なつぞら 第4週 21話「なつよ、女優になれ」感想・ネタバレ 魂なんて作れない

なつぞら_R 連続テレビ小説 なつぞら

鈴林です。今日のなつぞらは「魂」という言葉がめちゃくちゃあったように思う…w

あと語りが面白かった!w 芝居の説明をするのにアニメが始まったのは新鮮だったけど、確かに長かったw まさかあんなに真剣なテンションで

「なつよ、長い」

って入るとは思わなかったw 芝居が始まると泰樹さんたちの出番も減るのがちょっと寂しい。

スポンサーリンク

なつぞら 第4週 21話「なつよ、女優になれ」

天陽くんも参加

21話 好きなように描いてくれ_R

https://realsound.jp/movie/2019/04/post-351682.html

背景を描いてくれるからって天陽くんも来てくれるの嬉しい~~~~~! 天陽くん役の吉沢亮さんが、あえて姿勢をピンとしてないのがリアルさがあっていい。天陽くんは北海道で育った男の子で、普段は酪農家の息子。

背筋がピンとしているのは逆に不自然…といえば不自然だもんね。吉沢亮さんすごいわ。立ち方でもやっぱりわかるもんだわ。

「男らしさ」で門倉が競ってくるとは思わなかったw あいつやっぱりなっちゃんのこと狙ってるだろ!!w

ダメだ! 魂が入ってない!

倉田先生もっと言ってやれよ~~~~~~~~~!

芝居を教える人とかにありがちなことなんだけど、「ダメ」とは言うけど具体的にどうしたらいいかは教えてくれないんだよね。

21話 え…?_R

https://realsound.jp/movie/2019/04/post-351682.html

「センスがない」とか「とにかくできてない」とか「気持ちが~」とかそういうことは教えてくれるんだけど、じゃあ具体的にどうしたらいいのか? となるとそこは教えてくれない。教える技術は無い。

なっちゃんは「ただ言っているだけ」にしているのがきっとダメなんだと思うわ。雪次郎たちは多少なりとも気持ちをキャラに合わせて、実際にあの世界で生きているけどもなっちゃんは「セリフ再生機」になっている。

だから「魂が入ってない」と言われるし「何もしていない」と言われるんだと思う。魂が入っていない、というかなっちゃんだけはあの白蛇伝説の世界に足を入れていないからダメ…なのかな?

でもさぁ~~~~! なっちゃんは芝居なんてやったことも無いし色々わからないんだからさーーーー。

魂が入ってないとかダメ、とかだけじゃダメでしょ。そのくせどうしたらいいかわからんとか…じゃあ何も言うなよw

21話 落ち込むなっちゃん_R

https://realsound.jp/movie/2019/04/post-351682.html

「気持ちを作る」とは言うけど、そんな簡単に作れるものでもないし仮に作ったとしてこーいう奴は大体「それじゃ偽物だ!」とか言うんだよなぁw 天陽くんが「魂なんて作れませんよ」って言ってくれて嬉しかった。

ホントだよw 作れないよw

結局は「そんな風に見えたらOK」「そんな風に聞こえたらOK」の世界だと思っている。結局、お芝居は全部嘘だからね。

このドラマ・映画をネット配信で観よう!

ドラマや映画を見るならU-NEXTが楽です。

U-NEXTについて詳しくは↓

※でも時期によっては、もうそのドラマや映画を配信してないかもしれません。記事を書いた時の情報なので、念のため確認してね!

なつぞら_R→なつぞらを観てみる!←

  他の「なつぞら」の感想などは↓からどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました