真田丸 32話「応酬」 感想・ネタバレ 2

真田丸

←1へ(全体的な感想?)

きりちゃんのキリシタンに入りたいという一幕もあったね。

吉蔵たちのような目にあう 覚悟も…っていうガラシャの問いに「その覚悟は…無いですかねぇ…」ってwww正直www偉いwwww無理して入っても良いことないしねwwwきりちゃん 好きだわーーーw本当正直wwwwそりゃね!秀次のこともあってキリスト教に興味持ってるけど、さすがに自ら拷問されに行くのは嫌だよね!!

でもガラシャさん優しい…!!そんなきりちゃんも受け入れてくれるやさしさ。さすがや!!私は聖☆お兄さんの影響で「イエスなら許してくれるよ」って思えてしまう。信仰している方すみません。

助作さ…寝ている間に秀吉は苦しんで死んだのに、みんなに嘘ついたんだね…wwwwww馬鹿野郎wwww寝ているお前が悪いのにwwwそりゃあみんなにはバレないけどさwww

きっと起きて死んでいるのに気づき、このままだと確実に怒られるから死体を布団に戻してから人を呼んだんだろうな…wwww胃痛してたようだけど自業自得だよwww

死体を塩漬けって…腐らない為だろうけど…漬物かよ・・・・。食べるのかよ…。漬けた後の死体埋めるのやだな…。この頃って死体は土葬なのかな??火葬っていつ頃から日本に根付いたんだろう。

そういえば、源三郎は忠勝からやっと許しをもらえたねwwwwおこうと稲どちらも子供がいるって家康が言ってくれたんだねwwww殺されなくてよかったねwwww忠勝もわかってくれてよかったwwww

しかし今回は家康の狸具合がすごかった。人によって、場によって話す内容や理由を変えていて、それでいて文句をつけにくい屁理屈を使ってくるから困るね。結局あの老衆と奉行衆との評定も「三成が自分一人に権力を集めようとした」的な終わりにされてしまったし。

それだけ家康の力ってすごいんだな…。

そ して三成の「家康を討つ」宣言。安易!!!あたしでもわかるよ!!!安易!!!w気持ちはわかるけども!!!本当気持ちはわかる!!!あたしが同じ立場 だったらそうしてそう!!!いやむしろ現代で私そんな感じのことばっかしてて段々他人に見えなくなってきてて悲しい!!!w

アカンやん…破滅への道歩んでるよ~~~。「私はそうそう間違わないが」とか自分で言ってたのにーーーー源次郎の止めるのも聞いてないし大谷吉継さんが止めるのも聞いてないーーー。なんというわからずや!!!wしっかりしてくれ!!!w

次回って、もう関ケ原??まだかな??ドロドロ具合が悲しいわ…。

つか出浦さんマジ死なないで。火傷がたくさんってだいぶ難しそうだけど…生きてええええええ!!!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク