真田丸 15話「秀吉」 感想・ネタバレ 1

真田丸

やっと観たー!最近真田丸も観るのに時間差ができてしまう…!!

ラストにも言っていたけど…この時が…羽柴一族の一番幸せな時だったのかな…。

千利休や小早川秀秋もそうだけど、この二人を見ていると本当に「未来を知らない方が良い」という事を感じられる。歴史でこの後どうなるかあたし達は知っているけど、あの時代に生きた人達はもちろん未来どうなるかなんてわからない訳だし…。

前にみた「江」でも実は真田信繁は居たのかなと思えるね!

今回は源次郎視点の大阪城、そして秀吉。

秀吉は…人懐っこそうに見えてとても計算高い人物なのかな。演じていた小日向文世さんのパッと見の第一印象も大きいところだけど、あとは演じ方だよね。

嫉妬していたり、感心していたり、思惑をわかりやすくでもそれでいて周りに気づかれないのではってくらいには出している。

「江」で観た感じだと…秀吉は段々変わってしまうんだよね。今は少しだけ見せている嫉妬なんかの感情が段々…徐々に隠さずともいいくらいの位になってしまって更に巨大化してくる。

あらすじを追う訳ではないけど、思い返しながら観てみよう。

確か…今回の始まりは屏風の裏に源次郎と秀吉が一緒に隠れてから。秀吉は元が農民だけあるのかかしこまったところが苦手…というか嫌いなのかな?景勝を待たせておきながら芸子のところへwww

その太夫も口説いてるしwww「側女にならんか?」とかせめて「一晩だけでも一緒に過ごしてくれないか?」なんて世の男性はみんな言いたいだろうwww

言う事には言えるけど、それを武器として使える人は世界に本当に少ないと思うwww秀吉はねねが居るのに。ねねのことをすごく好きなのに、他の女に詰め寄る。あたしはどうしてもそこがわからない。

子供が産めないのは悲しい。ねねも絶対悩んだと思う。でも他の女に行き過ぎなんだよこいつ!!wねねはなんで許しているのかわからない。理解はできるけど、あたしは同じことができないと思う…。そういう意味でもねねはすごい。

→2へ
◆ドラマについての もくじ◆
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク