24 -TWENTY FOUR- シーズン5 20話「午前2時~午前3時」感想・ネタバレ 録音を持っている奴を探せ

24 -TWENTY FOUR- シーズン524 -TWENTY FOUR-

鈴林です。残り4話? になるけど一体どうやって決着するんだろうか。めちゃくちゃ面白くなってきたぜ!

24に出てくる飛行機で無事に着陸できる飛行機ってほぼ無いよね…w ヘラー長官が乗っていた飛行機くらい…? あとロシア大統領がアメリカに来た時の飛行機くらいじゃないかな…w

ちゃんと着陸できた飛行機が少なすぎる!w

スポンサーリンク

24 -TWENTY FOUR- シーズン5 20話「午前2時~午前3時」

録音を持っている奴を探せ

政府の外交専用機? なのに一般客と思われる人が50人近く乗っているなんてどういうことなんだろう。そんなにたくさんの人も乗れる飛行機なんだろうか。それともある一定の職の人が乗れるもの…とか?

ジャックがあの飛行機に紛れ込むまでもすごかったけど、乗ってからもすごいw さらりと航空保安官を眠らせて持っていると思われる奴を貨物室に引きずり込むなんてw 流れるように保安官殴るの笑ったわw

ひっそりやっていくのかと思ったら、ハイジャックすることになってしまったのは…仕方がないw

でも機長が「連邦捜査官だ」というジャックの言葉を聞いてもすぐに従ってくれなかったのは意外だった。それだけ機長という立場は大事ということなんだろうけど、今回はすごくハラハラしたぜ。

お客さんの中で勇敢な人もいたけど、ジャックの隙をついて攻撃しようなんて無理だよ…w やったらそれだけ怪我人が増えるだけさ。

 

まさか副操縦士が録音を持っているとは思わなかった。突然の交代ってことは、元々乗るはずだった人は殺されたか眠らされたのかな。ヘンダーソンから録音を受け取っているからこそ、機長に「危ない橋を渡ることはない」って助言していたのか。

機長も機長で突然副操縦士が変わった理由について疑念を抱いたからこそ「足がつった」とか言って席を離れようとしてくれたんだな。あの辺何が起こったかよくわからなかったけど、機長がロックを外してジャックを入れてくれたってこと…なのか?

 

でも…まさか撃ち落とされちゃうの!? 一般のお客さんたくさん乗ってるのに!? 着陸しようとしているのにデイビッド・パーマー暗殺に関わる犯人が乗っているってだけで撃ち落とす必要ある!?

カレンが仲間になった!

カレンがクロエ達の味方をしてくれるだけでこんなに捜査がしやすくなるなんて! ブキャナンとも「尋問」と言いつつ相談しているし、カレンがジャック達の言い分を信じてくれて本当に良かった。

それだけローガン大統領の命令が怪しかったってことだよね。やはりしっかりした理由付けがない命令には従えないものだよね。マイルズはその辺全然気にしてないけど。

マイルズはカレンを辞めさせようとしてマイクに電話しているけど、あの電話はマイクにとって材料になるはずだ。カレンが普通では考えにくい捜査をしている、という材料。

マイクはマーサとローガンの様子がおかしいことから何かを掴もうとしている。カレンの電話も併せて何か掴めると役立つのだけど…!

 

マーサは今にも自殺しそうだけど大丈夫なんだろうか。ローガンの計画はもう穴だらけだ。早くローガンがめちゃくちゃになって失墜するところを見たい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました