真田丸 42話「味方」 感想・ネタバレ

真田丸

うわあああ面白かったああああ!次回予告!?すごい鳥肌立ったよおおおおお!!

今回も面白かった!サブタイトルの「味方」は色々な捉え方ができるね…。

源次郎が大阪に入ったことを知る家康がめちゃうろたえてた…wしかし年老いたよなぁ…。本多正信さんもよぼよぼだし…。死にそうやん。秀忠の脇で居眠りしてるし…もう開放してやれよw

家康の中で安房の守、昌幸の大きさはすごく大きいんだね。九度山に追いやった時は「死ぬより辛い苦しみを~」って言ってたのに…あの時はあんなに強気だったのに…。内心、死ぬまで九度山に閉じ込めていたことを悔やんでいるのかな?秀吉が死ぬ間際になって、今まで自分がした悪いことの返しが秀頼に行くのを恐れたように、昌幸の死に際が故郷の上田でなく、九度山だったことを内心ずっと気にしていた…??

だとしたら「ざまぁ!」としか言えないけどね!!!wつーか死んですらもその威光が衰えない昌幸かっこいいいいい!!!

そして徳川方についている源三郎達ね。佐助が文届けてたんだ。真田家の忍びとはいえ、今回のことは源三郎に伝えないかと思った…伝えるんだ…。秀忠に会って、「息子が私の代わりに参加します」って報告した後のことだもんね…。気まずさ半端ない。

報告と言えば、お松さんめっちゃ笑ったwwww「危なくなったら後ろに下がって声だけ出すのよ!」ってwwww教えがリアルwwwwでもそれを武士に教えちゃダメでしょwww源三郎の姉で、ある意味真田家で現状一番強いからね…w源三郎も口で止めることしかできない。

源次郎が大阪方につくことを知って、源三郎は怒ってる一方で、源次郎に大阪に呼ばれた作兵衛はとっても嬉しそうだったね。やっぱりさーー、佐助も前にきりちゃんにぼやいていたけど、人間的な魅力というか「ついていきたい!」って思うのはやっぱり源次郎なんだよね。

昔から源次郎にはたくさんの人が「ついていきたい」とか「仕えたい」とか「好き!!」って言っているけど、源三郎にはそこまで無いからね。実際に作兵衛は源次郎の居る大阪に行きたがってるし。

徳川方につくのも嫌だったんだね。まぁ…作兵衛は徳川との戦2回とも参加して生き残っている訳だし…徳川方にお梅ちゃんも殺されてるわけだしね…。大殿、昌幸だって徳川嫌ってたし、古参の家臣は余計に徳川に付きたくないよねぇ…。佐助との仲も良さそうだったね。源次郎も「自分の身の回りについてくれる者が欲しい」って言ってたからそれで作兵衛を呼んだのかな??

佐助が昔ほどの速さで走れなくなってたのは…悲しいね…。時の流れだね…。

作兵衛と源三郎の戦い。泣けたわ…。同じ真田家なのに、作兵衛は源次郎の居る大阪に行きたい。でも源三郎の家臣であるということは、徳川の家臣であるということ。「徳川につきたくなかった」とか「源次郎様の元へ行きたい。源次郎様が待っておられる」ってのは甘えなのは…わかるけど…

命かけるんだから満足したところでかけたくない!?変に心残りがあるところで死にたくないよ!!しかも最後の戦になるかもしれないのに!!作兵衛と源次郎はお梅ちゃんが生きている頃からの仲だし、あたしが作兵衛でも大阪行きたいよ!!

おすえちゃんはすごい嫌そうだったけどね…w仕方ないかな…てか仮の祝言の後、おすえちゃんがチクったんじゃないかとも思っているよ。あの源三郎のお付きの人?も言ってそうだけど、おすえちゃんも言ってそう。

結局、源三郎は与八も作兵衛のことも切らなくてよかった。ここでどちらかが死んだらそれだけで悲しかった。与八は「オレはもう戦は嫌だ」って言ってたからてっきり源三郎に止められたら、そのまま大阪に行かないで留まるかと思ったのに一番に突っ込むからびっくり。もしかして…与八も源三郎のことあんまり好きじゃないの??

源三郎の手が震えてしまって刀持てなくなって、作兵衛は「源三郎がわざと油断?隙を見せてくれた」と思ってお礼まで言ってたけど…「違う、待て!」の言い方が情けなくて結末が源三郎らしいなと思ってしまったw

古参の真田の家臣に裏切られるというか…次男につかれるなんて…上の立場の人とはいえ家臣と心通わすことは大切だよね…。源三郎あんまりそーいうのしてなかったし…。噂とか広まるとだいぶ気まずいと思うけど大丈夫なのかな…。

源次郎、幸村の方は…早々にいじめられてたね!!!w一人部屋であの書斎?って…いじめじゃね??w無理矢理作ったにも程があるでしょwwwあの修理、治長って人…後藤又兵衛達にも言われてたけどあいつマジ仕事できなさそうww三成とか大谷吉継さんの名前出すなよwwwお前じゃなれねーよwww治長の弟めちゃ人相悪いしwwマナーも悪いwwwあいつ大丈夫かよwww主馬って…花の慶次の印象しかないw

源次郎は総大将になりそうになったりならなかったりと忙しいね。でもラストで源次郎が言っていたとおり、みんな上を向いているからこその「出たがり」

自分こそ上に行くべき!行きたい!と思っているからこその行動だもんね。確かにそれを考えると勝てそうな気がする。

長曾我部さんwww顔めっちゃ怖いのにwww「一人部屋じゃなくなって嬉しい」とかwww「戦嫌い」とか「寺子屋で読み書きを教えていた」ってwww源次郎がずっと意外そうな顔して「そうは見えませんでした」って正直に言ってて笑ったwwww

いつも顔で損してきたというか、決めつけられてきたから早めに胸の内を明かすことにしてるのかなwwww長曾我部さんwwかわいいwwww

総大将決める時も、後藤又兵衛に勧められた時「えっ」ってめちゃ意外だし嫌そうな顔してるしでwwwww人は本当に見かけによらないねwwww

総大将を決めるって時も…秀頼と源次郎との話だけだったら決定だったのに…。千もさwwwもっとポーカーフェイスしてくれよwwwわかりやすすぎwwwめちゃ帰りたそうwwwwこれはこいつから裏切られたりするかな??w

内紀も言ってたけど、秀頼も若いし何せ経験も少な目だしで勢いにびっくりしたんだね。源次郎を過大評価していそうだけど、でも父親にずっと仕えていてくれて、母の茶々も覚えているってなったら信用するよね~~。自分の知らない父親のことをたくさん知っている訳だもの。

茶々のおじさんだという織田有楽斎ってやつ…めちゃ胡散臭い。胡散臭すぎる芝居がヤバいwwこいつどうしたwww突然どこから沸いたんだよ…秀吉の頃から居ろよって思うんだけど…あたしだけ??w源次郎せっかく来てくれたのに、大蔵卿局といいボロクソに言うし…勝手なこと言う奴らだよ。

ラスト付近の、軍議?会議?は面白かったね!!後藤又兵衛グングン前に出る!!wあれだけはっきり主張されると気持ちがいいよね!影で「あいつが総大将なんて嫌だったんだよ」って言われるよりずーーっと良い!はっきり意見言う人好き!!

一度は源次郎で決まりそうだったんだけど、治長の「一度これは預からせていただいて…」ってのがダメだったね。毛利さんも言ってたけど、家康はこっちに向かっているのに裏でごちゃごちゃと決められたらたまらない。あいつはみんなに嫌われたくなくて「いったん預かって」みんなで決めました・秀頼公が決めましたってことで的から逃れたいんだけど、人を引っ張る人が責任から逃れようとするなんておかしいからね。

三成はそこも意識してたのかな…。自分が嫌われても全く意に介さず、豊臣家の為だけに行動する…。それが治長には足りないのかもね。だから誰もついてこない。自分の利益をちらつかせているから「いったん預からせて」って出るのかも。

源次郎も、総大将にはなりたくないけど、「大将」にはなりたかったからちらっと自分も含めた5人にしたのかな??でもこれで、秀吉が晩年くらいまで取っていた方法、5人の合議で決めるってやり方に似てるし…いいんじゃねと思うけどね!!

内紀と源次郎の会話とか、真田家のみんなが昌幸のことを思うとき泣けたわ・・・・昌幸好きだわ…!!!

次回はとうとう真田丸建築か!!!!ひゅーーーー!!!

確かこの真田丸の威力というか崩れにくさと真田幸村の強さで家康が小便漏らしたとか…ないとか??w漏らしたのは武田信玄かな??w

でもこれの強さはすごかったらしいからね。

この真田丸で初めて?久々?の大きな戦の様子が描かれる!!!関ケ原は数十秒だったからね!!w楽しみ!!!

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク