真田丸 22話「裁定」 感想・ネタバレ 2

真田丸ド!ラマ

←1へ(北条と真田の裁判!)

名胡桃城は真田の、沼田は北条のってことで話が決まったのに・・・・。名胡桃返してよ!!取るなんてひどい!!わざわざ裁定までしたのに!!w北条もさぁー、頑固っていうかどこまで譲らないんだよって感じですよ。

でも!源三郎かっこよかった!!!\(^o^)/源三郎は今仕えている人は大切にする派だから、焦って攻めるようなことはしない。そしてまーーた稲に会いに来ていた本多平八郎にも負けない!!

「ここは真田の軍議の場である!お戻り頂こう!!」

きゃーーー!!源三郎ーーー!信幸ーー!!\(^o^)/よく言ったわ!!内紀さんは冷や冷やしてたけどwwwそして本多平八郎の去り方wwww

「ぅわっはっはっはっはっは!」ってwwwwかっこいいwww藤岡弘、さんならではって感じするわwwwwドキドキしたんだろうなぁ源三郎www

久々登場な気がする佐助!!佐助も京まで5日のところを4日でってwwwきつそうwww電話とか無いからね…。電車も無いし車もない。今ではあまり無い問題だよね。

京に着いた佐助。まーーーた昌幸や出浦さんから「3日で行け」だの「2日で行け」だのwwwwwキツイwwww佐助のビックリした顔wwww辛すぎでしょwww軽く言うなよwwwそりゃ出浦さんは師匠だけどもwww

秀吉が治める世界だから、戦も秀吉の許可が必要だもんね。でも許可をもらうこと自体、昌幸も出浦さんも嫌そう。まぁね…今までは好きなように、というかそれぞれの決めていたことだし。

しかし秀吉は本当にうずうずしていたんだね。北条攻めを心待ちにしていた感じ。三成はずーーーっと「文を送って上洛を促しましょう」って言ってたけど、それも叶わず。

北条も…もう折れたらいいのに…。江雪斎さんどんまい。

昌幸と出浦さんの落ち込みからして…やはり戦で生きてきた人達には平和な世の中って辛いんだろうな…。一番面白いところというか。生きがいというか。もちろん人が死なないに越したことは無いんだけど。今までの世界とだいぶ違うからね(´・ω・`)

北条氏政は秀吉からの手紙破っちゃうし。秀吉の言う通り、今まで秀吉は北条に救いの手を何度も差し伸べてきた。裁定もして、沼田城を与えた。けど、名胡桃に攻め行っちゃうしそれを止めないし。

おかげで古くからの真田の家臣自殺したんだぞ!!謝れこの野郎!!

しかしあの長い文章をまとめると「秀吉が攻めてくる」なんだ…。あんなに手紙長いのに…。他に何書いてあるんだろう?気になる。今の日本でもあるような時候の挨拶とかあるのかな?

小田原城攻めって…花の慶次にもあった!(*’ω’*)知ってる!!超大名が集まって一つの城を攻めるやつ!!ドリームチーム集まるんだよね!

でも次回予告だと小田原城攻め落とすのになかなか兵力を削られてるっぽい。前田慶次出るかなwwwさすがに出ないかなwww

江雪斎さんが徳川に頼みに行ったけど…いや本当仲間になる訳ないやん・・・・(´・ω・`)そしたら徳川も攻められるもん…。あんだけ言ったのに!!江雪斎さん濡れてたのって…雨の中走ってきたから?

私はてっきり雨漏りする部屋に通されたからだと思ったwwwww

次回は戦か。真田も加勢していいみたいだし。どうなるかな!!!

つかwww落ち込む昌幸と出浦さんのお酒の席www

「調べたら、東側が手薄だった」

とかwww調べるなよwww笑ったわwwww「攻め落とせるぞ」とかwww出浦さんwww本当に昌幸に惚れてるんだね。昌幸こそ上に立つ者!って認めているからこそのこの調べることだよね。まぁ…いや調べるなよ!と思ったけどwww

「いつでも攻め落とせる」って思うのと「こいつに従うしか道が無い」って思うのとだと前者の方が余裕があるからね。昌幸はそーいった意味合いで受け取ったのかな?

出浦さん達も活躍しないかな。あと源三郎!!

コメント