真田丸 26話「瓜売(うりうり)」 感想・ネタバレ 2

真田丸ド!ラマ

←1へ(加藤清正と忠勝の酒の誘いで板挟み!w)

そして子供生まれたから明るいことを!って始まった仮装大会。こんなことするんだ…。どの大名も「殿」だからこそ、町民たちのような扮装はしないし何かを売って歩いたりすることは無いもんね。

でも…昌幸の瓜売りいいわ~~~~!!!!佐助に歌を教えてもらってすぐできるし、何より声がいい!!!草刈正雄さんって歌手だったの?よくわかんないけど歌めっちゃ上手い!!あれは瓜買いたくなるわ!!!w

そして全然瓜売りをやりたくない源三郎!!www嫌そうな感じ超出てる!!!wwwすごい上手くいきそうだったのに…。演目がよりによって秀吉と被っちゃうもんね…。しかも昌幸の方が上手いときている…。

源次郎・且元さん達の「安房の守様(父上)の方が上手い」ってそれぞれがはっきり断言するとことか、わざと秀吉の前で瓜売りやったけど演目を変えようとしない秀吉に「殿下はご自分を見ることができてない」だか「冷静じゃない」って言ったときも笑ったwwwwボロクソwww

小日向文世さんのあの歌はわざとかな?本当は上手い??w

そして出浦さんの「しびれ薬を盛るか?」とかwwwいちいち言うことが過激www「向こうが演目を変えればいい」とか「薬盛る」とかwww面白いけどもwww怖いwwwww

結局昌幸は「病欠」…佐助の涙と昌幸の悲しそうな顔がまたさみしかったわ…。

結局仮装大会トップは秀吉。みんなで秀吉の仮装を褒め称える。忠勝は一人悔しがってたけどwww家康みたいに…みんな内心「どうせお前が勝つんだろ」って思ってたんだろうな…。ひどい出来レースだよ…。でも出ないといけないからね…。

ここでの自分より上の相手を立てなくてはいけない昌幸といい出来レースといいサラリーマンとあまり変わらないように感じた。

ラストのばば様…!!!秀吉がするっと行くのを許してくれてよかった…。士気はそりゃ下がるよ…。いつまでたっても行けないし、行っても辛いだけだしね…。

ばば様の元に集まるみんな…久しぶりな人も居るのがいいわ~。稲はさ…もっと空気読んだ方が良いと思うの…。おこうがかわいそうだった…。きりちゃんが居ないのがちょっと寂しかったわ(´・ω・`)

超久しぶりのすえちゃんと父源次郎との再会。源次郎…娘ほっときすぎでしょwwwそりゃ怯えられるよ!!怖いもの!!作兵衛には懐いてるのが救いだね…。作兵衛の乳も吸わせたしね…www

ばば様の死のフェイントと昌幸の瓜売りに対する「うるさい」には笑ったわwwwwナレーションまで入れてきたから完全に騙されたwwww新鮮wwww

昌幸の弟、信尹もばば様の前では仮面をかぶってない感じするよね…。

昌幸と信伊ではなく、信幸と信繁に言葉を残してくれるばば様。源三郎の言葉、本当は聞こえてたんだねwwwwどーいういじわるwwwそりゃ聞こえるだろうけどもwwww

離れていても心はひとつ、真田を、この地を守れ、か…。後々の展開をなんとなくでも知ってると悲しいけども…真田を、家を残す為か…。

ばば様の最期が家族に看取られながらで良かった。

そして速攻生まれる茶々と秀吉の子供。こいつの誕生でまた歴史が大変なことに…。またドロドロしそうだわ(´・ω・`)

コメント