真田丸 45話「完封」 感想・ネタバレ 1

真田丸ド!ラマ

真田丸 45話 完封 ネタバレと感想!!!

た~か~さ~ご~

のあの歌がまた聞けるとは!!

この勝ち方!

というか敵の誘い方は

前にも観たことあるぞ!!

 

前の敵も…

 

確か徳川勢だった気がする…w

 

今回も前回も

この歌、

というか舞?を舞われて

怒るってことは…

 

それだけ「おめでたい時」か、

「勝った時」、

にするものなんだろうな。

「馬鹿にするもの」って考えもできるけど

日舞でそーいうのは無い…気がする。

 

今回は!!

真田丸初陣!!!

大助も初陣!!

木村重成さんも初陣!

 

ていうかきっと

ほとんどが初陣じゃないかしら。

 

それくらいに戦の無い時代だったみたいだし。

 

いやーーーすごかった…。

ずっと

 

「かっこいいいいいいいいいいいいい!!!」

 

しか言ってなかった気がするwww

 

というか、

織田有楽斎…あのジジイ!!

お前がスパイかよ!!

あいつ!!

何が織田信長の弟だよ!!

織田家の名を汚してるだろ!!

密偵て!!!

 

クソジジイめ…。

早く懲らしめられて欲しいわw

きりちゃん久しぶり!!

きりちゃんも

久々に出てきてくれてよかった!

源次郎が春ちゃんに

 

「戦が始まったら

絶対に城から出てはならぬ」

 

とか戦が終わった後の話してる時に

来ちゃったんだよね。

 

春ちゃんもやはり

城から出て働きたがってたけど…。

 

お梅ちゃんの二の舞だからね。

 

お梅ちゃんはせこせこ

乳をあげつつやってたら死んじゃったから…。

二度と自分の妻をそんな風には

したくなかったんだろうね。

 

きりちゃんは

夫婦の時間を邪魔したようで

行けなかったのかな。

 

茶々にも気に入られて侍女になって…w

きりちゃんは、

寧々といい、

秀次といい、

今回も茶々といい…

権力者に好かれるよね!?w

 

はっきり思ったことを出すところが好かれる理由かな?w

きりちゃん、

きっと持ってたお菓子

源次郎にあげようと、

もしくは一緒に食べようと

してたんじゃないかな。

 

でも夫婦で一緒にいるから

行けなかった…。

 

きりちゃん…!!!

幸せになって欲しい。

源次郎の子供を産んでほしいわ…。

でも戦始まったし…。

難しいのかなぁ…(´・ω・`)

源三郎の元にかつての「殿下」の家臣

大阪での

冬の陣が始まった、始まりそう?な一方で

源三郎の元に

 

福島正則

平野長泰さんが来訪。

 

平野さん…

もうスルメ食ってて

馬廻の仕事

サボってるイメージしかないわ…w

 

こいつら二人とも

秀吉に恩があったというのに

徳川についたんだよね。

 

でも二人もそれを

苦にしているというか…

気にしていたのか、

今回の戦では

秀頼に兵糧を贈りたいという。

 

でもそれを家康にみつかって

相当怒られたらしい。

福島正則さんは…

すごい顔に出そうだしねw

 

加藤清正や、

石田三成も生きていたらなぁ…。

 

その兵糧を贈るにあたって、

源三郎にも力を貸して欲しいと

お願いに来た二人。

 

兵糧持ってきたのは福島正則。

持って行くのは平野長泰。

でもこの二人だけだと

受け取ってもらえないからね。

 

敵からの贈り物だし、

毒でも入っていたら怖いしね。

 

そこで、

源三郎!

 

源三郎の弟、源次郎は

大阪方についているから

源次郎を通して

兵糧を秀頼に届けたい、と…。

稲は許しません!!…でも…???

稲はもちろんNG!!!

源三郎もダメなのはわかってるけど

でも、

弟、源次郎の為に何かしてあげたいんだね…。

14年、九度山に居て、

父、昌幸と暮らしていた源次郎。

その源次郎が存分に戦をしている。

それを応援したいなんて…!!

良い奴!!!!!(´;ω;`)

稲に一応「真田家」がかかっていることだからと

相談するけど

「稲は絶対許しません!!」

と許しはもらえず。

たぶん稲もお通さんのこと疑っているだろうに…。

その帰り道、

廊下ですれ違うおこう!

かっこいい!!!

「倉を調べて参りました…。」

って!!!

忍びかよ!!!!!

できた嫁だよ!!

側室だけど!!!

おこうはずっと源三郎と暮らしてきて

源次郎のことももちろん知っている。

真田家にずっといたおこう。

だからこそ、

源三郎の気持ちがわかるから

贈る兵糧の準備に取り掛かっていたんだね。

良い人…!!!!(´;ω;`)

→続き

コメント