24 -TWENTY FOUR- シーズン6 23話「午前4時~午前5時」感想・ネタバレ 私は間違ってばかりだ

24 -TWENTY FOUR- シーズン624 -TWENTY FOUR-

鈴林です。これ本当に解決するのかな…と思ってしまうくらいの展開。

これどうなるんだ。毎シーズンラストでこう思っているけど、円満に解決するとも思いきれないのが辛いわ。そう言えば結局このシーズン6ではキンバリーが少しも出てこなかったなぁ。

スポンサーリンク

24 -TWENTY FOUR- シーズン6 23話「午前4時~午前5時」

私は間違ってばかりだ

とうとう副大統領のノアが自分の間違いを認め始めた! ウェインがアサドと手を結ぼうとしたことも「正しかったのかもしれない」とか言い出したし、カレンが正しかったことも認めたしウェインのこれまでの功績も認めた!

実際に大統領のイスに座り重責を担うまで感じられなかったんだな。実感するまでわからないことはある。想像するのと実際に体験するのは違う。これはもうどうしようもないことだと思う。

ノアがまさか自分の行いをそこまで顧みて反省するとは思わなかった。それでカレンを罪に問うことも考え直してくれるかと思ったのになーーー!

せんのかい!!

「彼女が命令に背いたことは事実だ」って確かに事実だけど、お前が判断間違ったのも事実だろ。カレンが罪に問われたとして、そうなると自動的に「ノアが判断を誤ったことの尻ぬぐいをカレンがしようとした」ってことになるよね。

トムの言うとおりカレンとノアの意見が敵対していたとバレてはいけないと思う。弱みにもなるし、周りからも「あいつ間違えたんだ」って思われることになる。

素直にトムの意見を聞けばよかったのに、すぐ聞かないところがノアらしいというか…変わってないって感じがするわ。人はすぐには変われないよね。

あなたの言う通りにしていれば…

いやいやいやこれまでどのシーズンでもジャック正しかったのにみんなジャックのこと蔑ろにしてたじゃん。ジャックが何回アメリカ救ったと思ってるんだよーーー。そりゃ物語上ジャックがピンチになった方が良いってのもわかるけども、もっとジャックの理解者増えてもいいでしょ。

中国に2年間囚われてて拷問を受け続け、アメリカに帰って来たのは「殺されるため」だったジャックがアメリカのために戦ってくれてるってだけでもっと感謝した方がいいよ!!

マイク・ドイルはジョシュを助けようとしてくれたけど、やはりフィリップの方が上手だったか。回路は偽物なんじゃないかなーとは思ったけど、蓋をあけたら爆発するって…マイクかわいそう。片目、もしくは両目を失明しかねないなんて辛すぎやん。

 

ナディアもマイロを失ってすぐにマイクも危険にさらしてしまうなんて辛いだろうに。マイロのお兄さんイケメンだったけど、弟が亡くなって悲しいだろう。クロエがマイロのお兄さんであるスチュアートを知っていたのは、古株だからかな。

マイロってシーズン1の頃から出てるし。きっと勤務歴も長いよね。スチュアートが「あなたのことを愛していたから」って言ってくれてよかった。スチュアートが急にいなくなっていたのは、ナディアのことを思ってのこと…だったのかな?

父と息子の対決

結局フィリップは中国との取引やめてないし回路をアメリカに渡す気なんて無かったんじゃん。まんまとしてやられおってーーーー!

チャンとフィリップの良いようにされてしまうんだろうか。こう言ったら言葉悪いけど…ジャックにフィリップもチャンも皆殺しにして欲しい。なんとかなってくれーーー!

 

そしてラストで倒れたクロエが心配だ。クロエが具合悪いなんてどうしたんだ。

 

この映画・ドラマはAmazonプライムで見られる!

Amazonプライムはアニメとかドラマもたくさん観られるけど実質月額料金は410円…という何とも強気、というか感謝しかない価格設定になってる。

月額プランだと500円(税込)だよ。

Amazonでいくつか注文するなら、とっととAmazonプライム入った方が得だから超絶おすすめ。お急ぎ便も無料になるし、Amazonミュージックも利用できるようになるし夢が広がり続ける。

Amazonプライムには1か月間の無料お試し期間もあるので、入ってみてイマイチだったら解約すればOK!

Amazonプライム登録はここから

コメント

タイトルとURLをコピーしました