なつぞら 最終週 153話「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」感想・ネタバレ 人生の2番だし

なつぞら_R連続テレビ小説 なつぞら

鈴林です。今回の始まりは「ミルコスまんが広場」としての開始なんだ。

やっぱり「世界名作劇場」だったよね…。確かスポンサーもミルコスみたいなところがついていたはずだし。ソラ役の沢城みゆきが、ちゃんと「走っている」ことを表現しているセリフになっていたことに感動した。

あんなに線画だったのに、走っている様子をあそこまで表現できるなんて…すごい。

153話 お前か_R

https://realsound.jp/movie/2019/09/post-419692.html

ミルコス社長役は大泉洋か!w いいね!

スポンサーリンク

なつぞら 第25週 153話「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」

開拓者とは

153話 社長と_R

https://realsound.jp/movie/2019/09/post-419692.html

ミルコスの社長が自らアニメ製作会社に行ってお礼を言うなんて、それほどに反響のあるアニメだったんだ…。

今も少ないけど、当時も親子で観られるアニメは相当少なかったんだろうな。娯楽が少ないというのもあるかもしれないけど、それでも「大草原の少女ソラ」がきっかけで色々と新しい反響もあったんだろう。

ミルコス社長はなっちゃんのことも知ってたんだ! なっちゃん有名じゃん!!

153話 微笑ましい2人_R

https://realsound.jp/movie/2019/09/post-419692.html

神地とももっちが結婚するような流れになって本当に良かったw 神地のプロポーズの仕方が一久さんと似たような雰囲気を感じるw そんなところも似ているのか。

ももっちは明るくて優しいし面白いから人望あるよね。微笑ましい…。一緒に踊ってるのかわいい。

神地は宮崎駿を元にされた登場人物だから、神地が踊っていると「宮崎駿も…?」とつい想像してしまうw

人生の2番だし

兄妹そろって亜矢美さんの戻りを祝うなんて、嬉しいことじゃないか…!

亜矢美さんと咲太郎が気まずくなること無く普通に過ごしていることに感動を感じる。咲太郎もとっても嬉しそうだ。亜矢美さんがいなくなってから、あんなに笑ったところは無かったから本当に嬉しいんだろうな。

千遥の料理をすごく褒めてくれるし! これからはある意味ライバルに!?w

 

家族が1番だしで、家族から先のつながりが2番だし。亜矢美さんがパッとその例えを思いつくところがまた「らしい」わ。

 

千遥と一緒に十勝に帰るなら咲太郎も来れば良かったのにー!

このドラマ・映画をネット配信で観よう!

ドラマや映画を見るならU-NEXTが楽です。

U-NEXTについて詳しくは↓

※でも時期によっては、もうそのドラマや映画を配信してないかもしれません。記事を書いた時の情報なので、念のため確認してね!

なつぞら_R→なつぞらを観てみる!←

  他の「なつぞら」の感想などは↓からどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました