真田丸 35話「犬伏」 感想だったりネタバレ云々

真田丸

←1へ(戦へ動き始める)

あそこできりちゃんが「きゃあああああああ!!!いやあああああガラシャ様ぁあああああ!」とか言わないのが大河ドラマだよね。戦国時代を生きてきたんだから、良い意味でも悪い意味でも「人の死、死体に慣れている」ってことだし。これが現代なら「きゃああああ!」だけどwww

細川屋敷に火の手が上がっているのを見た稲が「避難しなくては」って言ったとき、こいつさらっと裏切る気か、と思った。なんだかんだ言って徳川の方に行くの!?って思ったけど、「沼田に決まっているでしょう!」って言ってて安心したwww

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

名手酒造店 純米酒 幸村出陣 720ml(クリアケース入り)
価格:1620円(税込、送料別) (2016/9/5時点)

佐助も出番があって私は嬉しいわ!出浦さんは!?ねぇ!出浦さんは!?!?!?死んだ…の!?誰か話題にしてよ!!!!w

大谷吉継さんから昌幸宛に密書を預かった佐助。「どれくらいかかる?」に「四日と半日」って答えて「長い。~日で行け」とか言われなかったから、あ普通はこっちなんだなwって思った。こーいうとこでも…出浦さんが懐かしい…!!!!

中田譲二さんのツイッターでも言ってたけど、あの佐助の「走るのこんなに速い!びゅーーーん!!」みたいな加工?は・・・・脚本に書いてあるものだったのかな?まぁ確かに加工した方が忍者っぽい気はするけど蛇足のような気も…しなくもない??私はどっちでも良い派!!!

犬伏で昌幸・源三郎・源次郎で会談していた3人。上杉宛に密書を準備しようとしたときに佐助が持った密書が届く…。源次郎達、よくあの早いのが佐助ってわかったよなー。やっぱり幼い頃からの仲だから??

そして・・・・犬伏の別れへと繋がる。

昌幸の考えと比べて早すぎる挙兵に早すぎる動き。確かに昌幸が想像していたとおり、上杉と徳川の戦いの最中に真田が乱入し、上杉を勝利に導き、その後その勢いを持ったまま武田信玄が治めていた地域を取り戻す…という流れにはいきやすそう。

この状態だと徳川方も上杉討伐の為に少なくない兵を会津に差し向けているし、その状態で三成達が戦うというのも理想的な状況ではあると思う。

うまくいかないもんだよね…。この密書があっての3人での密談か。

親 子三人で…これからどう動くべきかの話し合い。昌幸の「誰にもつかず、上田にこもる。立ち向かってきたものが敵!」という案。その後は誰か、上杉や伊達を 味方につけて…という「夢物語」を「おやめ下さい!」と止める源次郎。源次郎は昌幸を尊敬している。でも、言わなければならないことだから、言ったんだよね。

尊敬する父になんてことを、的な顔はしていたけど発言そのものは後悔していなかった。

豊臣か徳川か。どちらかにつかなければ今後の真田の未来はない。戦もそれほど長引かない可能性がある。

それで出た決断。源三郎から出た決断が、源三郎が徳川・源次郎と昌幸が豊臣につく、という真田が敵味方に分かれる案。

辛いけど、真田は確実に残る。どちらが勝っても真田の家は残る。最終目標が「真田の家を残す」ということなのだからこれが最善なのはわかるけど、辛い・・・。この案を話した時に源次郎が「さすがは兄上。思いもよらなかった」って顔をして頷いていたのが印象的だった。

敵味方に分かれるのではない、とかどちらであっても、真田は一つ、とか源三郎超良いこと言う!!!源三郎がだいぶ成長、というか大きくなってるとこにも感動!!ちょっと前まで「父上は源次郎ばかりかわいがる」とか言ってたのに!!!!源三郎!!!

もし、豊臣方が勝てば、源次郎はどんなことをしても私を助けろ、徳川が勝てば父上と源次郎は私がどんなことをしても必ず助ける!!

これ泣いた…!!!かっこいい…!!!!

ネタバレすると…源次郎、信繁は…関ケ原で死んでしまう訳だけど、その時一番悲しいのは源三郎だろうなってとこまで考えてしまった…。

その後の兄弟二人での会話も泣けた。源次郎めちゃ泣いてるけど、源三郎はそれについて触れない。源三郎が泣いてもそれについては触れない。とても辛いことだけど、それをするしか道が無いものね…。

またこうやって3人で膝を突き合わせて酒を飲もう、という願いは…叶えば…いいけど…叶わないと知った時も、源三郎はとても辛いんだろうなと思った。

その後の親子3人での酒の席はとても楽しそうだった。これからバラバラになってしまうから。今だけは楽しく、最後かもしれないから楽しく飲もうという気持ちが伝わったし、源三郎も源次郎も父、昌幸を心から尊敬しているという会話だった。

外国の武将の話をして盛り上がっている3人が…楽しそうでこれからを思うと悲しかった。良いシーンだったよ!!!

家臣たちが密談の様子を覗きに行くやつ、あれは伝承でも残っているんだね。ドラマの中では源三郎が投げていたけどw

ドラマの後のあの「名所めぐり」みたいなとこも好き。露骨に町の人が横切るとことかwww今回はわざとらしくあの神社を掃除していたねwwww絶対普段は一人だよあれwwww

次回、稲はあの薙刀を振り回す姿を見せていたねw久々www

昌幸と源三郎が戦うのか…。やだな…。なんとかうまいこと「全力を出した風」でやり過ごして欲しい…!!!!

次回も楽しみ!!!

U-NEXT
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク