「サムライせんせい」 1巻 感想・ネタバレ

漫画の絵

ドラマ化もした漫画!!私はドラマは観てません!www

面白い!!タイムスリップものだけど、本当に違う時代に行くことは良いことなのかってことを考えさせられた。
あたし2次元好きだから、2次元世界にトリップしたり異世界とか、違う時代に行きたいって思うけど…それって本当はどうなんだろう?と考える。

サムライせんせい [ 黒江S介 ]
価格:678円(税込、送料無料)

主役は幕末の時代から現代にやってきてしまった武市半平太。大河ドラマ、龍馬伝では大森南朋さんが演じていた役だね。
説明はしょるけど、龍馬とは別の道を歩んで死んでしまった人。
この話は大河ドラマ放送後、の現代が舞台w

武市半平太さんが現代にやってきてしまったけど、それは突然。マンホールをくぐった訳でもトイレに吸い込まれた訳でもない。
牢屋に閉じ込められ、切腹を待つばかりだった時にふと気づいたら道路の真ん中にいた…。

幕末の時代と今の文化の違いもそうだけど、意識というか思考の違いが大きいからそこで武市さんは戸惑ってるのが多いかな。でも仕方ない。
今までの自分の常識が全く通じない世界に突然居ることがわかって、信じることなどできない。
受け入れてくれた佐伯のおじいさん良い人すぎる!!!

あたしも…武市さんと同じく、違う時代の人を受け入れることはできないかも…w

武市さんが現代に来てしまって戸惑う中で、現代の文明に触れたり、現代の若者と触れ合ったり子供に勉強を教えたりする話が主な1巻の内容かな。
自動販売機の中に茶売りが居るのでは…?に対しての佐伯さんの
「過酷な労働環境ですねぇ」
にめっちゃ笑ったわwwwwwwww

武市さんは奥さんのお富さんを残してきてるし、同じ仲間も牢屋に残して来ている。心配だよね…。佐伯さんの家を出て行きたい、の辺りとか悲しいわ。
そして殺人犯に囚われてしまう子供達、の辺りの展開が熱い!!!!この辺超熱い!面白い!(゜∀゜)

現代の人と幕末の人、同じ日本人だけど時代が違うと、当たり前だけど色々変わるよね。歴史学ぶの大切よね…。
でも「あなたの未来を教えます」って言われて…聞くのは怖いよなぁ…。占いじゃないし…。あたしも聞けないわ…

スポンサーリンク