真田丸 19話「恋路」 感想・ネタバレ 1

真田丸ド!ラマ

確かに今回のサブタイトルは「恋路」だわ!恋路というには大人の欲望というか汚さのある恋路ではあるけれどwww

真田家側と、豊臣側、二つで恋路が展開か…。

忠勝の娘と信幸が夫婦になるって前にナレーションで言ってたからそうなんだろうとは思ったけど…まさかおこうと離縁してまでとは!!Σ(゚Д゚)

てっきり側室とかそんな風にしてなるかと思ったのに…。てかおこうって昌幸のお兄さんの娘なんだ…。血が…近くない??wなんで結婚したんだろう…w義理の兄とかなの?

でもよく考えたら秀吉クラスや後の徳川家の将軍でもない、小さな領地を持っている大名が側室持つのも変だし、何より「徳川家が差し出した娘を側室!?」ってなるから波風立ちまくりだよね…。

しかし信尹(のぶただ)の出番久々!!徳川に仕える、とか言ったのに持つ能力の高さを買われて徳川に仕えてるんだよね。今回は昌幸居るから完全に真田の味方!!昌幸と信伊の会話なんとなく好きなんだよねwたまに兄弟っぽさがにじみ出るw

信幸は…ちゃんとおこうを好いていたんだね…。ごめん…特に興味ないけど結婚したと思ってた…。信幸がおこうを大切にするのも情というか、信幸が優しいからかと思ってました…。

おこうと離縁させられたくないからって必死に昌幸にお願いしているとこは…良かった…。まぁその願いは聞き届けられないんだけども・・・・(´・ω・`)

そして稲はてっきり「私は父のような人と夫婦に!」とか「殿が好きです!」とか言うかと思ったけど…ただただ真田に嫁ぎたくなかったんだwww

この時代は女は政治の道具でしかないね。武家の娘に生まれたら農民たちと比べて贅沢な暮らしはできるけれど、知らない相手や稲みたいに大嫌いな相手との縁を結ぶために結婚して子供を作らないといけない。断ることなんてもってのほか…という世界か…。

男からしたらそんなに重大じゃないかもしれないけど、本当女は受け入れるしかないからね…つら(´・ω・`)

信幸と稲だと確実に稲に尻にしかれそうwwwwでも稲は信幸の見せる優しさに惚れそうだわ!w信幸は優しいからね!!!しかしおこうはかわいそう・・・・(´・ω・`)

おこう(´;ω;`)前は信幸の言うことを守って雁金踊りまでしてくれたのに…!!!

お松はまだ記憶が不安定なんだね。源三郎のことを源次郎って言っててわざとかと思ったwww駿府城を「思い出せないわ!」って言ってる松の言葉をじっと聞く信幸…困った顔で真剣に聞いているだけでこいつは良い人だってわかるよ…!

源三郎を突き飛ばして「今のはすごく姉上らしかったです!」とかwww確かにそうだけどwww良いのか??wwww

→2へ(豊臣側の恋路など)

コメント