マギ シンドバッドの冒険 6話「居場所」 感想・ネタバレ

マギ シンドバッドの冒険

ドラコーンが…!決意を新たに!!

てか初の眷属器持ちだったんだ!ドラコーーン!\(^o^)/ちょっと素直なベジータって感じかな?

ていうかこんなに早くから黒いルフとか堕天とか出てくると思わなかった。しかもジャーファルが…。

ヒナ、ドラコーーン、シンドバッドの3人で協力して魔獣を倒す。その過程で起こることがまた面白いよね!

あの占い師、本体はパルテビアにあるっていうのにすごいわ。ドラコーンはまだ生きているのに皇帝である兄から「2階級特進」扱い。つまり死人扱い。セレンディーネへの好意もバレてた。

あいつセレンディーネのこと大事に思ってないんだからいいじゃん!!ケチ!!ドラコーンの兄ちゃんのくせに(´・ω・`)

みんなシンドバッドに影響されて良くなってるのがすごいわ。ヒナもシンドバッドに影響されてか心が強くなっていくし。

んでジャーファル!!ジャーファルの心の中に入ってジャーファルを説得…というか居場所があることを伝えるシンドバッド。これがあるからジャーファルはシンドバッドの側近なのかな?ジャーファルが望んでの結果というか。

ヒナもヒナホホになったし!てかルルという妻がもう!もう居る!!そしてルルも一緒に旅するんだ!強そうです!!w

ドラコーンは一度パルテビアに戻るのかぁ…大丈夫かな(´・ω・`)心配。

この頃くらいからもう商人として活動するのかー。シンドバッドすげーーー!ジャーファル達、アサシン集団がどんな風に活躍するか楽しみ!!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク