真田丸 最終回 感想・ネタバレ 2 源次郎・きりちゃんみんなありがとう

真田丸ド!ラマ

←前半へ戻る

OP曲がかかる中での騎馬突撃

真田丸のOP曲、

というかテーマソング?

がかかる中での

徳川家康の陣への攻め込み。

 

かっこよかったああああああ!!!

作兵衛強いいいいいい

家康の馬印が倒れたのは

武田信玄以来、初めてなんでしょ?

 

すごいよ源次郎おおおおおおおお!!!!

親方さまと並んでるよ!!

昌幸も成し遂げていないことだよ!!

これがあるから、

真田幸村は歴史に名前を刻んでいるとも

言えるのかもしれないね。

 

このドラマを観ていない人でも、

「あの徳川家康を逃げさせた」

というだけで

なんとなく凄さ伝わるもの!!

 

走って逃げる家康…。

死にそうだったね…。

息wwwwwwwww

馬みたいになってるwwww

 

大野治房さんも頑張ってた!!!

秀忠逃げてやがる!!!

ざまぁあああああああああ!!!

 

大野治房さんが秀忠を

討てたらよかったんだけど…。

 

ここでなぁ…。

もう少し攻められて、

家康の自害を止めるものがいなければ

勝てた可能性も…

あったかもしれんのになぁ…。

歴史を変える”小さな出来事”

士気って大事だよねぇ…。

命をかけて戦っているんだもの…。

 

千成びょうたんがあるから、

秀頼本人が居ないにしても、

 

「殿さまも応援してくれている!

勝てる!!!」

 

って思っていたのに、

城に帰っちゃうんだもん…。

 

まぁ?

本人はずーーーーーっと城にいたんだけどね!!!

 

それで兵の心が乱れ、

与左衛門によって大阪城に

火が放たれる。

 

与左衛門…

ムカつくけど理解はできる。

 

大蔵卿のババアは

ムカつくし理解できないししたくない。

あいつ嫌い。

 

与左衛門は、

自分の妻と娘を奪った秀吉、

またその息子秀頼と

妻茶々のことを憎み続けていたんだろう。

 

この戦を機に豊臣家が滅べばいいと、

ずっと思ってきたんだろう。

 

自己破壊的だし、

賛同はできないけど

この時の与左衛門には

これしかなかったし

これを励みにして生きてきたということも

あるかもしれない。

戦況が変わるとき

戦の流れが変わる瞬間があることを

家康は知ってたんだ。

 

徳川家康の人生もすごいものだしね。

それがあってこその

徳川幕府の成立があったかもしれないけど…。

 

でも源次郎を応援してたのにいいいいいい!!!

 

この感想書きながらまた

見返してるけど…

源次郎たちの隊と

次の大河ドラマの井伊直虎?の隊

戦ってたんだね。

 

気付かなんだ。

 

大助と佐助が秀頼のところに着いたときには

もう戦況が大きく変わってしまった…。

 

大蔵卿のババアが

 

「真田は裏切ったと与左衛門が!」

 

とか言うけど…

佐助の言葉ですぐ

 

「え…そうなの?」

 

という雰囲気に。

 

佐助の言葉もすぐ信じるんかーーーい!!

ホントもーーー!!

全然自分で考えてないから

こーやってコロコロ意見が変わるのよ!!!

役立たずどもめーーー!!

 

大野治長さんが

千成びょうたんを持ち帰ってしまったことで

兵の士気は駄々下がり。

 

「秀頼公は城に逃げ帰ってしまった」

 

と兵を不安な気持ちにさせてしまう。

(本当は城から出ていない)

 

真田隊も毛利隊もいい感じだったのに…。

 

赤石全登さんも…攻める気満々だったのに…。

 

ホント…

秀頼が早く出陣しないから!!!!

大蔵卿のババアが噂に惑わされて秀頼止めるから!!!

 

秀頼がチンタラ準備してるからだよ!!

お前の見た目も大事だけど

何より、殿様が出陣するという

事実が大事なんだよ!!!

 

馬鹿殿めーーーーーー!!!!

秀頼がチンタラチンタラしてたから!!!

勝てそうだったのにーーーーーーーー(´;ω;`)

散ってゆく仲間

源次郎を守って弾を受ける

作兵衛…。

泣けたわ…。

 

弁慶かよ…。

銃弾受けたらすぐ死ぬもんかと思ったのに…。

 

秀頼は死ぬ覚悟で城から出ようとするけど…

お前生きる気で戦場に出ろよ!!!!!!!!

 

源次郎たちは生きるつもりで

戦場に出てるんだぞ!!!

ふざけおって!!!

 

茶々の言う策は

千姫だったんだね。

 

まぁ源次郎ともその話したし。

 

茶々が秀頼に

「恐れることはありません」

って言うのは

成長を感じた。

 

今まで後ろを見てばっかりだったのに。

 

そして千姫の出陣。

秀忠の陣へ行って、

大坂城の皆のことを頼むという大役。

 

きりちゃんは源次郎に言われた通り、

千姫を連れていく役を担っていた。

 

そして…

内紀…!!!!(´;ω;`)

 

内紀めちゃ強い…。

槍めちゃ上手いですやん(´;ω;`)

 

大助は内紀が死んでしまうのをわかっていたんだね。

将棋で全然勝たせてもらえなくても

内紀は育ててくれた人。

一緒に秀頼の傍に、

自分の傍にいて欲しかったんだね。

 

内紀が昌幸の位牌持って

戦ってるとは思わなかったわ…(´;ω;`)

内紀(´;ω;`)

武士として、

戦って死ねたのは良いことかもしれないけど

それでもやっぱり悲しい(´;ω;`)

 

そして作兵衛。

城の中の

あの畑まで来れたことにまずびっくりした。

 

だって…(´;ω;`)

源次郎の代わりに銃弾受けた時点で

死んでしまったかと思ったから…!!!

 

畑を踏み荒らす徳川兵に

怒る作兵衛。

兵を皆倒した後に、

作兵衛も息を…(´;ω;`)

 

作兵衛も…

武士じゃないけど…戦って死ねたから…

よかった…かもしれないけど

死ぬ間際に、

すえちゃんの名前を呼ぶくらいだから

やっぱり幸せではないのかな…。

 

悲しい(´;ω;`)

 

馬に乗り戦う源次郎を見て

きりちゃんは何を思ったんだろう。

 

決意をしてるようでもあるし

辛そうでもあった。

 

きりちゃんは源次郎が戦をすることを

応援していたけど

きりちゃんにも豊臣のヤバい状況はわかっているだろう。

 

やっぱり辛かったかんかなぁ。

源次郎単騎で家康と対峙

まさか源次郎単騎で

家康と対峙することになるとは思わなかった。

 

さすがにこのシーンはドラマって感じするけど…

面白いからOK!!!

 

家康は、

源次郎に銃で狙われて

一発は自分の近くにあった旗をかすめたのに

どうして

 

「手を出すなぁ!」

 

って言ったんだろう。

源次郎は単騎。

 

皆で囲んで攻めれば勝てる。

しかしそれは後世に残しづらい事実…。

 

でもそんなのどうにでもできるよなぁ…。

 

なんでだろう…

ドラマとして面白いから、

という理由ももちろんあるだろうけど、

物語的な理由としては

 

「真田幸村と話をしたかった」

 

なのかな…。

 

仮に徳川家康を討っても、

もう豊臣に天下は来ない。

徳川の世は盤石。

 

戦で功績を残す時代は終わった。

戦の世でしか生きられない。

真田幸村のような存在は、

平和な世の中では居る場所はない…。

 

きりちゃんのときもそうだけど

自分でわかっていても

他人から言われるとキツイよね…。

 

源次郎が

豊臣の天下は来ないことや

平和になった世では

自分の居場所がないことを理解していて

すごい!と思ったけど…

当たり前か。

 

頭が良いもの…。

この後の展開くらいとうに読めていたはず。

 

それでも。

徳川家康を討っても、

豊臣の天下にならずとも、

自分の居場所がなくなる時代となろうとも、

 

真田左衛門佐幸村は

徳川家康を討たねばならない。

父、昌幸の無念のため

友のため

先に死んでいった愛する者たちのため。

 

かっこいい…。

友って…後藤又兵衛さんたちかな?

石田三成さんも含まれるかしら。

先に死んでいった愛するものたちは…

内紀や作兵衛だろうか…。

 

わかってはいるけど、

どうしてもできないことってあるよね。

 

源次郎マジかっこいい…。

あの距離なら…

源次郎は家康を討てたはず。

 

的の距離はあんなもんだったはず。

わざと外した?

それとも外れてしまった????

 

腕が衝撃でしびれていたから

左手をあげていたんだろうけど…

にしたって気になる。

 

どうして…家康を殺さなかったんだろう。

殺せなかったとは思えないんだよなぁ…。

 

家康も

「どうして生きているんだ」

って顔をしていた。

 

もう少し秀忠が来るのが遅れていたら

また歴史は変わっていたかもしれない。

 

しかし…

このシーンの源次郎が乗ってる馬、

超良い子~~~~~!!!!

 

源次郎と家康の芝居を邪魔せず、

動かずにじっとしていられるなんて!!

なんていい子!!!

 

秀忠が来た後に

源次郎が

 

「佐助ぇ!!」

 

って呼ぶけど

馬の脚で呼んだみたいだったし!!

良い馬だよ~~~~~!

 

そして佐助はどこにでもついていけるんだね。

忍者すごい。

武士と生まれたからにはあの様に生きたい

馬から降りて、

刀を片腕で振るいながら戦うなんて…。

 

源次郎(´;ω;`)

 

伊達政宗と上杉景勝が見守る中で

戦い振り褒められるとこも泣けた。

 

直江兼続の

「戦は終わりました」

も悲しかった。

 

源次郎の戦場での有り様は、

当時の武士の憧れだったのかもしれない。

 

大御所様に従って生きなければならない世の中になったけど、

源次郎はそうではない。

 

源次郎に憧れを抱いたからこそ、

今の時代まで名前が残ったのかしら…。

 

久々の寧々登場だったね。

片桐且元さんは、

寧々に話すことで

罪滅ぼしのつもりだったのかもしれない。

 

罪の意識を感じたらしいけど、

少しでも和らいでいたら嬉しい。

昌幸譲りの攻撃と真田左衛門佐幸村の最期

神社で佐助と源次郎が

ボロボロの状態でいた時…

なんか嬉しかった。

 

生きていたことが嬉しかった。

 

このまま逃げのびるのかと思ったら…

徳川の兵来るんだもん…(´・ω・`)

 

こんな名もなき兵にやられちゃうのかと

思ったら…

 

昌幸直伝の

 

頭を下げ、相手を油断させた隙に

手に仕込んだ石で攻撃する

 

あのズルい戦法が!!!

この場合は刀だったけど。

 

敵も退けたし、

生き延びるかと思ったのに…。

 

自害しなくても(´;ω;`)

 

家康の言う

「平和な世に居場所はない」

があってのことだったのかな…。

 

源次郎の

「これまでか…」

に佐助はとても狼狽えているように見えた。

 

「そんなわけないですよね?」

ってとても言いたそうだった。

 

でも源次郎は

切腹しようとする手を止めない。

介錯は佐助。

 

佐助って55歳だったんだ…。

全身痛いんだねw

 

左腕、銃の反動で痺れて

使いものにならなくなってしまったんだ。

 

茶々と秀頼、

そして流れで大助も…。

どうして皆で自害したんだろう。

 

生きるために道をみつけたのではないの!?

 

千姫ももっと大阪城のみんな助けるように言ってよ(´;ω;`)

 

千姫を徳川の陣に送り届けた後、

きりちゃんは大阪城に戻ったんだね。

 

源次郎が居ない世に居ても仕方ないから。

きりちゃん(´;ω;`)

 

源次郎が腹を切る前の

みんなのシーンがまた、

悲しかった。

源三郎は何を思うのか

本多正信に

国造りの根本を教わる源三郎。

 

そこに大阪から報せがやってくる。

 

源三郎に聞かせまいとしたのは…

本多正信さんの優しさだったんだろうか。

 

源三郎が持っている六文銭が

「鳴った気がした」

ことで

源三郎は

源次郎の最期を悟ったんだろう。

 

ラストもかっこいいし悲しい。

 

源次郎の腹を切る時、

介錯される様や、

大坂城の面々が死にゆく様、

きりちゃんがどうなったのか…

 

などなどこれらを

描かないことがまた余韻を残してよかった。

 

歴史を知っていれば

茶々と秀頼が自刃したこともわかる。

 

でも描かないことで

逆に優しさを感じた。

 

源三郎は十万石の大名になったんだ(´;ω;`)

おめでとう(´;ω;`)

昌幸も喜んでるよ!!!

 

松代藩から

徳川幕府崩壊のきっかけを作る人が出たんだ!!!

 

佐久間象山…。

う、う~~ん習ったことある…けど聞いたことしかない・・・w

龍馬伝でも出てきたと思うけど…。

 

徳川幕府崩壊のきっかけが、

真田の地から生まれたのか…。

 

すごい因果だ。

もう運命というか…

執念を感じる。

 

こじつけなのかもしれないけれど、

それでも、

真田家の執念を感じた方が、

楽しいよね。

次の大河は…また女性が主役なんだ

八重の桜でも綾瀬はるかさんで

初の女性が主役の大河ドラマだったけど

今度は柴咲コウさんか。

 

なんか…

色々ありそうだね。

でもしばらくは

真田丸の余韻に浸りたいわ…。

 

毛利勝永さんはどうなったのかなぁ…。

気になる。

 

12/30の総集編も見なければ!!

各々、抜かりなく!!!

他の真田丸の感想はここから

コメント