凪のお暇 1話 感想・ネタバレ 空気を読み過ぎて空気を吸うことができなくなった

凪のお暇_R凪のお暇

鈴林です。凪のお暇のドラマ開始おめでとうございます! 始まる前に漫画全部読んだけど、面白かった…。

さすがドラマ。漫画よりも進み方がサクサク早くて、これからどうするんだろうという不安も感じるけどドラマならではの展開も観られそうで楽しみ。

凪と慎二が勤めていた「コナリー」って会社は、作者のコナリミサトさんから取ったのかなw

スポンサーリンク

凪のお暇 1話

空気を読む、ということ

空気を読みたくても読めない人もいるし、凪のように空気を読みすぎて自分を出せない人もいる。慎二は空気を読み、相手の望むことをしているって漫画では言っていたけどドラマではどんなふうに描かれるんだろうか。

1話 空気を読む2_R

https://www.tbs.co.jp/NAGI_NO_OITOMA/story/story01.html

凪は良い人なのに、良い人だからこそ誰かに利用されるんだろう…な。断れれるものは断っても良いし、自分のミスじゃないなら何も譲ることは無いのに。

リリース間違えたのも凪じゃないし、足立さんも凪にいちいち仕事を押し付けないで欲しい。凪の周りの人は凪に押し付けて楽をしているだけで、何も成長できてない。仕事をやってもらっているのに、影で悪口なんて言って何様のつもりなんだろう。

漫画で読んでいた時もイライラしたけど、ドラマになって動いているのを見るとよりイライラする。

1話 0からのスタート_R

https://www.tbs.co.jp/NAGI_NO_OITOMA/story/story01.html

凪のように「言いたくても言えない」という人はたくさんいるはず。誰でも経験したことがある…はずだとは思うけど、そんなこと無かった、という人も少なからずはいるはず。

凪のお暇のマンガ読んでると、周りを気にし過ぎることも無いよねって思えるのがとても楽しかったし新鮮でもあった。ドラマはこれからどうなっていくんだろう。

慎二にキチガイじみたものを感じる。

高橋一生さんの演じる慎二、再現度が半端ない!!! すごい!!

漫画の慎二まんま、という気がしてならない! 髪型とか表情とか、

鈴林
鈴林

こうだったのか~~~!

って思うくらいに再現率が高い。すごいわ。

 

1話 空気を読み働く_R

https://www.tbs.co.jp/NAGI_NO_OITOMA/story/story01.html

慎二がそれぞれのシーンでどう思っていたのか、漫画読んだから知ってはいるけど……こいつ本当にひどい奴だなw 慎二やばすぎるでしょw

自覚が無いのが何より怖いよw 好きならもっと凪を大事にしてくれよ!

本当はすっごく凪を好きなのに「アッチが良いから付き合ってる」とか、身体だけの関係のようなこと言ったり行動したり…。それに凪のことを散々馬鹿にするし。なんであの行動で好かれると思ったんだよ!

早く凪と結婚すればよかったじゃん。まぁ…このモラハラの状態で凪と慎二が結婚しても、凪はいずれ心を病んでしまったとは思うけど。

 

「もうここには来ないで」と言われた後に「また来るね」と笑顔で言うのはキチガイじみていて怖かったw あれは怖すぎるw

ゴンさんという隣人

ゴンさんヒゲ生やせよ…!

とは思うけど、他の部分は確かにゴンさんだ。中村倫也さんかっこいいーー! 似合うーーー!

 

あのゆるい雰囲気とか、人好きされそうな感じとかすごく合っていると思う。ラストのハグは、ハグすることで…励ましているという意味なのかな?w 今後ゴンさんの出番がどんどんと増えるはずだからこれからに期待だわw

 

実質無料でこのドラマを観よう!

このドラマはParavi(パラビ)で観ることができます。

今までTBSのドラマは、見逃してもティーバーとかでしか見られなかったけど今はParavi(パラビ)で配信されてる。

Paravi(パラビ)は登録した月が無料になる!
もし4月に登録したら、5/1からお金がかかる、ということね。月額は925円(税抜)。

なのでドラマをこれからも観ていく予定だけど、この話だけ見逃した~~!とかならちょっと入ってすぐ辞めたらお金はかからない!

会員登録の画面でも「〇月〇日の翌日からお金がかかります」と書かれているので超良心的。字を極端に小さくしないところが好感を持てるw

無料体験中も全ての動画を見られる…というわけではない! ここは注意。
観たいものが無料登録中でも観られるのか、というのはよく確認する必要がありそう。

 

ここに書いているのは、記事を書いた時点の時のものだから、本当にその作品が観られるかどうかは公式ページで確認してね。

→Paravi(パラビ)公式ページへ!←

コメント

タイトルとURLをコピーしました