真田丸 34話「挙兵」 感想・ネタバレ 1

真田丸

うわーーー!面白かったああああ!!!この時代に生きていた人には申し訳ないけど、こうやって命のやり取りというかバチバチしているというか緊張感のある方が大河ドラマとして面白いわ!!でもこの時代の人にとったらいい迷惑だけども!

今回はそこかしこにかっこいいシーンがあって…いいね!もうホントいい!!

前回石田三成が徳川家康を討とうとして兵を挙げたばかりに、家康に良い材料に使われてしまったってところで終わった。

そして今回。前田利家がなんとか加藤清正や細川忠興など三成嫌い同盟を止めるけど、利家が死んでしまうと堰を切ったように暴れ出す…。

三成は人に嫌われやすいよね。ていうか誤解されやすい…?いや、三成が認めることのできる・尊敬できる人が少ないのかな。

秀吉が言っていたようにそんなところが「不器用な奴」なんだろうな。秀吉や家康は人によって態度を変えることができて、偉そうにも、また怯えたようにもできる。信長は逆に人によって大きく態度は変えないけども、人を従わせる・ついていきたいと思わせるカリスマ性がある。

三成は信長に近いんだろうけど、人を従わせる・ついていきたいと思わせるまでではないんだよね。たぶんこの時代に良くもてはやされた武道とか戦が上手くないことも関係しているんじゃないかな。信長は戦上手いだろうし。三成は今の時代だと弁護士とか検事とか、そーいうエリート職で輝けると思うんだよね。

その三成を責めようとみんな挙兵して、戦支度をして三成の家に踏み込む!

のを聞いたのはきりちゃんwwwきりちゃんもさwww寧々に暇を出され(=最近まで知らなかったけど、辞めること)て、上田に帰るかと思ったら細川ガラシャさんの居る細川の屋敷で働くことにしていた。

きりちゃんwwwガラシャさんに覚悟が無くても良いって言われたからってwwwそして源次郎に「不穏な空気が漂っている。早く上田に帰れ」って言われたときの

「不穏?だぁ~いすき!」ってwwwwwww笑ったwwwww時代にそぐわない性格wwww面白いwww

ガラシャさんにも「想い人は石田三成さまのところに居ます」って言ってるんだねwそしてそれを記憶していたガラシャさん優しい…。仕えている人なんてたくさんいるだろうに…。

きりちゃんの「想い人…というのは間違いでした!私が一方的に…」とか的外れなとこ言いだすのもかわいいwwそうだよねwそこ大事だよねw源次郎結婚してるし…w

その源次郎の結婚相手の春ちゃんだけどwwこの春ちゃんへの「あの娘は厄介」だかの言葉を確認する源次郎のとこも面白かったwwwこの話になるとそそくさといなくなる三成の奥さんwwなんてできた人なんだw

三成の話を聞いた感じだと…この時代のメンヘラ…??w思い込み激しいよwww筆もらったくらいでwww三成と思いあってるってwwww前向きに捉えてもせめて「三成からの」片思いでしょwwお前は筆もらったくらいで好きになるのかよww

そしてその筆を持って三成の奥さんのところに「別れて下さい」って言いに行くのもwwww怖いwww行動力怖いwww性別逆でも怖いしwwww三成のどや顔ウザかったけどwwwこれは確かに勘違いだわwwwそして勘違いとわかった時の春ちゃんwwww

より怖いwwwww「うああああああ!!」ってwwwwwはしたない!!!w怖い娘だよ…。三成のところに行ってたよって伝えたら露骨に動揺してるし…wこわ…wwwトラウマなのかな…w今でいう中二病的な感じ??w

話飛んだけど、きりちゃん経由で三成が攻められるという情報を聞いた源次郎。「私、役に立ってる?」のきりちゃんの問いに「たまにな!!!」ってwwwありがたいけど誉めると調子に乗るから抑えてるのかなwww気持ちわかるけどひどいwwww

三成を逃がそうと色々画策して、三成の屋敷の書類の移動に源三郎を呼ぶとことかなんか兄弟らしくて好き!そして福島正則たちをやり過ごす為に、崩し将棋してるのも良い!!!

ここでの源三郎がかっこいい!!!「真田に戦を仕掛けるなら内輪の揉め事ではなく、国と国との戦。お覚悟はよろしいか?」ってな感じのことを言い放つのよ!!!

源三郎が!!!!昔はビクビクしたりしてたのに!!かっこいい!!!!!いいね!!!ここ超かっこよかった!

そんでその後に出てきた哀川翔、後藤又兵衛!黒田官兵衛観てたよ!黒田官兵衛の部下だけど、息子の長政に仕えてるんだよね!もう見るからに強そうだわw確か黒田官兵衛が主役の大河の時は速水もこみちが演じてた気がする…。人で印象変わるなぁ…w

→2へ(直江兼次のケンカ腰レターw)

U-NEXT

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク