永田カビさんの「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」 感想とかネタバレ

漫画の絵

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ 読みましたわ…

一人交換日記についての

この感想

で、コメントくださった

あゆむさんと言う方が…

この、「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」読んで

そこまでイライラしなかった的なこと書いてて、

そっか!!(*‘∀‘)

と思って買って読みましたわ。

他の永田カビさんの記事でもあるけど、

これは私個人の感想であって、

別に読んだ人に押し付ける訳でもないし、

もちろん私が正義とも思ってないわ。

そこ大事だよ!!

頼むぜ!!!

ボロクソに言うと思うんですみません

ホントごめん。

あゆむさんの嘘つき~~~~~!!!!!!!

めっちゃイライラした!!!wwww

読んでてため息ついた漫画って初めてかもしれないwwww

なんだこいつ!!!

腹立つわ~~~~~!!!!!

いや、あゆむさんの嘘つきと言ったけど

人それぞれだし?

いいんだよホント。

あゆむさんがこれ読んでいるかも

定かではないけど、

あゆむさん悪くないから!!

個人差だから!!

あああああああ~~~

読み返す気も起きないくらいに

私はこの本が嫌い!!!

これ絶対売る!!!w

家に置いておきたくない!!

読み返したくない一冊の誕生や!!

要所で要所でため息ついたんだけど…

イライラしたところを順に…

ここに書いて、

吐き出して私はすっきりしよう。

それで私は大きくなれる気がする←

この漫画始まってすぐの、

大学中退したくらいで

「はぁ?」

ってなった。

こいつは…

たぶん親の金で大学に行ってたのに…

何してんだよ!!!

高校生活までは幸せだったんだね。

まぁ一人交換日記では

クラスで目立たないようにしてたって言うけど

友達もいたみたいだし。

特にいじめもないようだし?

大学中退して、友達とも会わず、

バイト始めたわいいけど、

遅刻早退欠勤繰り返すと…。

う~~~んツッコミどころしかないよ~~~。

そもそもなんで大学辞めたの!?

いやー大学行っといてなんなん??

あたしの彼氏も大学中退してるし、

8日しか出席しないで辞めて、

その後バイトとかしてた…

ってあれ?

もしかして似てる?

ちょっと似てる??

彼氏も一人っ子なんだよね…。

永田カビさんと私の彼氏の共通してるのは

・親が貧乏でない

・一人っ子

・人と話すのが得意でない

ということかなぁ…。

共通点少ない…けど…

もしかして

恵まれた環境にいる一人っ子

ほど孤独な感じになって、

大学とか辞めて「どうしよう!?」ってなるの???

うん…。

もちろん彼氏にも

「親の金で大学行かせてもらっておいて何辞めてんだよ!w

感謝しなさい!!!」

って言ったよwww

思うことは大体ちゃんと伝えるからwww

関係ないけど、このことで

別に喧嘩もしてないよ!!w

で、ですよ。

この大学辞める理由も意味わかんないし、

自分で辞めておいて

「どこにも所属していない自分」に不安を感じるのも

訳わからん!!!

何がしたいねん!!

いや自分が何がしたいかわからずに生きてるって

後々出てくるけども!!!

それでバイト始めるのはいいけどさぁ…

そりゃ休んだりしたら怒られるよ…。

しかも遅刻早退欠勤の常連なんでしょ??

過食症になって仕事はサボるし…。

擁護できないよ…。

永田さんは…

一人交換日記の時から思うけど、

「嫌われないようにしなきゃ」

と思うあまりに、結果的に嫌われてるよね。

これもさぁ、友達に相談したらよかったじゃん。

嫌われたくないって、

相談して嫌われたらその程度の友達だったんだよ。

その程度の関係しかその人と作り上げられなかったんだよ。

そこにも気づいてないで、

ひたすら誰かに受け入れてもらおうとしてる。

永田さんのお母さん

実家住みで、

何のためにお金を稼いでいるかわからない。

自分の欲しいものがわからない…。

いやそういう人もいるだろうけどさ…

もっと自分と向き合えよ…。

永田さんって逃げ続けてるだけじゃんって

思ってしまう。

自分の感情・欲求・評価

色んなものから逃げてる。

そしてそれを自分の家族、

たぶん…主にお母さんに任せてる。

そのくせお母さんは嫌い。

とか言ってる。

働いたり、生きているうえで

「辛いんだよ。休もう」

と体が訴えても、

それを言葉で言ってくれる人が居なかったことも、

それをお母さんがやってくれなかったことも…

まぁかわいそうというか

運が無いとは思う。

いやしかし…

お母さんだって

一人の独立した人間なんだよ??

もう20越えてるやつの面倒を

ずっと見たいものなの???

そんなことは無いと思うけどなぁ…。

母親を性的な目で見てしまう、

というのはあたしも聞いたことがあるし

まぁ…そーいうものなんだろうね。

男性はそうだって言うよね。

自分を生み出してくれた存在。

言うなれば創造主。

その母親と一つになりたいとは思うものなんだろう。

永田さんもそう思うってことは…

少し男性的なのかな??

でもお母さんにべったりって気持ち悪い。

なんなの??

クラスのみんなの目も~とか

一人交換日記の時に言ってたけど

母親恋しくて学校で泣いてたんでしょ??

充分目立つよ…。

おかしいもん…。

泣いてもいいんだけどさぁ…。

もっと早く自覚して欲しい。

中学生ならいいけど…。

性的なことといい、

一人暮らしのことといい、

永田さんってすごく世間知らず。

1日テレビ見たりドラマ見るだけで

永田さんの世界はだいぶ広がると思う。

母親がどうとかいう番組見たりするだけでも

いいんじゃないの??

レズ風俗中とか

この人が紆余曲折あって行った、

レズ風俗中もさぁ…。

もっとやりようあったし…

今まで逃げてたことと、

ここで初めて向かい合ったって気がする。

永田さんって

「~~は○○であるべき!!!」

みたいな固定観念がすごい強いと思う。

なんとなくだけど。

エロイことするなら

エロ同人みたいにならなきゃ!

ならないとおかしい!!

みたいなものが少なからずあったんじゃないかなぁ~~~。

そんなこといいから

集中すればよかったのに。

風俗行っておいて、

人としてどうこうとか本気でどうでもいい。

おねえさん尽くしてくれてるのに。

一人交換日記の女神降臨くらいも

読んでるからわかるけど…

永田さんって、

この「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」でも

「一人交換日記」でも、

誰でもいいから抱きしめて欲しい

私を受け入れて欲しい

って言うけど、

女神といいこのお姉さんといい

巻末の風俗再体験といい…

実際に受け入れられても、

本人が全然ついていけてないじゃん。

言いたい事も言えない、して欲しいことも言えない、

受け入れてもらってるのに、

それがストレスでしかない。

実体験が少なすぎて、

その「目標としている体験」に

妄想が入ってるというか…

希望が入ってるというか…

「こうなったらきっとすごく良い!!」

みたいな…

理想が大きく入ってるような気もする。

何なら、

言いたいこと言いまくって失敗すればいいのに。

「こう言ったら嫌われるかも」

とか思うのって、

「まだ自分はそこまで嫌われてない」

って思うからだと思うんだよね。

今は「嫌われる勇気」

とかそんな本たくさん出てるけど

正にそれだと思う。

永田さんはそれが皆無だから、

風俗行っても緊張して

疲れたって思うと思う。

バイトもさぁ

永田さんなりに「嫌われないよう」にしてたと

思うけど

結局嫌われてるじゃん。

友達とのサークル活動も

友達に嫌われてるじゃん。

あれは絶対嫌われるwww

嫌わない人すごいわwwww

自分の感情とかやりたいこと

隠した上でもう嫌われてるんだから

もう吹っ切ればいいのにって思っちゃう。

何を言いたいかよくわからなくなってきたので思うまま書く!

疲れたwww

これで感想になっているのであろうか!!w

とりあえず、

言いたいことをここで言っておかないと

私スッキリしないから書いてく!!!

苦情は適当にコメントにでもしてくれ!!

個人の感想やで!!!

バイトに「何があっても私を認めてくれる場所」を

求めてしまう意味がわからん。

てか「何があっても私を認めて」って何?

そーいうのは人間関係の積み重ねで

手に入れるものなのに、

本当どうしてこう手軽に得ようとするのか。

何不自由なく育ってきたからか??

永田さんの家が貧乏だったら

絶対もっと価値観違ったと思うね。

「学校じゃないから~」

はよくお店の人言ってくれたよ。

陥りがちなことだしね。

物を食べる資格がないってなんだよ。

勝手に自分で資格を付与してんじゃねーよ。

「食べる資格」は持ってないのに

「資格を付与できる資格」

は持ってるのかよ!!!

「資格を付与できる資格」

の方が強そうに見えるけど??

傷ついたら何か免除されるって・・・・

されねーーよ!!

心の傷は目に見えないから気づきにくい…

って体を傷つけたい時点で

もう心傷ついてるから!!!!!!!

手早くすっきりしないで!!!

メンヘラあかん!!

自分大事にしなさいバカ!!!(´・ω・`)

過食は…

体が生きようとしているからでしょ。

生きるために食べてるわけだし。

他人から頑張りを認められないとって…

頑張りは人それぞれ、とか

価値観は人それぞれって知らないのも

かわいそうだし。

こんな時こそ友達に相談しろよ。

相談しないで、

一人で閉じこもって欝々と考えてると

こんな風になるんだなって思う。

自分で自分にがっかりってのも、

自分を「理想の自分」という

フィルターに通して見たら

だめなとこがわかるからでしょ。

永田さんの場合、

理想の自分がどんなものかもよくわかってないのに

「自分ってホントダメ」

とか思ってるじゃん…。

もう訳わからん。

子供からのバイトの給料もらえないって

良いお母さんじゃん。

何のために働く…って金のためやで。

そしてこの状態で一人暮らししなくて

よかったと個人的に思うよ。

世間知らずの、

身なりを整えることの意味も

よく理解してない人が一人暮らしって

怖いじゃん。

整骨院の面接の人たちは

たぶんそこまで良いことしたと思ってない。

よく永田さんみたいに

「とりあえず応募した」って人が来るんだろうね。

人に話して泣き出すくらいなら

もっと早く話しとけや。

この人は自分から「自分のことを話す」ってのを

必要に迫られないとしないよね。

人と会話することが嫌そう。

レズ風俗に向けて頑張るあたりとか

途中はホント

「頑張れ…立ち直るんだ・・・!」

とか前向きな気持ちになれる。

個人的に一番ムカついたのは

レズ風俗行った後で、

創作エロと現実のギャップに驚いてるシーン。

ページで言うと…118ページ。(ページの解説とか教科書かよw)

くり返しになるがこの問題の悪いポイントは創作物じゃなく

正しい知識の与えられなさだ

ってとこ。

ココ腹立つ~~~~~!!!!

なんで!!!!

「与えられる」前提なの!?

何様!?!?!?

っつか!!!!

そーいったエロの知識は!!!

実体験、ないしは映像、などなどで培っていくんだよ!!!

ってーーっかそもそも

自分から拾っていくものなんだよ!!!!!

お前が勝手に敬遠していたくせに

なーーーにが「与えられなかった」だよ!!!

お前与えても捨ててるじゃん!!

人任せにしてんじゃねーよ!

何でも人が教えてくれると思いやがって!!!

良いとこの生まれか知らないけど、

知識もなんでも自分が取りに行かないと

手に入らないの!!!!

性的な知識も!!

自分で手に入れようと何かしらしないとダメなの!!!

何もしないで手に入らないの!!!!

女性の実態知ったときショックかも…とか

女からしたら知らんわ!!!

男が「やおい穴とか知らねーよ!」って

思うのと同じくらい知らないよ!!!!

違う人間なんだから

「あ、違うんだ」

って思ってもええやんけ!!!

きいいいいいい!!!

ってなったw

私、これ手放すw

うん、この本手放すw

持ってると悲しくなるっていうか

良い気持ちにはならない。

この感想も、

「あんた何様だよ」

ってなこと書いてあると思うけど、

もーいいっしょwww

そう思ったんだよ。すまん。

チラ裏だと思ってくれwww

人を批判…するなら

その人の出してる本読もう、

という意味でもこれ買ったけど…

すまん。

永田カビさん好きじゃない。

むしろ嫌い。

もっと自分と向き合ってから前に進んでくれ。

紙に思ってることを書きまくることだけでも

すっきりするからやって欲しい。

他者に過度な期待は良くないし、

「自分」も「資格を付与できる資格」は無い。

もっと許す、とかやって欲しい。

現状どうなのかわかんないけど、

いつか新興宗教にハマりそうで怖い。

洋画観たり、バラエティ見たり、

色んな人と触れ合って「自分」を確立して欲しいわ。

終わり!!!!!

一人交換日記の感想1

一人交換日記の感想2!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 積木 より:

    私は永田さんと同年代の女性で、現在の状況や生育環境が彼女にかなり似ています。
    『さびしすぎて~』は自分のことのように読みましたが、その後の『一人交換日記』に違和感を感じてネットを検索し、こちらの記事に辿り着きました。
    鈴林さんの語り口、ストレートで健全で、とても好ましく拝読しました。私のような者には耳の痛いことばかりでしたが、それでも根本のところに優しさや温かみがあり、ちょっとうるっとしてしまいました。
    アラサーにして自己改革の真っ只中で、ちょうどまた落ち込みの波が来ていたところでしたが、鈴林さんに元気をもらいました。ありがとうございます。

    • 鈴 林 より:

      積木さん、はじめまして。コメントありがとうございます!
      永田さんと同年代だと、たぶん私とも年齢が近い・・・と思います。
      あわわ(´・ω・`)なんだかすみません(´・ω・`)
      自分の思ったこと書いただけなんですけど、恐縮です。お礼を言うのも変かもしれないんですがありがとうございます。
      自己改革に年齢は関係ありませんよ!!(゚∀゚)いつやっても、それは本人にとって改革なので!
      一人交換日記でも思ったんですけど、「元気出して!」とか「気にしないで!」とか「自分受け入れて!」なんかを
      言いたくなるんですよ。
      私のこの変な感想で元気が出たようで良かったです。なんだかすみません。
      自己改革応援してます!!!

  2. ミヨシ より:

    初めまして。感想の記事、三つとも拝読しました。
    わたしも永田カビさんと同じように、また同じような鬱屈や挫折を経験したので、二冊とも共感しながら読みました。しかし共感しきれない、何か違う、と感じていた部分もあり、それが鈴林さんの言葉でそれが表されたように思います。永田さんには共感しつつ、鈴林さんの記事も自分自身の内省としても読ませていただきました。日常のキツイことに、キツイことには変わりないとしても積極的になることを恐れていたこともあって、そこを射抜いた言葉、大変参考になりました。ありがとうございます。

    • 鈴 林 より:

      ミヨシさん、コメントと感想を3つも読んでいただいたようでありがとうございます。
      好き勝手言っただけなのに、そう言っていただけるとありがたいです。
      ありがとうございます!
      私自身も別に大成功!したわけではないんですけどねw
      なんといったらいいかわかりませんが、嬉しい言葉をありがとうございます!
      お礼しか言ってない!!w

  3. こにー より:

    はじめてコメント差し上げます。
    一人交換日記を読んでものすごくモヤモヤして感想巡りしていたらこちらの記事にたどり着き、そうだ、原因これか!ということがまさに書いてあったので思わずコメントしてしまいました。

    人に頼りっぱなしなくせに自分では何もしない、そのうえ親なり女神さんなりに自分が受けた恩を容赦なくダシにしてお金儲けまでしている永田カビさんの甘えにイライラしてしまい、なんならレズ風俗レポもあわせて世間一般でこれが素晴らしい作品として評価されていることに戦慄も覚えます…。良いのかそれで、と。
    しかし、レズレポ感想も含め、鈴林さまの軽快で的を射たご意見にかなり気持ちがスッキリしました。
    ありがとうございました。

    なんだか散漫な文面でお目汚しいたしました。

    • 鈴 林 より:

      こにーさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
      ダシにしてお金儲けwww確かにそうですねww笑いましたwww
      なかなか強かですよねw
      「優しくしてもらうのが当然」という考えが定着しているから・・・なのかな?とも思います。
      以前コメントくださった方でも「心の病気だ」とわかる方もいるので、
      本人や、同じような経験の方には心にぐっとくるものがあるんだと思います。(私はきてませんが)
      スッキリしたようでよかったですwこちらこそありがとうございます!!!

  4. 名無し より:

    私も全文同意の気持ちです。
    今、永田カビを指示する声が大きく、こういう記事を書く事は凄く勇気のある事だと思います。
    小心者なので吐き出すか出さないか迷っている時にここにたどり着きました。
    私は永田さんが創作漫画で雑誌に載った時から永田さんが好きで買ったのですが内容にイライラしてしまって、終いには絵も永田さんも嫌いになってしまいました。
    せっかくそれなりの値段で買った本だし…と思って手放すか手放さないかまよっていた永田カビの本2冊、手放す決心がつきました。永田カビの漫画が載っている雑誌ももう処分します。
    この記事を書いて下さり本当にありがとうございます。乱文失礼しました。

    • 鈴 林 より:

      コメントありがとうございます!
      全文!!!Σ(゚Д゚)びっくり!w
      あ~やっぱりそーいう声大きいんですねぇ~・・・(´・ω・`)
      まだ一人交換日記の本が出る前に、他の人の感想読んだら・・・すごい優しいこと書いてあって・・・w
      「やばい、私の真逆!w超ひどい人みたいに!」と思ったんですけど、まぁ感じたものはしょうがないし
      色んな人がいるってことでいいかな、で済ましました←

      創作漫画の頃から!!初期から応援されてたんですね。しかし絵も本人も・・・w
      感想を書いたことでお礼を言われるとは思っていませんでした。こちらこそありがとうございます。
      そう!それなりの値段するんですよ!!wレズ風俗レポも1000円くらいしました!!w
      でも売る!!w世の中色んな人がいるんだな、と痛感しますね・・・。
      乱文なんてとんでもないです。ありがとうございました。

  5. したけた より:

    初めまして。永田カビさん関連書籍の感想読ませて頂きました。
    取り敢えず、自身のモヤモヤが晴れてスッキリしました笑

    レズ風俗の本ではまあ、色々人生経験重ねるきっかけなく生きてきちゃぅてこびらせてるんだなあと
    可哀想だなー頑張れ!という感想ありつつも引っかかるポイントはあちこちに散見される感じではあり、
    続けて次作も読んでみたんですがこれはもう終始イライラで…
    何一つ擁護できるポイントがなく、レズ風俗本で描かれていたあれこれも全てカビ氏自身の「甘え」と「逃げ」が招いたものでしかない事が裏付けられただけでした笑

    実際にうつになった友人もいますが、
    元々責任感が強く(要領は悪い)、何でもかんでも背負って激務をこなした結果心身を壊してダウン→仕事を果たせなかった罪悪感から更に落ち込み…という流れだったので、
    ただ単に全てから逃げているだけのカビ氏とは違うと思うんですよね。

    ツイッターなどでは共感の意見が多かったので、このイライラは自分だけ?とモヤモヤしていたのですが少しスッキリできました笑
    中身のない長文大変失礼致しました。
    ありがとうございました。

    • 鈴 林 より:

      したけたさん、初めまして。コメントありがとうございます!

      今更ですが、この感想でスッキリしてくれる方が想像以上に多くてびっくりですw
      したけたさんとは気が合いそうですねwお読みいただいた通り、私も似たような思いを抱きました。
      「失敗」とか「負ける」とか「挫折」とかが怖いのかな、と思います。
      永田さんのツイッター見てない!!共感・・・する人がいるのも、もちろんわかるんですけどねー・・・。
      どこか納得できないんですよね。
      こちらこそありがとうございます。コメントありがとうございました。

  6. ななし より:

    はじめまして。私は読んでないのですが、広告にイライラして、皆こんなのがいいのか?と思い検索したらここにたどり着いて安心しました(笑)
    私を認めてくれない…自分の気持ちがわかるようになりたい……とか広告にあるのがイライライライラして仕方ない!結果漫画家として成功してらっしゃるみたいなのでなんとも言えませんが…。
    もう、このイライラをどこにぶつけたらいいのかと、私自身もスッキリするためだけにコメントさせて頂きました。貴重なスペースお借りしてすみません。
    広告だけでイライラさせられているのに読んだ方もイライラするならそういう事ですよね。安心をありがとうございました。

    あくまで好みの問題ですが、広告にすらストレスを感じる…やめてほしい(^^;)

    • 鈴 林 より:

      ななしさん、コメントありがとうございます!
      広告でイライラwww笑いましたwww
      そうなんですよ…私も
      「どうしようたぶん面白いと思わないだろうな」
      って思いましたし、
      「これだけ永田カビさんのこと色んな人と話していて…読まないのも…」
      と思って買って読みましたが、

      ご覧の有様ですよ!!!!w

      広告にストレス感じてしまうのは相当ですねw広告があるということは、やはり人を呼べる程のもの、ということ…。
      違うものをたくさん表示させて、なんとか表示させないようにするしか!ないのでは…!w

  7. 匿名 より:

    世間知らずなのは置いといて
    もっと鬱について読者も考えて読むべきだと思います

    • 鈴 林 より:

      匿名の方、コメントありがとうございます。
      鬱について考えて…(´・ω・`)
      ですか。

      よく知らないんですよね。
      そして永田さんのために調べようとも思えなくて。
      知らないことは良くないかもしれないですが、
      そもそも鬱なのか?
      ということもあると思います。

  8. 匿名 より:

    通りすがりでコメント失礼します。
    昨日このマンガを読んでからモヤモヤを抱えてしまったので、先にお礼言わせてください。

    めっっっっちゃスッキリしました!!!!!
    言いたい事全部言ってくださってありがとうございます!!!全くの同意見です。
    本当にうつなどの病気で悩んでる方に謝ってほしいとさえ思います。病気に属そうとしないでほしいです、世間にこういう病気かと間違えた認識をしてほしくないので。

    「何があっても認めてくれる」は過去の人間関係、信頼あってこそなんですよね。よく知りもしない人や信頼できない人間を認めるなんて普通の人間はできません。

    永田さんが被害者ヅラを自覚しない限りこの負のループから抜け出せないし、現在進行形の恐ろしいものを見てしまった感想しか持てませんでした。
    後に更なる不幸が訪れる前に、誰かが彼女に本当のことを教えてあげるべきなのでしょうが、もしくは教えてあげたとしてもまた拒絶を繰り返すのかわかりませんけど、永田さんに真っ暗な未来しか見えなくて怖くなりました。本当の不幸に巡り会うのは、ご両親が亡くなる頃ですかね。

    鬱憤をコメント欄で晴らしてしまってすみませんでした。とにかく同じ感想の方がいて安心しました。ありがとうございます。

    • 鈴 林 より:

      匿名の方、コメントありがとうございます。
      スッキリしたようでよかったですw
      他の方も「鬱」って言ってますが・・・実際どうなんでしょう?

      ここまで正直に自分の気持ちを漫画にできるのは
      すごいことだとは思うんですけどね・・・。しかし・・・というw
      今は吹っ切れたのか楽しそう?な生活してるっぽいのが
      また救いですよねw

      同じような感想の方が居て、私もよかったですw
      コメントありがとうございました!

  9. 匿名 より:

    発達心理学を学ぶと、永田さんのこの幼さが理解できると思います。
    永田さんの幼さは、普通の親子関係で獲得出来る「無償の愛」を獲得出来なかったことに原因があるように思います。
    ここで専門的な話をしても長くなりますが、あなたの「普通なら」「一般的には」という考え方は永田さんの幼少期の発達(本誌では言及されてませんが)を無視したものですよね?
    一般的な発達をされたのであれば、あなたも相当幼稚に見えますよ。
    自分と異質なものを受け入れられないと公表し、賛同を得ようとしている姿は障碍者いじめに通じるものを感じます。

    • 鈴 林 より:

      コメントありがとうございます。
      ううう~~~んん・・・私は「個人の感想」に対して「賛同を得ようとしている」と受け取られて
      終いには「障碍者いじめ」などと言われてしまい、「どうしたのかなw」という気持ちです。

      私は発達心理学を学んでいない状態で書いたのでおっしゃる通りですね。無視しているというか参考にしていませんね(゚∀゚)
      あなたに幼稚に見えても構いませんw記事にも書きましたが、「個人の感想」なのでw
      私もあなたに「異質なもの」を受け入れられない部分を感じますよ。
      「永田さんかわいそうなのにひどい!」ではなくこういった病気からのアプローチでの私個人の批判もあるんですね。
      利口なこと言わなくても「人として最低ひどい!」とか言っていいんですよ(‘ω’)

  10. リブレ より:

    鈴林様
    批判的な意見もありますが、この漫画を読んでストレスがたまりました
    なのでこのようなスレを見てほっとしました。私は障碍者なのだから権利を主張して当然といった意見には反対です。トラウマがある私はかわいそうという自己憐憫の匂いがぷんぷんして気分が悪いです。鈴林様の意見は正論でいいと思いますが、正論を基準にしてなにが悪いのか皆目わかりませんねえ。もちろん恵まれない方に暖かい目を向けることは人間として当然ですが、障害者が逆にクレクレになってしまうとそれは違うと思うんですよ

    • 鈴 林 より:

      リブレさん、返信遅れてしまってすみません。コメントありがとうございます。

      そうなんですよ!!!!!!
      ホンットありがとうございます。少し私も救われましたw
      個人的な意見として書いているのに・・・ちょっと待ってくれよ、と思ってたんですw
      色んな人がいていいじゃないですか・・・w私やリブレさんは、不愉快だった、ということだけですよ。
      仰る通り、かわいそうな目にあったり何か障害がある方は大事にされた方がいいと思います。

      しかし「私かわいそうなんだからもっと配慮しなさいよ!!!」は違いますよね・・・。
      同じ考えの方が居てよかった。ありがとうございますw

  11. 匿名 より:

    よくここまで叩けますね。イライラしたら吐き出さないと気が済まないんですね。
    自分自身に余裕がないから、ここまで叩くんですかね。自分に余裕や自信があれば、こんなに永田さんにつっかからないと思うんですけど。

    確かに表面的に読めば永田さんという人物はアラサーなのに幼稚な人に見えるんだろうなと思います。でもこの本はそもそも幼少期何かしらの問題でこじれてしまった人が今改めて生き直すという物語だと思うんですが。

    そんなこといいから
    集中すればよかったのに。
    風俗行っておいて、
    人としてどうこうとか本気でどうでもいい。

    いやこれはそういう本だと思うんですけど。
    逆にどんな内容だったら納得したんですかね。風俗こんな感じですごく良かった!みたいな本じゃないよ。

    先のコメントにもありましたが、不寛容の一言に尽きます。自分ができることは他の人でもできる、できないのはその人の努力が足りないからと思っているのかなあと。生まれた環境、家庭など自分の力ではどうしようもできないくらいのハンデを負っている人に対して想像力が足りないように感じます。
    なんで自分のこと大事にできないんだむかつくなど愛の鞭のようなこと言ってますが、自分のことを大事にできなくて苦しんでるのは永田さんなのに勝手にむかつかれて可哀想だなと思います。愛のある批判、と受け取る人もいるようですが、本当に愛があるなら苦しんでる人に対して逃げ道がなくなるようなこと言わないでしょう。

    あなたの周りの人は、これだけ不寛容で排他的なあなたのことを仕方ないな〜こういう人なんだな〜でやり過ごして適当に人間関係を作ってるんだと思いますよ。こうしたらいいのに、なんでこうしないんだ、私はこうしてきたって永田さんに対して思っているのかもしれませんが、それらを許してもらえる環境がたまたま貴方には整っていただけです。私の身近にもいます。持論を振りかざしているお山の大将みたいな人。周りの人は内心引いているけど、場がこじれるのが面倒なので適当に話を合わせています。
    自分が恵まれてることに気づいてないんですよ。

    • 鈴 林 より:

      コメントありがとうございます。
      だから、吐き出す為に書いてるって書いてませんでしたっけ?w
      ここは私の意見を書くところなので吐き出したいから吐き出しただけですよ。

      どういう本かと思うのは人それぞれじゃないですか。私は、そう思ったんですよ。
      あなたの言っていることもわかります。私も自分で「自分にできることは他人にも~」というようなことは考えていたし、
      今もその考えは残っているでしょう。

      ホント・・・・みんなそうなんですけど、私が不寛容なら、私の意見を「一意見」として認めてくれないあなた達って何なんでしょう?www
      はいはい、ありがとうございます。

  12. アオ より:

    感想読ませていただきました。
    この本を手に取り読んだ時、ああ、こういう感情あるな。と思う部分と
    なんだかモヤモヤするなぁ。と思う部分にパッかり分かれました。

    鈴林さんが描かれた感想を見ていて、そうそう。そう思う。と頷く部分もありました。

    私からする個人的な感想なのですが、
    うつ病って本当に十人十色で中には永田カビさんのようなうつ病に悩まされている方もいらっしゃるんだなと思います。

    環境が整っていたら誰しも健康で順風満帆に過ごせる訳ではないと思っております。

    もちろん、永田さんの境遇を見て、とてもぬくぬくとした環境で育ったんだなと正直思いました。
    きっと世の中にはもっと辛い環境でも、前を向いてひたすらに頑張ってる人だっているのかもしれないです。
    なので、もっと視野を広げて努力したらいいのに。と思うのも素直な感想だと思いました。

    けれど、どんな環境であれ、ひとりひとり限界は違うと思うんです。

    転んで小さな擦り傷ができて大泣きする子もいれば、大きなたんこぶが出来ても泣かない子だったいます。
    それは環境のせいではなく、その子が我慢できるか我慢できないか。だと思うんです。

    本を読んでいて思ったのはカビさんは前者でその小さな擦り傷をよしよしして欲しかったんだと感じました。
    それを家族に求めてたんだと思います。

    私自身うつ病と診断されてから知人から
    以外に元気そうでよかった。と言われ、とても傷ついた事がありました。

    きっと、知人は心配してくれていて元気そうでよかった。と優しい気持ちで素直に思ってくれてたんです。

    でも、なんでもかんでもネガティヴに捉えてしまう時期だったので、

    全然元気じゃん、うつ病とか大げさに言ってかまってちゃんなの??心配して損した。と受け取ってしまうんです。
    今考えたら本当に自分の世界でしかものを見れなくなってしまっているんですね。

    多分永田さんはそういうのが常に付いて回っていたんだと感じました。

    鈴林さんのおっしゃっていた
    嫌われる勇気
    とても大切だと思いました。

    私は会う人会う人全てに好かれたいと強く思ってしまうので、嫌われる勇気。と言葉を見た瞬間になんだか心がすっと軽くなりました。
    そっちに勇気を持つことを考えたことなかったので。
    本当に必要だと思います。

    色々と気付かせてくれてありがとうございました。
    長々と失礼致しました。

    • 鈴 林 より:

      アオさん、コメントありがとうございます。
      そして返信遅くなってしまいすみません。

      感じ方が人それぞれなので、辛さであったり心の痛み?なんかも
      やはり人それぞれなんですね。
      症状は似てくるんでしょうけど、微細なところが枝分かれするのでしょうか。

      「元気そうでよかった」なんかはあまり言ってはよくない…と聞いたことがあります。
      やはり気にされるんですね。ですよね~…。
      目に見える症状でないからこそ、気にしてしまいますよね。
      骨折なんかだとわかりやすいけど、心の病気はどうにも見えないですし(´・ω・`)

      アオさんの永田さんの考察?(と言うんでしょうか…)わかりやすかったです。
      確かにそうかも、と思いました。

      「嫌われる勇気」は今、アドラー心理学とかですごく言われてますよね。
      たぶん突き詰めるて
      「みんなの人気者になったとして、それでどうしたいのか?」
      って考えると、特に何もないんですよね。
      逆に疲れそう、とすら思いますw

      お礼なんてとんでもないです!
      こちらこそありがとうございます!!

  13. ジェリ子 より:

    あなたの感想にすごく共感しました。
    最近はこういう「鬱ビジネス」が流行っているようで、不健全だなぁと思います。
    ただ、愛されたいという気持ちはわからないこともないし、こういう風に作品がヒットし、人に認められることで永田さんの鬱が治ればいいと思います。でも、治ると逆に仕事がなくなって食いっぱぐれちゃうのかもしれませんね。
    僕は、この本で語られるような子供臭い悩みは中高生で卒業するものだと思っていたので、この本を読んで、いい年してこんな情けないやつがいるんだなぁといい勉強になりました。

    • 鈴 林 より:

      ジェリ子さん、返信遅れてしまってすみません。
      コメントありがとうございます。

      「鬱ビジネス」・・・wそうですねw
      普通は人に言うようなことではないからこそ、外に出して需要があり、
      また「人の不幸は蜜の味」とも言いますからね・・・。

      確かに、永田さんは治った、良くなってから、がまた一つの勝負ですよね。
      皆が求める「不幸」が減ったり無くなる訳ですし。

      私も少し「自分と対話するのは普通」と思っていたので色んな人がいるんだな、と感じました。

  14. ㊙︎ より:

    こんにちは。
    この漫画をPixivで読み、さらに『一人交換日記』を読んでかなりモヤモヤしていました。
    鈴林さんの感想を三件全て読ませていただき非常にスッキリしました、ありがとうございます。

    私はまだ学生なので、その分ちょっと共感できるというか、思春期が遅れてきてるだけじゃないか…?と思ってしまいました笑
    鬱病のことはよくわからないのですが、鬱病克服の作品は多くありますし、永田さんに必要なのはtwitterや風俗よりも様々な人の体験談、考えをしっかりと読むことだと思います。むしろ創作者なのに一人交換日記で映画や漫画、本を全く読んでないと言っていたのにどん引きしました。何も外から得ようとしないでお前の中にどれほどのものがあるんだよ!だから自分を切り売りしたものしか描けないし売れないんだろ!って感じました笑

    別作品の話になってしまいすいません、こういう風に感じるのは私が世間知らずだからなのかなと思っていたので鈴林さんのような永田さんと同世代の方の感想が読めてよかったです。長々と失礼しました。

    • 鈴 林 より:

      ㊙さん…でいいのでしょうかw コメントありがとうございます。
      3件・・・!なんだかすみませんありがとうございます(´・ω・`)

      思春期が遅れてw そうですね・・・。
      むしろ思春期の間に避けていたことが向こうからやってきた・・・くらいあるかもしれないですねw

      体験談とか本当に読んだ方がいいし、漫画でも映画でも何でもいいので何か「作品」に触れて
      「創作物とはいえこんな人もいるのか」と感じて欲しいですよね。

      私も大概世間知らず・・・というかそこまで詳しくは無いですが、私は永田さんに共感できない側でしたw
      よかったなんて、とんでもないです。ありがとうございます!

  15. ちー より:

    わかりますわかります。なんでこんな甘っちょろけたこと言ってんの?って
    思いました笑
    書いてくださってありがとうございました。よくぞ!って感じです。
    そっくりな女性が何人かいて、いつまでたっても、私がいちばん!私のことはなんでも受け入れて当然!でもあなたのワガママは許さない!って笑
    あんたらOVER35やろwっていう。精神がすごく未発達なんですよ。
    だれもが何かしらしんどいんじゃ!おまえだけちゃうぞ!って思います。
    ちょっと話それましたね。
    ともかくスッキリしました。ありがとうございました~!

    • 鈴 林 より:

      ちーさん、コメントありがとうございます!
      わかっていただけて嬉しいですwありがとうございます!
      受け入れて欲しいのはわかるんですけど、どうして他の人のことは一切ダメなのかな・・・って
      なりますよねwそれを自分でも心底自覚しているならまだしも
      こーいう方は自覚はしてないから・・・余計にタチが悪いイメージw
      スッキリできたならよかったですwこちらこそありがとうございます!

  16. 匿名 より:

    一人交換日記の方でもコメントさせていただいたのですが、カビさんの「欲しいものが分からない。自分の感情が分からない」というのは、「嫌われたくないから自己を押し殺した結果」ということなんですかね…?最近は、自我のないまま成人してしまった方も多いようですが、「嫌われたくないから~」が原因なのであれば、ただ単に自我のない方々とは違いますね、でももしカビさんがただ単に自我が無かったとして、それを親と結び付けてしまっているのだとしたら、本人は相当辛いですね。…関係ないですが、自我が形成されないまま成熟してしまった話を聞くと、体中のあらゆる細胞や脳を自我形成前に戻して自我を育てる~みたいな装置が開発されないかな…と切に思います。辛いでしょうから…。自我形成期に自我が形成されないと、大人になってから反抗期が来るみたいですしね。私の知り合いにもそんな方がいますが、母親に対する言動が懐かしかったり、ちょっと反抗期が残ってる自分と被ったりします(笑)
    私も今度買ってみようかな…ただ、レジへ持っていくのに勇気が(苦笑)

    • 鈴 林 より:

      匿名の方、続けてありがとうございます!
      「嫌われたくない」ってわかる・・・。そこから抜け出すのが大変なんですよね(´・ω・`)
      何がしたいかわからない、は…人に言われたままに生きてくると…なるんですかね。
      自我が形成されないって・・・「自分」なんて居なくてもって自分で言っているような気がします。
      自分で自分を否定というのは自分で自分を殺しているようなもの・・・かと思うので余計に辛そうです。

      買いづらいのわかります!wタイトルが…!風俗レポのようで風俗レポじゃないですしね!w

  17. 匿名 より:

    こんにちは
    永田さんについて調べていた際にこのサイトをみつけ、一人交換日記も含め感想を読ませていただきました。
    正直に言わせていただくと、「永田カビ」と検索してこのサイトが上位に出てくることさえ不愉快です。
    鈴林さんのおっしゃってることは確かに正論で正しい考えだと思います。しかしあくまでも正論でしかありません。前のコメントにもありましたが発達心理学を学べは永田さんの心理状態も理解できるとか思います。
    みんながみんな心が強いわけではありません。これではいけないと、現状を打開しようと模索しながら、けどどうしようもなく立ち止まってしまいながらも生きています。永田さんらそれを赤裸々に綴っているからこそ多くの人から反響を得たのではないでしょうか。
    自分と違う考えをもつからといってここまで痛烈に批判するあなたの方がよっぽど幼稚にみえました。
    お目汚し失礼しました。

    • 鈴 林 より:

      匿名の方、コメントありがとうございます。
      う~~ん…あなた自身も「自分と違う考えを持つ者を痛烈に批判している」ということにお気づきでしょうか?
      まぁ色んな人がいるということで全て収まるとは思います。

      この記事を書いた時に思ったことを素直に書いただけですね。不愉快に思う人もいれば、そう思わない人もいますし。
      世界は広いです。私と同じ考え、あなたと同じ考え、そうではない考え色々あるのが普通なんです。
      「反響があるから」と言って正義というわけではありません。
      コメントありがとうございました。

  18. 匿名 より:

    鈴林さん、こんにちは。
    作品の批判なのか、作家の生き方の批判なのか、どちらなのでしょうか?この作品は永田カビさんの生き方がモチーフになっているので、なかなか分けることも、難しいのですが。例えば「私とは違うけど、そういう生き方をしているのね。でも、作品としては、自己満足なんじゃない?」的なことでしたら、作品は世に問われることを前提として出されるものですから、鈴林さんのおしゃっられるように「個人の感想」としてネットにあげるのも自由ですよね。しかし、作品批判ではなく、作家の生き方まで批判してしまうのは、「個人の感想」としては、いかがなものでしょうか。リテラシー的に。

    • 鈴 林 より:

      匿名の方、コメントありがとうございます。
      作家の生き方までも批判してしまったことが、私の感想にはなると思います。
      この本を読んだ時に感じたことをほぼそのまま書いているので。

  19. 鬱病のあdhd より:

    鈴林さま
    めちゃくちゃ共感しました。といっても、私はカビさんサイドの人間なので、鈴林さまのご意見はとても耳が痛いw。この記事読むの辛かったw。鬱ってやっぱりただの甘えなのかなw。私もw恵まれてるのにごめんなさいorzorzorz。ってなったけど永田カビさんを嫌いといいつつ文章の端々に溢れている鈴林さまの優しさを感じて救われました。私も皆さんのようにはやく正常な人間になれるように行動していきたいとおもいます。大変興味深い記事ありがとうございました。

  20. 鬱闘病中 より:

    鈴林さま
    率直で筋の通った意見でめちゃくちゃ共感しました。といっても、私はカビさんサイドの人間なので、この記事読むの辛かったw。でも永田カビさんを嫌いといいつつ文章の端々に溢れている鈴林さまの優しさを感じて救われました。批判に見えるけど、筋が通っていて暖かさを感じる不思議な文章でした。私も皆さんのようにはやく正常な人間になれるように行動していきたいとおもいます。大変興味深い記事ありがとうございました。

    • 鈴 林 より:

      鬱闘病中の方、コメントありがとうございます。同じ方のコメントですけど微妙に内容違うのでどちらも載せちゃいました…w
      削除希望でしたら仰ってください!

      いや、甘えではないですよ!?Σ(゚Д゚)甘えとは思ってないです!本当に!!(´・ω・`)
      色々ありがとうございます。そう言っていただけて嬉しいです。
      元気、出しましょう!他の人と比べるのもおかしいですし、あなたがあなたを認めればもうそこから強いと思います!
      私が正常…かはわかりませんが、ありがとうございます。私も頑張ります!

  21. 根明 より:

    私はカビさんサイドの人間でここの感想について耳がとても痛かったので正直に悪口言っちゃいますね。
    自分と違う意見だからってすぐ否定するのはよくないな、と思って何度も読み返したんですけどとても「いやそういうこっちゃねえんだよ!」と思ってしまう感想でした。なんか、気の強い女の子がうじうじした女の子の悩み相談に対して「えー私ならこうするけど!」って言ってるみたいな感じというか…。サバサバ系がメンヘラに物申してる感がすごい…。サバサバ系がメンヘラと相容れないのはサバサバ系はメンヘラだって吹っ切れてないだけで吹っ切れたら何でも出来るでしょ?と思ってるし、メンヘラはそんなサバサバ系は一生自分のことを理解してくれるわけないから話すだけ無駄って思いこんでるからじゃないかなー、と思わされました。
    あと性教育に関しては「与えられる」で正解だと思います。自分で実体験、ないしは映像で手に入れるっていうのは間違った情報を得るリスクが伴うし、それなら学校で正しい知識教えられる方がよっぽどいいじゃないですか。

    • 鈴 林 より:

      根明さん、コメントありがとうございます。
      お、逆の意見なんですね!人それぞれなんで、大丈夫です(゚∀゚)
      サバサバ系とか気にしたことは無いんですけど…メンヘラ?の人は「相手に求める」部分が多いとは思ってますね。
      「相手が~~してくれない」とか「~~したのに私にはしてくれない!」とか。
      自分を持つのは大事だし良いことですけど、相手に結果を依存してる感じがするんですよね。

      性教育については…賛否両論あると思うんですけど、
      「種の存続についての知識を教えてもらうのを待つのみ」ってどんだけ受け身なの!!って思いましたw
      学校での「正しい知識」ってのは保健体育でいいと思いますけどね(゚∀゚)
      なんか…「なんでも与えてもらおう」という感じがして、私はその辺のくだり嫌いでしたw

  22. ピロム より:

    鈴林様
    初めまして。感想を拝読しました。モヤモヤ感がありはしたものの、なんかなー?って感じでしたので、感想読んでて「これだ!」とスッキリしましたw
    こーゆー、与えられるのを待ってるだけで行動を起こさず、与えられなかった事を他人や環境のせいにし、自分の経験値の低さをその「誰か・何か」のせいにして生きている人はあたしも嫌いです。てか、コメント読んでて「発達心理学を学んでないから~」とか書いてる方もいらっしゃいましたけど、いや、普通学んでねーからwwと思いました。専門的な事ですし、身内や身近にそういう方がいる人やお仕事に関わる方以外で、発達心理学を学んでる人って少ないっすよ。それなのに「ものを知らないで言いたいこと言いやがって」みたいなコメントにびっくりしました。
    あたしが思うに、だいたいの人(少なくとも今までの人生で関わって来たすべての人)はどんなに明るくても、目立って人気のある子でも真面目な子でも、何かしらのコンプレックスと悩みを持っていました。それでも頑張って自分と向き合って乗り越えて、人間関係の構築や社会で生きてますよ。サバサバ系だからって悩みないでしょ?みたいに思う感覚の方がどーかしてる。まぁ人それぞれですし、あたしが「こいつどーかしてんな」って感じる人と交わる事はないからいいんですけど。
    とにかく何が言いたいかって、鈴林さんの意見にものすっごく共感した!!と共に、全く違う考え方の人達が意外に多くいて大変勉強になりました★って事です。
    長文失礼いたしました(´・ω・`)

    • 鈴 林 より:

      ピロムさん、コメントありがとうございます。
      返信遅くなってしまいすみません。

      気が合って嬉しいです~~~!!ありがとうございます!! (´;ω;`)
      発達心理学って普通学びませんよね!?良かった…w
      そうやって「自分が知っていることは周りも当然知っている」ってのは良くないですよね。
      そーいう職業の人でもないのなら普通…知らないですし。それも「相手に期待」してるってことだと思ってます。

      私も違う考えの人が多くて勉強になったと思いましたw気が合って本当に嬉しい!!ありがとうございます!!

  23. あき より:

    鈴林様初めまして。感想の記事、3件とも読ませていただきました。永田カビさんの作品に感じたなんとも言えないモヤモヤをスッパリ叩き斬ってくれる文章に共感しまくりで勢いよく読んでしまいました笑
    私も年齢の割に恋愛経験や性的な経験に乏しい(自分から行動してこなかった)自分にコンプレックスを持っていたので、
    >>なんで自分だけ保証されようとしてるんだよ!!!経験値無いなら余計に今から失敗しろよ!!
    の言葉にハッとしました。安全な場所に逃げて閉じこもっていたことに気づかされて、失敗したって傷ついたっていいんだって今までの臆病な自分も含めて許されてる気がして。自分のことを理解してほしいと思う前に、自分が目の前の相手へ興味を持ったり、相手の良い面を知ろうという前向きな気持ちを持つことが大切だなと再確認できました。少しずつでも自分から行動する強い気持ちをもらえました。ありがとうございました^ ^

    • 鈴 林 より:

      あきさん、コメントありがとうございます。
      時間がこちらの方が後だったのでこっちを残しました。

      嬉しいです…! (´;ω;`)ありがとうございます!!
      「やったことが無い」のがコンプレックスなら、やってみればいいと思います。
      やりたくないこと、だったら無理しなければいいですけど、「やりたい」ことなら失敗とか気にしない方がいいと思うんです。
      「これ間違っても、死なないしな!」って思えば大抵大丈夫です!私は、ですが(; ・`д・´)

      色々ととんでもないです。ありがとうございます!!とらえ方次第で、世の中の見方はどうにでも変えられます。お互い前向きに生きましょう!(*‘∀‘)

  24. 匿名希望 より:

    永田カビさんについて検索をかけ、たまたま見つけたこちらの記事、拝見させていただきました。正直、とても気持ちが悪いと感じてしまいました。

    記事の内容は、鬱など精神疾患患者に対しての想像力の欠如が多少感じられるものの、ある程度の的を得た持論の展開をされていらっしゃるなと思いました。

    私が気持ち悪いと感じたのはこのコメント欄でのやりとりです。
    自分の意見に批判的なコメントへは理解しようとする素振りが全く見えず、自分の意見に共感してくれる人へは、それに対する内輪盛り上がりの様なものをこのコメント欄を読んでいて感じられ、とても気持ち悪かったです。
    だったら読まなければ良かったのでしょうが、コメント欄を設けていらっしゃるということは、多様な意見や感想も受け入れるつもりなんだろうと判断して書かせていただきました。

    記事の最初にもある通り、ブログ内容は貴方だけの感想でしかありませんので多くは突っ込みませんが、わざわざコメント欄を設けて読者からの意見や感想も求めるのならば、もう少し自分の意見に批判的なものにも向き合うべきではないかと思いました。
    或いは予め「これは私の個人的な感想です」と保険をかけて愚痴に近い様な感想を綴るのであれば、いっそのことコメント欄を閉鎖してみてはいかがでしょうか。

    …長々と書いてしまいましたが、まぁこれも貴方のこの記事を読んだ私の個人的な感想にすぎませんので、悪しからず。

    • 鈴 林 より:

      2つあったので、こちらを残しました。
      コメントありがとうございます。
      思ったことをそのままに言いますが、私に何をどこまで期待しているのでしょうか。

      私も人間なんです。
      そりゃ共感してくれる方は嬉しいです。
      逆の意見の方を排除するつもりは無いですが、一様にして逆の意見の人は
      「こんな考えだなんて、ひどい奴だ」
      「精神病への理解が足りない」
      「〜〜という当たり前のことも知らない。」
      「こんなに私は大変だったのに、そんな考えを持つなんてひどい」
      などです。

      人のせいにしていると感じるかもしれませんが、このような方たちは「伝え方が下手」だと思います。
      そんな言い方して、私が「ごめんなさい。ひどかったですね(´・ω・`)」なんて思いません。

      私はこのコメント欄を通じて、
      ・私と同じように感じる人
      ・自分が知っている知識が常識だと思っている人
      ・自分と逆の考えの人は封殺しようと感じている人
      などがいることを感じました。

      「理解する素振りが無い」とのことですが、
      「理解」ではなく私は「そんな考えもある」と受け止めたいとは思っています。

      コメント欄に求めることは皆無ですけど、この記事に関しては本当に負債のようには感じています。

      このコメント欄で「あなたは人の気持ちがわからないんですね」とよく言われましたが、そのコメントをした人は『私の気持ち』はわかってくれてないわけで、同じことをしているわけです。

      このコメントをしているあなたも、「共感してくれる人は嬉しい」という私の気持ちをわからないわけです。
      そんな人達に「精神病が〜」とか言われてもあまり受け入れられないのが本音ですね。

      八つ当たりのようになってしまい、すみません。

  25. ななしこ より:

    いや、ごめん。別に意見とか反論とか無駄だからしないけどさ。

    永田カビさんはちゃんとコメント読んでくれる人です。本人に言え。

    ここで言って発散?だかなんだか知らんけど、永田カビさん本人がこれを見つけたらどう思うかな?

    思うことは人それぞれだしあなたの感想も一意見だけどさ、本人の知らないところで本人の生き方そのものを否定するってあなたこそ人として終わってるよ。

    本人に直接言えないような人に他人の人生とやかく言われる筋合い無いと思うなぁ〜!

    随分前の記事にコメント失礼しました。

    • 鈴 林 より:

      ななしこさん、コメントありがとうございます。
      永田さんも読まれてるかもしれませんね。

      人として終わってる、ですか。
      それもいいんじゃないですかね。

  26. 匿名希望 より:

    返信ありがとうございます。

    返信を読んで、もう一度この記事を読み直させていただきました。そこでやっと気がついたのですが、鈴林さんはとても「健康的思考」をお持ちの方だと感じました。

    ここで言う健康的思考とは「自己肯定がしっかりある」という意味です。

    鈴林さんやその他の健康的思考を持つ読者の方々と、永田カビさんやその他の自己肯定がない或いは脆い方々。これは両極端に位置している為に、なかなか互いの考えを理解したり受け止めたりするのは難しいのだろうと思いますが、
    私は永田カビさんの作品もとても好きですし、鈴林さんやその他健康的思考を持つ読者の方の意見も、新しい発見をしたような気持ちで新鮮でした。

    ただ、記事を読み直させていただいた中で気になった部分があったのですが…
    記事に度々 「これは私一個人の感想であって、他人に押し付けるつもりはない」とありますが、そこに重きを置くのであれば、もう少し記事を丁寧に書くべきではと感じました。
    鈴林さん本人は「押し付けるつもりはない」と仰っていても、文章の切り込み方や口調は押し付けに近いものを感じても仕方ないと思ってしまいます。
    先日私へくださった返信内容で「逆の意見を持つ方々は伝え方が下手だと思います」の様な言葉がありましたが、それはこの記事においては鈴林さんも同じでは?という印象です。

    また、「私に何をどこまで期待しているのでしょうか」と私の先日のコメントへ返信いただきました部分について。そう誤解を招いてしまった私の文章の構成の仕方にも問題があるとおもいますが、私は鈴林さんに特に何か期待を感じているわけではありません。あくまでこの記事とコメントへの返信内容を読ませていただいた上での私の感想です。

    少し古い記事にも関わらず返信いただいてありがとうございました。

    • 鈴 林 より:

      まさかまたコメントを残してくれるとは思いませんでした!度々ありがとうございます!

      仰っていること、わかります。
      私のような考えの人と、永田カビさんや永田さんに近しい…というか近い?状況の方は両極端だと私も感じます。
      お互いにお互いを「意味わかんねー!」と思ってるので、歩み寄らないとどうしようもないですよね。

      「押し付け」に感じる文になっているのもわかりますw
      この記事を書いた時はまさかこの本がここまで話題になると思ってませんでしたし、
      そもそも私の記事がここまで読まれるなんて思ってませんでしたw

      今もこのままなのは、「この時私が感じたこと」であることの…記録みたいなものです。
      なんだかすみません。そしてありがとうございます。
      コメントいただいて、少し気持ちが軽くなりました。

  27. あほき より:

    初めてコメントしますー(ちょっとお邪魔しまーすって感じです)
    私は元々永田さんの感覚も鈴林さんの感覚もどちらも持っている変なタイプです。
    で、あんまり良くない方向に心が向いていた時永田さんみたいな感じで、今、その状態を脱してきているので、永田さんの話読んでるとなんか昔のいやな状態に引きずりこまれる感覚があり、いやだなーと思っていました。
    それで、感想を検索したところ鈴林さんの感想を見つけて読み、”なんで自己肯定感持たないと厄介なことになるのか”という忘れかけていた思考を思い出すことができましたー!

    ただ、性教育だけは育ちが良すぎると”調べなきゃいけない”という必要性の理解すら得られませんし、永田さんの言ってることは悲観的な話とはまた違う気がします〜

    永田さんはもしかしたら自分に課してる理想が高すぎて、そうでない自分を許せないのかも?なんて思ったり。(あぁいう自己否定感の強い人ほど、案外プライドが高いもので、だから他人からの意見を受け取れないんですよ。ソースは私ですw)

    あと、自責が癖になってるのでしょうね。(ネットで自責は精神的なリスカだと書いてあるのを見たことがあります。痛みを感じるから生きてるって感じちゃうんですよ汗)

    自責が癖になってること、自分のプライドの高さ故に自己否定が強いこと、そうして相手の意見を突っぱねることを相手が捉えなにを思うのかを認識したら、永田さんもまた変わるのかもなーなんて思ったり。

    つらつらと思うこと書いて失礼しました汗
    思ったこと書きなぐったので日本語おかしいですが、変なところはスルーしてください汗

    • 鈴 林 より:

      あほきさん、コメントありがとうございます!

      私も、永田さん程ではないにしろ、あほきさんの言うように「読んでいると昔の嫌な感覚に引きずりこまれる」感覚…があるので
      余計に「こんにゃろー!」と思ってこれを書いた気もしますw

      性教育…確かにそれもわかります。私も教えてもらうまでは何の話をしているのかさっぱりでしたし!
      でも…性教育は、あらかじめ教えるとかえって「悪い結果(育てられないのに子供をバンバン作っちゃうなど…)」になるらしいので
      どうすればいいんでしょうね…(´・ω・`)成長したら自動で「キュピーン!」とかって目覚めて欲しい…。

      私も、永田さんは自分の理想が高いのだと思います。
      自分を自分の物差しで測ると「小さい」ことがわかるので、それはしないで「持っていない」ことにする。
      理想と合わない自分を受け入れたくない…でしょうね。私も意見を聞かない時期あったので、あほきさんの言う事すごくわかります!w

      自責が癖の人は…、変な話「奴隷だったら」返って幸せなんでしょうか…?奴隷というか、召使?
      「罰して」くれる人は居るわけじゃないですか…。
      でも他人からはきっと嫌なんですかね…。他人はダメだけど、自分は良い、だったら…ここから何かわかりそうな気も…しなくもない??

      私もつらつら書いてしまいましたwありがとうございました!

  28. るる より:

    はじめまして!
    私も件の本にモヤモヤして世間一般の声に「ええっ!?」っとなりながら鈴林さんの感想にたどり着きました。
    もうね、首がむち打ちになるぐらい頷いちゃいましたよw言いたいことがすべて書いてある!って感じに。

    上の方に鈴林さんの感想が「障碍者いじめに見える」と書いてあってびっくりです。
    他人の心を推し量ることはもちろん大事ですが、しかしそれを行った上でその人を受け入れるか否かは自分自身で決めるものです。
    この本を読んで鈴林さんは(私もですが)永田氏を受け入れ難い人間と見なした。ただそれだけのことで、それ以上のことでも以下でもない。むしろ対等な大人なはずだと思っているからこそ受け入れられないってだけです。
    それを「障碍者いじめに見える」だなんて、永田氏を勝手に弱者扱いする方が失礼だと思いますけどね。

    途中勝手に鈴林さんの意見を代弁してるかのような事を書いてすみません。
    楽しい感想ありがとうございました!

    • 鈴 林 より:

      るるさん、コメントありがとうございます!

      そしてむち打ちになるぐらい頷いていただいてありがとうございます!!w
      この感想を書いて、「人それぞれ感じることは様々」というのを肌で感じましたw
      「弱者だから気づかって欲しい」とか「弱者なことを察して欲しい」とか…ずうずうしいなって思うんですよね。
      それを口で言うならまだしも何も知らない相手に「感じ取れ!」と押し付けるのは…違うかなぁと…。

      るるさんの言う「対等な大人なはずだと思っているからこそ」というのがすごくしっくり来ます!ありがとうございます!

  29. 出がらし より:

    こんにちは。
    私は風俗レポ、一人交換日記を読み、最後の女神降臨(表現そのままパクってしまってすみませんw)のところで、んん??ってなりました。

    これこんな本に残していいの?
    女神本人は許可してるけど…。好きな人から好かれなかったっていう、よくある事だけど残酷でどうしようもないような事実を他人の手で、しかも振った相手に描かれて作品として残されてしまうって…。
    私が永田カビ先生の立場ならできないです。

    あと、私自身経済的には裕福だけどかなりの毒親育ちで被虐待児だったため、自己肯定感がなく、何かにつけて『私なんて(以下略)』みたいになったり(笑)、人間関係の構築ができなかったり、周りの感じ方が全てみたいな生き方をしておりました。

    はじめ風俗レポを読んだときも、永田先生に自分を重ねて『同じように親との確執ある人いるんだな』と思って応援しました。
    一人交換日記を読んだときも『永田先生が苦しんだ分、本にして形に残して家を出るのは当然の結果だな』と思いました。(勝手に自分を重ねているので笑)

    ただ、一人交換日記の続編がPixivに連載されているのを読んでみて。(すみません、ここからネタバレがかかります。)

    結局永田先生は寂しさや孤独感に耐えきれずに、マンションを解約し、実家に戻って家族と触れ合ってから、『愛は誰と誰の間にもないと思ってたけど、家族は私を愛していた』みたいな風になっていて。それに気づいてアルコールを飲みまくって精神科に入院するって結果になってて

    これを読んでなんかすごく心が冷え冷えしました。
    結局愛されていたのに気づいてなかったのかよ。それで自分を傷つけ、家族を傷つけ、女神を傷つけたのかよ。風俗のお姉さんだって、幸せになって!って言ってたのに。

    永田先生の作品は、不幸にも自己肯定感が養われなかった、これから養っていこうって方には安心材料になるのだと思います。
    また、人によっては励みになるかと思います。事実私はそうでした。

    だけど、当の本人にとって良い結果にならないのなら…読者として、悲しいの一言に尽きます。

    長々とすみません。
    鈴林さんの他の記事も読ませてもらいます!
    今回の永田先生の記事読んでみて、改めて自信や他者への愛情の大切さを感じました。

    • 鈴 林 より:

      でがらしさん、コメントありがとうございます!

      でがらしさん文章上手いですね!!すごい~(゚∀゚)私の書いた書きなぐりよりずっと言いたい事わかる…。見習います…!

      女神の話は、「もし女神の立場だったら」と考えると辛いですよね。
      漫画のネタになってるのでお酒の席とかでふざけられはしますけど、真剣に好きだったのなら余計に辛いですよ。

      永田カビさんのこの本とかは、出がらしさんや私みたいな人、
      もしくは少しでもそんな経験がある人向けに出版されたんじゃないかな、と思ってます。今の時代親と揉めない人の方が珍しいですし。
      なので、どこかに共感してもらえるような作品、
      しかも永田カビさんの経験がぶっ飛んでるのでより面白い…って感じのものになってるんだなって思います。

      続編というか続き、私も読みました!!
      「映画でよくあるような流れになるもんなんだな…」と思いましたw

      もっと早く気づいていたら良かったんでしょうが、気づくまではどうしてもわからないものですもんね。
      今までの人の言葉は、なんというか…スルーされていた、というかあまりちゃんと受け止められてなかったのかもわかりません。

      他の記事まですみません…!
      いや、本当に出がらしさん文章上手いですね。ありがとうございます!

  30. あああ より:

    拝見しました。一社会人として、鈴林の意見はごもっともだと思います。私自身も、カビさんの漫画に首をかしげる場面も確かにありました。
    ですが、共感できない人間の書いた作品だと分かっていたのにも関わらず、自ら地雷を踏みに言ってボロクソに言うという行動のほうが全く理解できませんでした。
    1つ前にカビさんの作品を見て、イライラする等痛烈に批判されていますよね、この時点で自身に向いてない作品・作者だと分かっていらっしゃったと思うのですが…
    例え友人に勧められたからっと言っても、自衛する、すぐ読むことをやめる等出来たはずなのに、
    お金出してまで本買って、イライラしてブログという公開されている場で悪口言っているほうがみっともないと感じました。
    彼女の行動を幼いとイライラする前に、懲りずに同じ失敗をして時間とお金をドブに捨てたご自身の学習能力の無さにイライラするべきではないでしょうか?
    赤の他人の人生にここまで感情移入なさるなら、自衛の方法も勉強されたほうがいいと思います。
    こういう生き方、考え方もあるのか…くらいに捉えて読むことをお勧めします。
    悪口を言いたいために購入なされたのなら別ですが。

    コメントのお返事も拝見して、個人の感想に個人の感想を述べさせて頂きました。

    • 鈴 林 より:

      コメントありがとうございます。
      私はその人のことを批判、などするならその人が出している本は読んだ方が良いなぁと思ったので買いました。
      この本を買って、「大成功だぜ!」とは思わないまでも「お金を捨てたわ!」とまでは思わない…ですね。
      記事に書いていたかもしれませんが、今は思わないです。

      みっともなくて結構!!コメントありがとうございました。

  31. あああ より:

    お返事いただいてから気がつきましたが、昨日のコメントにて、鈴林さんの敬称をつけ忘れてしまいました。
    突然の呼び捨て、申し訳ございませんでした。
    意図してこう呼んだわけではないことをご理解頂けると幸いです。
    こちらのコメントはその謝罪ですので、お返事は結構です。

    • 鈴 林 より:

      お返事いらないとのことでしたが…すみません。
      しないと気になってしまって…!w

      言われるまで気づきませんでした!wわざわざありがとうございます。