24 -TWENTY FOUR- シーズン5 15話「午後9時~午後10時」感想・ネタバレ オードリー・レインズは敵なのか

24 -TWENTY FOUR- シーズン524 -TWENTY FOUR-

鈴林です。今回めっちゃ面白かった~~~! 前回はカレンや他の新しい奴をちょっと紹介する回…って感じでそこまで面白く感じなかったけど、やっぱりアクションがあってこその24だよね。すごい面白い。

ジャックの尋問の中でも今回は割と優しめ。

スポンサーリンク

24 -TWENTY FOUR- シーズン5 15話「午後9時~午後10時」

オードリー・レインズは敵なのか

コレットというめちゃ美人のスパイがオードリーの名前を出したことで、オードリーがめちゃくちゃ疑われることに。仕方ないのはわかるけどジャックかわいそう…。ジャックが付き合う人大体ひどい目に遭っている。

オードリーのことを調べたらカミングスと不倫していたことがわかるし。別居中に違う女と寝るってのはジャックもしていたことだし、オードリーもポールとの別居中にジャックと付き合っていたけども…。

オードリーも尋問でジャックに言いたくなかっただろうな。自分から言うことでも無いけども。カミングスが裏切者だったからこそ余計に疑われることになってしまった。あのジャックが首をちょっと絞めるくらいで尋問を終わらせるのは優しいよね。

カレンがそれを見抜いているのは意外だった。しかしカレンはオードリーを許さなかったか…。バークスによってまたあの痛そうな薬がうたれちゃうし。あれってどんな薬なんだろうか。とりあえず痛そう。

 

コレットは結局嘘をついていたわけだけども、ジャックが引き金を引くギリギリなのがわかったんだろうか。オードリーを疑わせられてジャックは確かに普通じゃなかったろうしね。あのままだったら足や腕を撃たれていてもおかしくなかった。

これでコレットは免責も無くなって、罪に問われることになってしまうんだな‥。

さすがアーロン!

やっぱりアーロンかっこいい~~~! カミングスを捕まえることができたのもアーロンがジャックに協力してくれたおかげだし、マーサとロシア大統領夫妻が助かったのもアーロンのおかげだしアーロンは表彰されても良いと思う!

同じボディーガードには「車が故障したのかもしれない」と言っているのに、銃を構えて探しに行くって…アーロンも何か危ない予感を察知していたということなのかな。ウェインはぐったりして気絶したようだけど…一体パーマーの形見って何だろう。

ひとまず無事に別荘まで着けると良いけど。ガードナー副大統領が敵だったりしないよな…?

狙われた天然ガス施設

天然ガスと一緒にセントックスを家庭に届けようなんて、そんなひどいことよく考えられるな…怖いよ!! めちゃくちゃ怖いよ!!

家で普通にガスを使おうとしたら、神経ガスも一緒出てきて死んじゃうんでしょ? リンや一緒いた警備員さんはちょっと吸っただけでも死んでしまったのに…街がいくつも滅びてしまうじゃないか、怖すぎるよ。

ガス工場で普通に働いている人たちがどんどん死んでいくし。かわいそう。ただ働いていただけなのに!

めんどくさそうな女 シャーリー

NSCの男がセクハラしたっていうのは…なんとなく納得できるし、執拗にシャーリーのところに来て「ここミスじゃないのか?」とか言っているからそうなのかと思ったけど…

ブキャナンが肩触って「よくやったぞ」って言ったくらいで「私の肩を触った…失礼だわ」って…。

めんどくさ!!! 肩触るのもダメなのかよ…。いやもちろんセクハラと感じるかどうかは人それぞれだけども、誰もシャーリーに触れて欲しくないってことなの?

いつも防護服でも着ていれば良いのに。自意識過剰というか、身体に触れることが全て性的なものと結びついてしまうんだろうか。かわいそう…そしてめんどくさい。

家庭に届く前に燃やす!!!

工場からセントックスを撒くってのがわかったのは良いけど、色々惜しくてもうセントックスが撒かれてしまった!

家庭に届く前に燃焼させるって…すごいな。しかしそうでもしないと何もしていない市民がどんどん死んでしまう。

何十万のアメリカの人間とガス工場1つ、だったらガス工場燃やした方が良いよね。すぐに爆発させようと判断するジャックすごいし、普通に爆薬を持っている準備の良さがすごい!

ビエルコが爆風で吹っ飛んだのざまぁ! と思ったけど思ったよりも覚醒が早くてびっくりした。ジャック死なないでくれ…!

コメント

タイトルとURLをコピーしました