真田丸 27話「不信」 感想・ネタバレ 1

真田丸

ひたすら悲しい回だった…珍しく?あまりコメディ感の無い回…。

タイトル通り、不信感を募らせたことで色々な事が起きている回だった。

秀吉に新しく生まれた子供は男の子で名前は「拾(ひろい)」。呼び方もぞんざいで良いし、扱いもぞんざいで良い。名前もこの前死んでしまった鶴松の幼名、捨の逆だし相当気を使っているんだな、という事がわかる。

この拾が生まれたことで、すごく心を悩ませている秀次がすごくかわいそうだった。秀吉や寧々の言う通り心の弱さが招いていること。源次郎や秀秋たちがいくら秀次に「太閤殿下は関白殿下を疎んじるようなことは考えておりませぬ」と伝えても、秀次はどんどん自分の不安に思う事柄を引っ張ってきてしまう。

源次郎の提案の「太閤殿下の好きな能を舞ってみよう」作戦で宇喜多秀家に教えを乞うとこでも、秀秋が小早川家に養子に出されることを「厄介払いが始まった」って後ろ向き…。

ここでの宇喜多秀家さんの言う事は戦時中の日本軍みたいだなwと思ったけど、この場面と時代では正しいかな、と思った。自分で考えることはやめているけれども、自分から秀吉の「駒」となろうとしている宇喜多秀家のことをぞんざいにする人物ではないし。極端だけど、宇喜多秀家の強さをもらった方がいいと思ったw

能の稽古をしても、弟の1人が急な熱で倒れて源次郎が代わりをすることになるしwww見てただけだから歌詞とか覚えてないのが丸わかりだったわwwww秀吉も宇喜多秀家の舞の時は笑ってたけど、秀次になったら険しい顔になってたから…下手なのがわかったのかな?私はわからなかったけども!w

秀吉の「随分稽古をしたようじゃな」は嫌味なのにそれに気づかず「はい!」って言ったのも悪かったね…w

きりちゃんの「関白殿下に側室にならないか誘われたの」って答えをずっと渋っていたのは・・・・源次郎が居るからだったんだ…wきりちゃんの中では茶々に対して源次郎がとっさに行った「私の恋仲にあるきりです」ってことが大きく残っているんだね…。

そこからずーーーーっときりちゃんとしては源次郎と付き合っているつもりだったと…。今回の側室のことも、源次郎に止めて欲しかったのに「おめでとう」って言われるしで嫌だったんだろうなぁ…。薄々は、というか本当はわかっているような気もする。

でも「もしかしたら」が捨てられないのかな…。飛び出した後もすっごく追いかけて欲しそうだったしwwwwあーいう心理は時代関係ないかもなwww

そして源次郎に官位を授けるという話になったときの緊張感。源次郎の「一つ違いの兄を差し置いて位をいただくことはできませぬ」ってのは本当に兄の源三郎のことを好きなんだと思った。信尹にもいつも「兄を助けられる存在になりたい」って言ってるもんね。源三郎は自分のことをいつも卑下しているように思うよ…自信持って!!

位云々で、秀吉が「図々しい奴め!」って怒った時に秀次が間に入るのはびっくりしたしあのシーンは空気が凍っているように感じたわ。あそこで秀吉に口を出せるのはすごい。そして「位を与えるのは関白の自分の仕事」ってはっきり言えてカッコよかった。秀吉もあの言葉を待っていたようだったし、その前のは怒った振りだったのかな。あのシーンの寧々も嬉しそうだった。

寧々の励ましているシーンなんて芝居じゃないみたいに見えたし…豊臣家が素になるとき好きだわ~。

→2へ(怒る源三郎)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク