真田丸 36話「勝負」 感想とネタバレなど諸々

真田丸

←1へ(敵味方に分かれた真田)

戸石城を(一応は守る)源次郎と攻めに行く源三郎。源三郎の傍には、以前の上田城攻めで戸石城からの伏兵にしてやられてしまった武将も参加wwww昨日の敵は今日の友、ではないけどこれは気まずそうだったねwwwずっと疑われてたし…。

この、前回戸石城からの伏兵でやられた武将さん、東武志さんっていうんだけど、この人一時期すごい好きだったんだよね~。初めて観たのが舞台だったけど確かファンクラブ的なのにも入った気がするwww夢は大河ドラマに出ることって言ってたから、この人が大河ドラマ出てると「おめでとう」って気持ちになるわ。初めて出たのは…八重の桜かな?あたしが東さんを大河で初めて観たのはそれだった。

話が逸れたがw

ここで源次郎が出てきて刀を掲げた時に源三郎の軍勢が「源次郎様!?」って揺れていたのが悲しかった…。下の方までは敵味方に分かれたことは届いたいないの かな?まぁ届いていたとしても芝居はすると思うけど…。この芝居もあって戸石城は徳川勢である源三郎のものに。同じ真田のはずなのに、六文銭の旗とかをな ぎ倒していて悲しかった…。源次郎達が逃げる時に煙筒?みたいなのを使っているのが忍者っぽかった!

ナレーションでこの後源三郎は戸石城から動かなかったってあって、嬉しかった。そうだよね…。親子・兄弟で戦いたくないもの。できるだけ動かないよね。

そ してその作戦の裏をかく…というか読んでいるように立ち回る昌幸率いる真田。源次郎が討っては引き討っては引き、を繰り返してどこに真田が現れるかわから ない、という印象を残し、茂誠さんが兵糧を奪い取る。「遅くまで大変だの~」のにこやかな顔の後速攻兵殺しててさすがって感じしたw

稲を刈り取られることも予想がついていた昌幸の命で、作兵衛は稲を守る!ここで戦ってるのは農民たちだろうなぁ…。いいわぁーこーいうの。もちろん稲は死守。

雨 が味方して、退路を断たれた徳川勢!!!ここでの稲光に照らされる昌幸が超かっこいい!!!!!本多正信がしてやられるのが気持ちいい!!!!ここかっこ よかったああああ!!!徳川勢が陣を引く場所も想像をつけていた昌幸によって、雨の中兵を率いて進軍する源次郎だけど…陣についても徳川は居なかった。

ちっ。ここで秀忠ボコボコにできたらよかったのに!西で早く始めてるんじゃないよ!!!

大坂の方に戻る途中の秀忠が「勝てたのに!!」的なこと言ってたけど…いや~たぶん負けてるよね。そしてそれをわかっているけど口出す訳にもいかないから「こいつバカだな~」って顔で肉食べてる本多正信wwwwちょっと面白かったw

2度も上田城で徳川に勝った事で喜びに沸く真田勢。昌幸と農民の距離が近くてかわいかった~~~。茂誠さんもすごい喜んでてかわいい。農民のみんなのおかげで勝ったのだからみんなで喜びを分かち合おうってのが出ててすごく良い!!!

でも…佐助の知らせが…。関ケ原の戦い、始まったと思ったら勝負の決着着くの早すぎでしょ…。だって…午前中に終わったんでしょ!?バイトのシフトかよ!!!早すぎ!!!「大きな戦、ひと月ふた月で終わるとは思えませぬ!」とか言ってた直江兼次恥ずかしいやんけ!!!

大谷吉継さん…討ち死になんだ…。病気ではないのかな?討ち死にできて、嬉しかった…かもしれない。石田三成は行方知れずか…。昌幸はこの上田城での勝利もあって、豊臣方が勝利すると踏んでいた。だから「源三郎には貧乏くじを…」って言ってたんだよね。でも…。

徳川方の大勝利。しかも勝負つくのが早い!!!ここで小早川秀秋が裏切ったりした…のかな?

確か関ケ原の戦いって・・・・夏の陣と秋の陣ってなかったっけ…。冬じゃなかったはず…。よくこれをもじってセール的なものもあるし確かあるよな…。

でもこの二つって同じ年じゃないんだよね。けっこう時間かかってたような…。

前にやったギャルゲーだと、ここから…源次郎にとって辛い時間が続くはず。悲しい…。

次 回予告がもう悲しかった。「生き地獄を~」って家康言ってるし。クソ!!!!家康からしたら昌幸は「一度も倒すことができなかった相手」だし、嫌な気持ち しかないだろう。そんな相手が自分に頭を垂れているし従う姿勢も見せているけど、そう易々と許す気にはならないだろうな…。

源三郎が…どれくらい助けられるか…。稲も…助けてくれるといいけど…。死ぬよりも辛い地獄って人それぞれだよね。この時代はプライドというか、そーいうものがなかなか大きいし。

戦国時代の人が「戦って死にたい!」なら、今までそうだったし気持ちもわかるけど…。昭和初期の戦争の時代に「戦って死にたい!」だと…「お前、昔話読んでちょっと感化されちゃった?現実見よう?」ってなるな…。

時代にあったものってあるよね…。

しかし…悲しいなぁ…。真田家が今も残っているのはなんか嬉しい。私は真田家と関係ないけど!!次も悲しそうだなぁ…。

U-NEXT

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク