真田丸 16話「表裏」 感想・ネタバレ 2

真田丸ド!ラマ
←1へ(馬廻の話とか)

そして今回のきりちゃん!!!!

「どこにいてもやることないんだから、どこに居たっていいじゃないですか!」

ってwwwwきりちゃんwwwwやること無いのかよwww上田でも大阪でもそうなんだ…wそんな事を堂々と言うきりちゃん面白いけどかっこいいよ!!源次郎の傍に居たくて上田からついてきて…というか小さい頃からずっと好きだったのに…。

一緒に居て欲しくないって言われちゃったね…。描写は無いけど、きりちゃんはもう源次郎を諦めてるのかな…?個人的には源次郎の側室で良いから…くっついて欲しいけども・・・。

前に秀次の持ってきたびわだか何か食べ物を届けた時に知り合ったねね様の元で働くきりちゃんwwww転んでもただでは起きない女!それがきりちゃん!!!人手が足りないからいいんだもんね~~~w

秀 吉はねねの事はもちろん好きなんだろうけど…なんていうか利用している感があるよね。今まで観た大河ドラマだと大体そうだった。女としては茶々が好きだけ ど、誰も侵してはいけないところにねねがいる。ねねを利用していいのは自分だけだし言っていいのも自分だけ…ってのがあたしのイメージ。

人質の世話を頼む秀吉も、たぶん昔からああやってじゃれてたんだろうな。農民の頃からの夫婦だし、信長にも認められていたねね。秀吉はねねに人質のことを頼んで了承を得られたらすぐ茶々に帯渡しに行っちゃった…。ねねかわいそう(´・ω・`)もっと気遣えよ!!w

三成は千利休を好ましく思ってないのか…この辺のが元で…後々千利休は死んでしまうのかな…。三成が居なかったら秀吉は成功しなかったかもしれないし、三成はよく働いてるんだろうけど…いかんせんこいつ性格悪いよな~~~!!

んで茶々に気に入られちゃう源次郎www茶々は暇なの??自分が気に入った男が死んでるって理解しているの??茶々の傍にいる乳母は、「茶々様は悲しむのをやめた」って言ってた。

それは…父を秀吉に討たれ、母も死に、姉妹も別れ別れの状況で悲しむ要素はたくさんあるけど悲しむのをやめて人生を楽しむことにしたってこと…???いやホント「江」の時と描写が違い過ぎて混乱wwww

源次郎も死ぬ理由が「茶々に気に入られたから」とか嫌だもんね…w死なないで源次郎!!

んで本田忠勝の娘、稲ちゃん。忠勝溺愛じゃんwwwwwどんだけかわいいのwww顔のこと気にするなら薙刀なんてやらせるなよwwwここで登場したってこと は…今後関わってくる???あれ?確か忠勝の娘って…信幸の妻に…?側室に・・?なったような・・・・???そんなナレーションを聞いたような…???

→3へ(真田攻めの話)

 

コメント