双星の陰陽師 18話「決戦前夜 TRIUMPH OVER FEAR」 感想・ネタバレ

双星の陰陽師

あーーー、決戦前夜だけど…少年向けアニメのせいか緊張感が違うねwww

次の日はあのめちゃくちゃ強そうな、師匠である清弦さんをも倒した悠斗君との闘いなのに…レゾナンスっていう双星の陰陽師の必殺技みたいなのの練習で…

手をつないだだけで赤くなるんだ…。

いや、もちろん中学生とかだし、年頃だし?わかるんですよ??初めて異性と手繋ぐのってドキドキするよね?中学生だし余計にするよね。

でもさ…次の日決戦なのに何してんの…???え…?手繋いで赤くなって「緊張してねぇし!」とか「ドキドキしてきた!」って…そーいうのって…

「決戦前」にすること…???

こーーーいうところが嫌いなんだよなああああああ。とりあえず見ているけどさぁ、何なんだよ…。

あなたたちのそーいうところが悠斗くんに「強くなるという覚悟が足りない」って言われるんだよ…。レゾナンスという必殺技に頼るしさ…。悠斗くんはすごい強くなっているケガレ堕ち?かもしれないけど、それに対して二人って…なんかプリキュアみたいになってきたし。なんていうかなー。他のものなら少年向けでもある程度は面白く感じるのにこれにはそれが無いんだよな。

結局紅緒怖くなってばあやさんところに行ってるし。今まで散々上から目線で強気の発言してたくせにこんなときだけ年相応になりやがって!一般的にはこれがかわいいの??あたしは全くそう思わなかったわ…。

次回予告見た限りでは…勝てそうな予感はないけど、またどーーーせピンチになったら十二神将のみんながかけつけてなんとか守ってくれるんでしょ!はいはい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク