真田丸 17話「再会」 感想・ネタバレ 3

真田丸
←1へ (戦の話とか)
←2へ(きりちゃんの話とか)

戦を待つ待たないの話の時、電話があればなぁ~って思うよね~~~!!あそこは時代柄の悩みよね!今ならすぐ電話!!w事実確認!w

ラスト付近の家康に芝居を頼むところは、他の大河でも見たことあるな。有名な話なの??てかこんなことまで記録残ってるのかな??

源次郎と家康の会話はバチバチしているというか、怖いね!!攻めこもうとした先の次男が秀吉に仕えているなんて思うまいてwwww

秀吉が黒子?控えている人?に化けてて、突然現れたのはあれはビビるわwww変なこと言わなくてよかったって感じてそうwww

あの芝居云々の会話の時の

「殿下、芝居がどんどん難しくなっておりまする」

ってのは笑ったwww確かにそうwwww始めは簡単そうだったのにwwww陣羽織の話も他の大河と一緒だし、やっぱり実話なの…?かな??

でもこれで、徳川家康と豊臣秀吉は同盟…てか仲間。そして真田はまだ上洛していない…。確かに上洛しても危うそう…。

次回、久々に親子全員揃う感じ!?お松と源三郎は会話してた!!思い出すといいなぁ…高木渉ちゃんがいないとダメかしら??(´・ω・`)役名は忘れたww

上洛して昌幸はぞんざいにされちゃうみたいだけど…、なんか上手い感じに解決してくれ!!!頼む!!!

石田三成に「お前は何者だ?」と問われて「真田昌幸の次男坊です」ってのはなんだか気持ちが良かった。嘘言ってない!!

次回も楽しみ!!親子勢ぞろい!!!!!\(^o^)/

◆ドラマについての もくじ◆
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク