真田丸 49話「前夜」 感想・ネタバレ1 源三郎の優しさ

真田丸ド!ラマ

真田丸 49話 前夜 ネタバレも含む感想

最終回の一つ前か…

とうとう真田丸も次回で最後…。

 

そのせいもあって、

今回は戦も起きたし、

そのせいで武将も死んでしまったなぁ(´・ω・`)

悲しい(´・ω・`)

 

戦乱の時代の最後とはいえ

徳川の世に邪魔だから、とはいえ

豊臣家と牢人を

徳川家は許すことはできなかったのかなぁ。

江戸へと向かう真田(前)当主

源三郎は、

死のうとする源次郎を止めるために

江戸へ行くと

稲とおこうに告げる。

 

源三郎の最後の出番…

というか最後の印象が

「浮気現場に踏み入られた

かわいそうな奴」

という印象のままだから…ww

 

こんな真面目な話してて、

もう二人に許されたの!?

とか心配しちゃったwww

 

稲も、

嫁いできたときは

小憎らしいクソムカつく奴だったけど

まさかここまで源三郎を

心配してくれる人になるとは。

 

おこうが源三郎を止めないのは

源三郎・源次郎の兄弟仲を知っているから

なのかしらね。

付き合いは長いし。

 

自分の身内とはいえ

敵方の大将クラスと会おうとするんだもの…。

疑われるよなぁ…。

 

お松が、

とり様みたいになってて笑ったwww

源三郎の言葉だけ

うまいこと聞こえないとり様w

「源次郎に食べて欲しい」

って言ってたくさん食べ物くれるとこ

ちょっと泣けた…。

 

また3人で昔話に花を咲かせられたら

楽しいのにね(´;ω;`)

時をこえて、黙れ小童返し!!

源三郎が大阪に向かう上で

これははずせないでしょ!!

 

真田の陣に立ち寄ったときに

信伊も源次郎の元へ向かっていることを聞く

源三郎。

 

信伊さん…。

いやーー超かっこいいよね。

 

信吉は「お前が真田家当主だ」って言われて

苦い顔をしていたねw

信政は

源次郎を一族の者と思ってないみたいだし…

源三郎が命をかけて

大坂城に行くのを

不思議に思っているのではなかろうか。

 

是非とも源三郎には

信政を説き伏せて欲しい。

 

途中「怪しい奴!」

って止められて、

あの城に行ったのかな?

 

そこで見かけた…

平野長泰!!

 

こいつ~~~~~!!!!

絶対兵糧届けるんちゃうんかい!!

徳川方の城の奴と仲良くやりやがって!!

福島正則ももしかして平野長泰と組んでた!?

それとも謀られた側!?

 

どちらにせよ

平野長泰許すまじ!!

源三郎も怒るよ…。

飢饉ではないとは言っても、

源次郎に渡したくて

兵糧をこいつに託したのに…。

 

まーーーーたスルメ食ってやがるし

特に反省している風でもない。

「大御所様にいわれて~」

だったとしても

腹の立つ!!!

 

罰が当たって欲しいよ!!

 

偉くなった源三郎が

あそこまで

怒りをあらわにしたのって…

初めて?

久しくなかったような気がする。

 

ここで出会った

徳川方の武将が

まさか室賀の息子?とは!!!

室賀久太夫…だったかしら??

 

確か

源次郎の結婚式の日に

出浦さんに刺し殺されたんだよね。

 

「真田安房の守は私の父を~」

 

ってまだ恨んでおられた。

この話聞くまで忘れてましたよ。

 

そして…

室賀父になんども源三郎が言われた

あのセリフをお返しww

 

黙れ小童ぁ!!

 

笑ったwww

まさかここでこれが来るとはwww

このシーンの為に

室賀さんにたくさん言わせていたのかなwww

 

時を越えてここに

「黙れ小童」のバトンが手渡される…wwww

 

室賀息子、

めちゃとまどった顔してたねwwwwww

 

室賀久太夫の役…

アンジャッシュの児嶋さんだった??w

めちゃ顔似てたんだけど…。

 

児嶋さんだったwwwww

似てる人かと思ったwww

 

いい役どころじゃ~~んwwwww

真田家の集い in 大阪城

大坂城で、

信伊・源三郎・源次郎が集まる。

 

源次郎には

信濃一国か…。

 

超良い話じゃん!!!

信伊の言う通り、

昌幸の悲願が、

こんな形で手に入りそうに!!

 

なんで源次郎は

これを断ったんだろう。

 

調略は今までにも

自分は仕掛けてきたけど

調略に乗りたくはなかったのかな。

 

信伊もなんとか折れて欲しそうだった。

 

以前ならまだしも、

堀も無い城で

勝てるはずがないってのが

みんなの総意なんだね。

 

堀の重要性がよくわかんないけど。

ちょっと調べたけど、

この大阪夏の陣で

外堀を埋めさせたことから

 

「外堀を埋める」

本来の目的を達成するために周囲に根回しをするなどの準備をすること

 

となったみたいだね。

すげ~~~。

慣用句の生まれる瞬間じゃん。

 

堀があるということは…

城を攻めるにあたって

攻め手の来る方向を

制限できるってことだから…

重要なのかしら?

 

360度ガラ空き

よりはいいよねって感じ??

 

そして堀を埋められた大阪城は、

まさしく360度どこからでも

攻められます状態ってこと??

 

身内ならそりゃあ止めるよ…。

 

犬伏での

昌幸も含めた3人での話を

源三郎は覚えていた。

 

昌幸はもういないけど、

また二人で酒を酌み交わすためにも

死なずに生き残って欲しい。

どんな生き方をしてもかまわない。

 

ひれ伏さなくもいいし、

戦ってもいい。

でも死なずに生きろ、と。

 

源三郎はまた、

源次郎の赦免のために

日本をどこでも駆け巡る決意だった。

 

でも…源次郎はもう

九度山で幽閉されたような

あの生活には戻りたくないみたいだった。

 

満ち足りた世界ではあったけど

やっぱり武将には

戦いの中に身をおいて

策を巡らせている方が

生きた心地がするのかな。

 

「兄上と酒を酌み交わしとうございます!」

 

という源次郎の頼みを断って

帰ってしまう源三郎。

 

ここで酒を酌み交わしてしまうと…

源次郎に悔いがなくなって

より、死のうとすると

思ったからかな…。

 

確かに死亡フラグっぽい…よね。

 

源次郎は

そんな兄の行動も予想がついてたのかな。

 

あまりガッカリしたようには

見えなかった。

 

「あなたはそのような人ですよね」

 

という目にも見えた。

源三郎は

「今生の別れではない」

って言ってたけど…

 

きっと…(´・ω・`)

大阪5人衆の揃う”最後”の軍議

家康が攻めてくることは明白。

それに立ち向かうための

軍議だけど…。

 

確か…この時点でもう

塙段右衛門さん…

亡くなってた気が…。

どうだったけ??(´・ω・`)

順番が…。

 

茶々は

死にゆく人を見ていくのが

すごく辛いんだね。

 

本当は人の死が悲しいから、

見に来てしまう。

 

きりちゃんはここでも強かった。

「いい加減にしてくださいっ」

って仕えてる人に言えるのすごいwww

 

強いし言ってること正しいから

これまたすごい。

 

最後の軍議では、

身内の揉め事で包帯巻かれた

大野治長さんも出席w

 

弟とも和解したのかな?

やっと戦えるとあって

大野治房さんも嬉しそうだった…w

 

源次郎の策は

またしてもはねのけられる。

 

もうこうなっては

源次郎の策がいいのか

あたしもわからん!!!

でも大阪城にいるより

伏見に行ったほうが

戦いやすいんじゃね?とは思った。

 

これを、

大蔵卿局にまたしても却下にされる。

こいつ…こいつのせいで

大坂城は城としての役割消えたのに

よくまぁ意見できるもんだよ…。

恥を知って欲しい。

お前は民主党か!!!

 

後藤又兵衛さん達も賛成ではなかったのか

別の策を提示してくれる。

大坂城を本拠地として、

戦う案で解決。

 

軍議の後に

大蔵卿局が来るから

てっきり茶々が呼んでいるのかと思ったけど…

弁明wwwww

 

「私だって豊臣が大事なんです!」

的なことを源次郎にwww

 

お前…

もっと早く言えよ…。

これでお前の心証が良くなる程

お前のこと好きじゃねぇから。

 

お前のこれまでのこと、

少しも許してないから!!!

 

後半へ続く→

コメント