眠狂四郎 The Final 感想・ネタバレ

眠狂四郎 ファイナル_R

鈴林です。実家に帰った時にたまたまやっていたので親と観てました。ちなみにこれが眠狂四郎の初見。
初めて見るのにもうファイナル!眠狂四郎とは誰なのか状態からの感想!

根っからのファンとかそーいう人には見るのを勧めません。ホントに。好きに書くのでそこんところよろしくです。

スポンサーリンク

眠狂四郎 The Final

原作は面白そうですね

いやぁ…お父さんがちょっと楽しみにしてるから観てみたけど、率直な感想は「なんだこれ」って感じですね。

父さん曰く「なんかもったいぶってやってたな」。あたしも…そんな感じだなぁ….。

椎名桔平が実は弟だった、とか後付けの設定って感じがして萎えた。椎名桔平と田村正和は同じオランダ人の父親を持つ、という設定を最大限膨らました感じかなぁ。

八嶋智人の芝居は面白かった!唯一と言ってもいいくらいに明るい芝居だった。この人が居たからひたすら暗い感じにならなかったと思う。

最近流行りの吉岡里帆も出ていたけど…時代劇は初めてだった…のかしら。なんとなく浮いていた気がするぜ。
椎名桔平とお父さんは悪魔教を崇拝していて、椎名桔平演じる鏡(かがみ)は術が使えるんですね。
術か…。

あの呪文的なものもさ、「なんとかかんとかサタナキア」って言ってるのはわかった。最初は「スターウォーズが来る」とか聞こえて何言ってるのかと思ったw

円月殺法も、私の中では魔法陣グルグルしか出てこないからね。ヤンバンとニケの戦いが思い出されるわ。

刀回してる間に攻撃しなよって思っちゃうけど、あの回すので幻術的なのにかけているんだろうか。謎。

結局、吉岡里帆も眠狂四郎の娘じゃなかったし。

深く感想を言えるほど、ちゃんと見ていなかったんだが…あまり面白さを感じられなかったわ…。
原作、面白そうだな…。

スポンサーリンク