「公爵令嬢の嗜み」 感想・ネタバレ(ラノベ)

公爵令嬢の嗜み 1巻_Rラノベ

面白かったああああ!!漫画版を読んで、原作に興味が出たから…つい出ている小説全部買ったんだけど←

買って良かったか!!これは面白い!!漫画の1巻は本当に物語の始めの方なんだね!語彙力足りなくて、ごめんだけど…wすごい!!

経済とかがよくわからなくてもアイリスちゃんがすごいのわかる!漫画の方の感想にも書いたけど、「魔法科高校の劣等生」の達也さまの女の子版、という気もする….。

アイリスちゃんは武力があるわけでもないけど知識と仕事の早さがすごい。そこらへんが
すっごく達也さま感出てる!!

 

↓↓漫画のブログでもまた別に書いてみました!↓↓

公爵令嬢の嗜み | マンガもラノベも活字も!! りんりんの感想ブログ

公爵令嬢の嗜み 澪亜 ネタバレと感想

→公爵令嬢の嗜み1巻を読んでみる!←

→『公爵令嬢の嗜み』と検索っ

適当なあらすじと紹介

漫画の方の感想にも書いたけど、一応簡単なあらすじをば。主人公はアイリスちゃん。公爵令嬢。正直貴族の階級について全く詳しくない!w

この小説・漫画を読んでの感想よ。実際の階級に基づいてのこの小説での階級だと思うけど…独自なものがあったらあたしにはわからないし(^_^;)

1番上は、王家。タスメリア王国、だしね。2番は公爵っぽい。アイリスちゃんも「王家に次ぐ」って言ってるし。3番は…侯爵??4番は伯爵?

3と4は順不同か同立な気もする。マジわからん。そして調べてもいない。ハマってこの感想書かなくなりそうでwwwそして最後が男爵。

男爵って一番下っぽいよ。黒いヒゲ生やしてるおじさんか、男爵いもしか出てこないわ、私。それくらい知識無し!w

舞台は「君は僕のプリンセス」という乙女ゲームの中の世界。主人公は「前世」でそのゲームをプレイしていたが30歳前後で事故死。

乙女ゲームの世界に転生?したというところからスタート。漫画版と違って、現世での主人公がほぼ描かれない。アイリスちゃんが、「私」乙女ゲームをプレイしていた前世が、「ワタシ」という一人称の違いがある。

転生先は、乙女ゲームの主人公ではなく、(恐らく「君は僕のプリンセス」のメインヒーロー)エドワード第二王子をターゲットにした際に出てくる「ライバルキャラ」アイリス・ラーナ・アルメリアとしての転生。

しかもそのエンディング。男たちに押さえつけられて、学園の生徒達に見守られながらの「断罪」の場からの転生スタート。

キツイイイイ!!!!!wwww

紹介って言ってるし紹介しようwアイリスちゃんは、乙女ゲームでの「ライバルキャラ」エドワードとくっつこうとすると、嫌味とか色々悪口言うキャラだったみたい。しかも面と向かって堂々と言うらしい。なんと勇ましい、堂々としたキャラwwww現実にもそんなわかりやすい人いないwww

攻略対象キャラは、多分メインヒーローのエドワード・トーン・タスメリアオレ様らしい。そして第二王子。

きっと出会った頃と、親密度MAX状態のギャップがなかなかおいしいキャラなんだろう。騎士団長子息のドルッセン・カタベリア体育会系らしい。キャラ紹介の絵を見た感じ….寡黙系のキャラなんかなぁ?もしそうならあたしこの人好きだな!!元気系では無さそう。

そしてアイリスちゃんの弟、ベルン・ターシ・アルメリア宰相子息。アイリスちゃんは宰相子女になるね。クール系らしい。始めは冷たくあしらうんだけど、好感度MAXになると甘々になる感じですかね?ツンデレかな???w

そしてダリル教教皇の子息、ヴァン・ルターシャ。不思議ちゃんらしい。こいつだけ絵が無いんだよねー。どんななのかわからん。しかし不思議ちゃんというくらいだし、どこか抜けたところありそう。 ふっとした時に「男の子なんだ…」と意識させる魅力とか持ってそう。

そして、乙女ゲームの主人公ユーリ・ノイヤー。男爵家令嬢。貴族階級だとたぶん一番下だけど、この話の中では逆ハーレムを築いている。どうやら主人公も逆ハーエンドがあったかはわかんないらしい。

各キャラについてはまたあとで(゜∀゜)次回かな??w今回は弟のベルンくらいしかちゃんと出てきてないしwユーリとかにも色々あるが….今度!w

何がすごいって知識!

アイリスちゃんの何がすごいって….知識!!!マジすげえええええええ前世からの記憶を引き継いでいるってのもまた有利に働いてるけど….

それにしたって!カカオ豆からチョコレートの作り方なんて!!!知らないよ!!!!wwwwwアイリスちゃんすごすぎ!!他にも、現世での主人公は税務事務所にいたとかで簿記とか会計とか数字への知識も万全。

チートが過ぎる!!!wこの話の中で略式簿記のこと「すごい!」って言われてたけど…そうなんだ。

つーか「共通認識」って大事なんだなってしみじみ感じるお話だった。この話読んで、簿記やりたい!と言う人がいるかも….しれない!?と思うくらいには簿記がけっこう関わってる。

簿記知らない人に簡単に言うと、「何に、いくら、どうやって支払ったか」がすぐわかるって感じ?

お菓子 チョコレート|現金 300円

ってな風に書いたり…。これもまぁ色々違うけどw上のだと、現金300円支払って、チョコレートを手に入れた。となる。(はず)こんな感じ。

これを読んで思うけど、今の日本の仕組みってよくできてるんだね。銀行がどうとか、商会とか、学校とか色々出てくるけど….。

「あ、これ私普段気にしたことないけど、大切なものなのね…」

って感じるもの!!!学校・銀行・お金・運送・就業….生活する上では欠かすことのできないもの、普段利用していてあまり気にしたことのないもの。全てアルメリア領ではまだ発達していない部分だからね。

現世での知識があるのがまたいいよねーー!税務事務所いたとかすごーい!漫画版の感想にも書いたけどあたしがアイリスちゃんに転生してもここまでなれないwwwwwww

わかんないwwww

アイリスちゃんの恋愛事情

漫画版でもエドワードについて色々書いたけど、原作であるこちらの方がより情報量がある。1巻を読み終えての感想だよ!

エドワード使えねぇ…..(´・ω・`)こいつについて行きたくないわ……。てかこんな奴がメインヒーローだったの….?漫画版でも書いたけど人気あったのかしら….疑問だわ。

アイリスちゃんはエドワードのこと好きだったんだよねぇ。でもユーリが現れてエドワードを取られた形になってしまって。アイリスちゃんが悪者になってしまう…。本当許せない。そこは友達になるエンドでしょ!!!

ユーリもなぁー、いい奴かと思ったらけっこう馬鹿そうなんだもの。もっと考えろよ!!!w言葉の最後に「ですー」みたいな伸ばし棒入る時点でもう好きになれんわ。馬鹿丸出しじゃん…。

そんな奴が主人公なのかよ!!!やめてくれよ!!

結局エドワードと婚約してたけど…それでも王国に迷惑かけてるしね。

けっ( ゚д゚)

アイリスちゃん自身は、エドワードとの婚約破棄から恋愛に臆病….というか人を手放しで信じることができなくなっている気配がある。ディーンの登場で….それも変わってきているけど(゜∀゜)

ディーンってさ!!!!

これネタバレ?になるかもだけど…..ディーンって第一王子のアルフレッドじゃね???????ディーンのキャラ紹介にも書いてある絵と、アルフレッド登場の時の絵見比べたけど…..

これ同じ奴じゃね!?!?

双葉はづきさんの描く人物がちょっとみんな似てる、ってのは無しね!!!きれいだからいいの!!!!!いやこれマジ、ディーン=アルフレッドじゃね!?

もう先を知っている人はニヤニヤしてるんだろうけどwwwwww気になるwwwwどっちなんだ!!!!

でもなぁ….アイリスのお祖父さんであるガゼルさんからの修行も受けてて、腕も立つし。アイリスのお母さんであるメルリスさんとも顔見知りだし。そしてターニャも怪しむほどの人物。

ディーンは仕事のできっぷりが半端ないよね!!!『不明瞭な予算申請について』とか!!!過去の記録からよくまぁみつけるもんだよ!!!

PCあってもできるかどうかじゃね!?すげえええええええ!!!そしてその凄さをすぐに理解できるセバスさんとアイリスちゃんすごい。

ディーンは、アイリスちゃんの話をすぐに理解してその先を予想したり展望についてもアイリスちゃんと同じこと考えてるから…..ふえええええ!凄すぎ!!!

え、王子様じゃね?しかもアイリスちゃん、ディーンのこと….好きになってるよね!?(゜∀゜)

いいねいいね〜〜〜!!

アイリスちゃんは自分と対等に話せる人がやっぱり好きなんだね。エド様は….見た目と地位で好きになったのかもね!!うん!いるいる!「こんな人好きだったの…?」って時あるある!!www

王太后さまワロタwww

出番としてはこの1巻の後ろの方だけだったけど….王太后さまwwww自分の欲望出すぎて笑ったwwwwww

そんなにメルリス好きなんだwwwww初めて見た時から「是非とも自分の娘にしたい」なんてwwwwwすごい欲望だwwww

しかしメルリスはそんなに今の旦那さん、ルイの事が好きだったんだ。しかも幼い頃から!!いいねえええええ!!!

それでは諦めずwwwww娘が生まれるの待ってたとかwwwwwwwww孫の婚約者に!!ってwwwww強欲wwww

名前も自分とメルリスの名前から取ってるしwwwwwどれだけ好きなんだよwwwwwwwアイリスもメルリスと似てかわいく美しく育ったし….嬉しかったんだね…w

エドワードとの婚約が決まった時も自分の思惑とは違うとはいえ「最終的に自分の孫になるのだから良いか….」ってwwwwwwwww
納得の仕方wwwwwwww

なんと勝手な納得wwwwwここ笑ったわwwwww

アルフレッドとの婚約をなんとか成功させようとしているwwww面白いwwwwアイリスちゃんのあずかり知らぬところでこんな作戦が動いているとはwwwww

ディーン=アルフレッドならアイリスちゃん万々歳じゃね!?(゜∀゜)

現世の記憶からの新商品

アイリスちゃんは前世の記憶持ち。

カカオ豆からチョコレートを作り、そこからチョコレート菓子などなど。銀行や簿記、学校、戸籍、所得税なんかも諸々前世からの知識とアイリスちゃんの素養があってこそ。

そしてリンスなどのメイク系商品。これはまたすごい!!リンスを作ろうとしたのがすごい!!!石けんだけだとねぇー…軋むんですよ、髪って。男の人はわかんないかもだけど、髪って短くても長くても

絡まるんだよね。でもリンス使うとこれがなかなかに絡まなくなる!!いいんすわ!!(゜∀゜)リンスも生み出して販売するし、ハーブティーなんかもこの世界で生み出すしね!!

商才もさることながら、仕事ぶりがまたすごいわw

周囲に愛されるアイリスちゃん

普通に考えたら、乙女ゲームのライバルってすごい性格悪くてみんなからも嫌われてる印象だけど….アイリスちゃんは違う!!

もーーーー家臣?召使い?達にもすんごい愛されてる….!!高価なプレゼントではなくスラム街から子供を拾ってきて育てて、自分の側において….。

この作品ではたまにその家臣の視点もあるけど皆アイリスを心配していてすごくほんわかする。

確かにアイリスがユーリにしたことは良くないこと。面と向かって悪口って言えることがすごいと思うけど….まぁ良くない。でも理由に納得できるもの。

自分の好きだった人を奪い取った女に対してむしろ悪口だけで済んで良かったよ!!!!!そのアイリスに対して、ターニャだけでなくみーーーーんな「助けられなくてすまない」とか「おかわいそうに…」という気持ちなのが!

また良い!!!

お祖父さんであるガゼルさんは怒る?かとも思ったけど全くそんなことないし。ガゼルさんは「助けられなくてすまない」派。

アイリスのお母さん、メルリスは「息子に失望した」って弟のベルンにも、エドワードにも、ユーリにも怒ってる。

なんかそーいうの見てて嬉しい゚+。*(*´∀`*)*。+゚

家臣?召使いのみんなも、アイリス寄りなのがまた面白いwwwwwwベルン総スカンwwwwwwwwww居ないものとみんなに思われてるのがマジワロタwwwwwwww

すごく冷たい笑うwwwwwwしかしまぁ…..大きな権力を持つものはその分責任を負うから豪華な暮らしをするもの。責任も負わずにただ遊び暮らしているようなベルンには今のところ誰もついていかない…ということなのかな。

ひっそりベルンも成長してるのがまた見どころ!!(゜∀゜)

まとめ?

ずらっと思うままに感想書いてみたけど….どうだろう?www本当はもっと色々起こってるんだけどね!!!商会の人たちとの話とかも読み応えある!!何がいいって、どうなっているのか場面を想像しやすいんだよねーー。

文字しかないから、想像するの超大切なんだけどw「春日坂高校漫画研究部」もラノベ版読んだんだよ。まだ感想書いてないけど。あれにも書くけど….

あれはちょっと、誰がどんな表情で言ってるのか、とかよくわかんないんだよね。雰囲気とかわかんない。これは挿絵も多めなせいか、キャラ紹介のページもあるせいかわかりやすい。

キャラの名前もすっと入ってくる。KADOKAWA新文芸フェア、とかで書き下ろしショートストーリーもあるー!!こーいうの好きー!内容的には2巻読んでからかな??いやーー良かったw早く続き読もうw

漫画やラノベを読むならオススメはコレ!

漫画やラノベを読むなら、BookLive!(ブックライブ)で読むのがオススメです!(゚∀゚)

よくある電子書籍サイトって、漫画だけなら読める…とかでラノベとか写真集とか「漫画じゃないもの」には対応してなかったりするんだよね。

マイナーな漫画だと一般的な電子書籍サイトだと扱ってないし、ライトノベルに至ってはそもそも無かったりする。。。

でもBookLive!(ブックライブ)は全部読める!ラノベも漫画も読むって人はBookLive!(ブックライブ)で買った方が絶対に得です!

新規会員登録者限定で半額クーポンも必ずもらえるので、最初の1冊は半額で買えるし、しょっちゅうキャンペーンとか色々やってるので基本安く買える。

アプリでも読めるんだけど、アプリをダウンロードしてログインできただけで100ptもらえたりするので嬉しい。セールもわりと頻繁にあるし半額クーポンも月に1度はもらえるので使い続けるデメリットが無い。

スマホからでもタブレットからでも何でも大丈夫だし、Tポイントも溜められるし、登録に月額料金がかからず商品代金だけってのも嬉しい☆

→公爵令嬢の嗜み1巻を読んでみる!←

→『公爵令嬢の嗜み』と検索っ

コメント