお歯黒をしているのか…というのは調べてもよくわからなかったw

当時の虫歯予防でもあるし、皇族は皆していたということもあるらしい。

魔除けの意味もあったと聞いたことがあった気がするけど…実際どうなのかはわからない。

スポンサーリンク

麒麟がくる 41話「月にのぼる者」

優しい、もしくは愚かと取られる行動

丹波での戦いで勝利した十兵衛が、負けた人たちを自分の前に連れてくる…までは他の武将もすることだろう。

「首をはねるのなら、昨日既にしていた」

って言ってたけど、あの場でみんなの首をはねるってことも当時はあり得ることだったんじゃないだろうか。

縛って連れてきたのに「縄を解いてやれ。座りにくかろう」と言ってくれただけで、優しさを感じる。

何も武器を持っていないとはいえ、あの人数が一斉に暴れ出したら十兵衛たちだって困るだろうし。

拘束を解き殺さないと宣言し、皆自分の家に帰り平和に暮らせと言ってくれる。

「あの場にまた城を建てないで欲しい」とは言うものの、しばらくあなたたちから年貢は取らない。

田畑を耕し国を栄えさせてくれ、と言ってくれ…そのまま返してくれる。

捕まった人たちが声に出さず驚くのも無理ないと思う。

現代のあたしからすれば

鈴林
鈴林

優しすぎじゃん…

と思うけど…あの人たちは「優しい!」だけじゃ納得しないだろうな。

あんなことを言っても家に帰ってやり返そうと準備を始める人だっているかもしれないのに、それをしないと思い…そのまま家に帰してくれるなんて。

しかもしばらく年貢は取らない、とか他の武将から考えるとあり得ない好待遇じゃないだろうか。

他の武将からしたら、十兵衛の行動は「愚か」なことかもしれないけど…でもあそこまで言われて・されて、それでも十兵衛を裏切る人がいたら

その人は周りから「人でなし」とかそんな目で見られるだろう。

確かなものが何もない時代だけど、人の情を大事にするからこそ十兵衛の良さは際立つものになるのかな。

足利への恩

丹波の人が戦う理由を教えてくれたのも、十兵衛だからじゃないのかな…と思ってしまう。

聞いてきたのが藤吉郎、秀吉だったらきっと教えてくれない…か全部は言わない、とか嘘も入れたかもしれない。

これまで足利一族に良くしてもらっていたからこそ、その恩返しをしている。

信長を許すな、と将軍は言っている。だから戦う。

という理由が、なんともかっこいい。

やっぱり自分に良くしてくれた人には、報いたいと思うよね。

利害関係で繋がった関係かもしれないけど、その関係が長く続くことで情も生まれる。

相手が落ち目になったからと言ってすぐ離れるのではなく、死ぬかもしれないけどこれまでの恩に報いようとするなんて丹波の人たち優しい…というかかっこいいな。

信長にはそういう人もういないからなぁ…。

看破の十兵衛

Episode 41: This is a loan麒麟がくる公式ツイッターより

前回秀吉が平蜘蛛のことを信長にチクったせいで「十兵衛に初めて嘘つかれた! くそ!」って信長怒ってたけど、そのことを十兵衛が看破するとは…。

辰吾郎(しんごろう)のことを、十兵衛はどうやって知ったんだろう。

菊丸が家に来ていたけど、菊丸がまたこっそり文をくれてそこから調べたとか…?

それとも十兵衛の家臣たちが噂を聞いてそこから…だったりするんだろうか。

秀吉が領地を賜ることになった、という報告で「私の足元をすくった」と2回も言った時は

鈴林
鈴林

ど、どうしたどうした?

めっちゃケンカ売るやん…

と思ったけど、本当にケンカ売ってた。

平蜘蛛も見せて、秀吉が信長に報告したことを全て当ててみせた。

辰吾郎が自分の功績を吹聴していることも添えて、「家臣に命じて引っ立てても良い」とまで言うなんて。

確かに十兵衛からしたら、「信長に嘘をついた」という後ろ暗さはあるものの自分を犠牲にして出世したなんて胸くそ悪いもんね。

秀吉が十兵衛を犠牲にしたこと自体は悪くないけども、わざわざ十兵衛のところに来て

「明智様のおかげでございます!!」

って嫌味が過ぎるでしょw

秀吉も敢えて来たんだとは思うけど…十兵衛を甘く見ていたということなのか。

あそこまで頭を下げて謝るし、家族はやはり大事にするのかと思ったら…

辰吾郎を自分で殺しちゃうのか。なんでなんだ。

母親がどこぞの男と勝手に作った子供だし、居ても邪魔だから消しておこうということなのかしら。

走る貧しい子供たちを見て「あれは昔のワシじゃ」と言いつつ、嫌そうな…というか苦そうな顔をしていた。

昔の自分がすぐそこにいるけれど、今の自分はもう武将となっている。

自分はもう昔とは違う、ということを表しているのかな。

菊丸との別れ

Episode 41: Leave Kyoto麒麟がくる公式ツイッターより

草(忍び)だと疑われたからって、そんなすぐに殺されてしまうものなの!?

やると決めたら早いって大事なことだけど、やられる方からしたらたまったもんじゃないな。

秀吉は十兵衛が菊丸を使い、自分のことを突きとめた…と察知した? から「あの者は…」と言ったのかしら。

菊丸にも言っていたけど、十兵衛からしたら菊丸は何度も十兵衛を助けてくれた人だし付き合いも長い。

秀吉にああ言っても嘘ではないよね。

でも割とすぐに菊丸に「京を離れた方が良い」と言ってくれるって、めちゃくちゃ優しい。

超良い人やん…。

菊丸にとって、京での生活は忍びであることも使命も忘れることができる貴重な時間となっていたんだな。

確か駒ちゃんと初対面の時に駒ちゃんのこと好きだったっぽいけど、今はそんなこと関係無しにただの薬売りとして…薬を作る者として駒ちゃんの近くにいることがとても楽しかったんだろう。

でも三河でのお役目を無視することもできない。できれば足を洗いたい。

しかし京にいれば命の危険がある…からこそ、離れる決心をしたんだろう。

でも十兵衛に「ここでの生活を続けたい」と本心を漏らすなんて、相当十兵衛のこと信用してるよね。

十兵衛も菊丸の告白を聞いて「ならばここにいれば良い」とかは言わない。

離れた方が菊丸のためだと思っているからこそ、「東庵先生とお駒さんを巻き込むわけにいきません」という言葉に頷いたんだと思う。

そして本当に命狙われるし!!

あんなに人が多いところでやるの!? もっと場所考えてよ!!

いつもその辺にあるものを障害物とするけど、

鈴林
鈴林

あ…持ち主かわいそう

と、いつも思ってしまうw

菊丸死なずに三河まで帰れてると良いな。菊丸死んだら寂しいわ。

気分屋の信長

信長くん、平蜘蛛に飽きちゃったのかな~?

十兵衛がめちゃくちゃ大事そうに平蜘蛛渡したのに、信長はすごいぞんざいに平蜘蛛触ってて差がものすごかったw

あれだけ欲しがってたのに…。

「欲しい!」と思った時に手に入らないと、もう気分では無いんだろうか。

Episode 41: I don't know麒麟がくる公式ツイッターより

でも近衛前久さんとの話ははぐらかしたり、そういうことはできるんだよね。

十兵衛が部屋についたら「やぁぁああ!」とか言って2人で鼓叩いてるから

鈴林
鈴林

な、なんなんコレ?

としか思えなかったw 鼓の良し悪しわからんw

信長の京都での噂は悪いらしいけど、信長の周りの人は「殿の評判めっちゃ良いっす!」って嘘ついてるんだね。

信長が怖いからそうやって嘘ついて気にいられようとしてるんだろうけど、それを信じてしまう信長も哀れに思えてしまう。

そんな信長に「そんなに評判がいい人から、松永久秀さまは離れるでしょうか」とか厳しいことを面と向かって言える十兵衛すごすぎない?

怖いよ…。怖くて言えないよ。

正しく言う通りなんだけども、しかし言えないよ。

でも良い家臣だと思う。耳に痛いこともちゃんと言ってくれる良い家臣だ。

だけど信長がなーーー!

十兵衛が嘘をついたことを謝り「殿に後ろ暗いことがあると良くない」とか言いつつ、平蜘蛛を差し出して

「このような物を持つ者は、持つ者の器も試される」

とか言って信長に「あなた自身も立派な人にならないとね。これから人に好かれるように頑張ろう」的な応援してくれてるのに…。

平蜘蛛をガチャガチャ適当に見て、

「今井宗久に言って、これが1万貫くらいで売れるか見てもらおう。名物だったらそんくらいいくっしょw」

という…チンピラみたいなこと言いだすし。

平蜘蛛へのあの熱い執念はどうしたんだよ!! 

さっきも言ったけど飽きたのか!?

確かにお金も大事だけど、十兵衛はお金にして欲しくて献上したんじゃないのに。

平蜘蛛売っちゃうのかなぁ…。

あたしから見たらよくわからん鉄器だけど。

父の傍に

Episode 41: Tama-chan going to the bride麒麟がくる公式ツイッターより

ずっとお父さんを見送り続けたい、ってたまちゃんめっちゃ良い子やん!!

これは世の中の娘を持つお父さん的には嬉しいんじゃないか?

まぁ…そんなお父さんも娘が三十路近くなると「嫁に行かないの? マジ?」ってなってくるんだけどw

鈴林
鈴林

駒ちゃんに相談しても特に変わり無いんじゃね? 

とは思ったが、他に…相談できるような女性がいないのか。

お母さんは亡くなっちゃったし、お姉ちゃんは嫁に行ってるし気軽に話せる人いないもんね。

侍女に言うことでも無いし、伝吾や左馬之助に言いづらいことだよなぁ。

「自分の将来をちゃんと考えよ」的な駒ちゃんの答えは模範的だ。

「お父さんのために」と考えることは良いことだけど、いつかは「お父さんのせいで」となるかもしれない。

もっと自分のことを考えて動いても悪いことではないよね。

帝とお月見

Episode 41: Ask Nobunaga麒麟がくる公式ツイッターより

帝が…御簾越しでもなく直接現れるなんて…すごいことじゃない!?

お月見のためだからって、十兵衛の前に直接現れてくれるなんてなかなか無いことなんじゃないだろうか。

神の子孫がああやって目の前に来てくれるって…すごいよ。

桂男、知らねぇーーーーー!

初めて知ったわ!w

桂男(かつらおとこ)とは、中国の神話においては月に住んでいるとされる伝説上の住人、または日本の妖怪。前者の意味から「桂男」は「美男」のことをさす慣用句としてもつかわれる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%82%E7%94%B7

wikiから引っ張って来た。中国の神話なんだ…。

でも万葉集にも載っている人らしい。桂男=イケメン というのはよくわからん。何故だw

月に上ったが誰も下界に戻らないのは…当然のようにも思うけど、どうなんだろう。

生活レベルが上がれば下げることはできなくなる、という。

月の上に行きそこでの暮らしを覚えてしまえば、下など見ずに突き進んでしまうものなんじゃないだろうか。

力を持てば人が変わってしまうものだと思う。

そのまま人格を保ち続けていられる人は、そうそういないんじゃないかな。

信長のことを、面と向かって十兵衛に頼むなんて…そんなに信長のこと心配なんだな。

今も昔も「何をするつもりなのか全くわからない」というのは怖いものだよね。

信長は権力も武力もある。

だからこそ「何をするかわからない」というのは恐怖だし、信長だから余計に怖い。

こうやって帝に頼まれたからこそ、十兵衛は信長を討とうと考えたのだろうか。

NHKの番組を動画配信でもっと気軽に観よう。

NHKの番組はほとんどのものが再放送される。大河ドラマだって、朝ドラだって再放送される。

再放送を待たずに楽に見逃したNHK番組を観られるやり方があるのです。

U-NEXTに入って、更に「NHK見放題パック」というものに入るとすごくお得にNHKの番組も他の番組も観られるようになるよ!

こう聞くと

鈴林
鈴林

いやいやどんだけ加入するんだよw

金かかりすぎだろw

ってなるけど、最近そんなに金もかからなくなった!w 何なら普通に入るよりも超お得になる…かも!

レンタルショップでレンタルされるのを待つよりも、もちろん早いし家から出なくて良いし、放送した後ほぼすぐに配信されるから待ちきれない人にも良い。

過去の大河ドラマや朝ドラ他の番組だって配信されてるから好きなNHK番組を観まくれるよ。

当たり前だけどU-NEXTにも加入するから、U-NEXTで配信されてるものも観られるし日本国内のエンタメをほぼ網羅でき…る…んじゃないか?(個人の意見だよw)

※この記事を書いた時点での情報だから、登録する前に自分が観たい番組がまだ配信されているかどうか確認してね!

ココから登録すれば、最初に1,000ポイントもらえる!

→公式ページへ←

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました