相棒13 12話「学び舎」感想・ネタバレ 何故よりによって今なのか

相棒13_R相棒

鈴林です。再放送の録画分を消化。これも見たはずだけどよく覚えてなかったw

SNSが流行り出したころなのかな? 第一次バカッターの頃…なのかしら。SNSに気軽に写真あげると身を滅ぼすから気をつけよう。

スポンサーリンク

相棒13 12話「学び舎」

何故よりによって今なのか

12話 メガネをかけていますね?_R

https://www.tv-asahi.co.jp/aibou_13/contents/story/0012/

大学は生徒のものでも、講師のものでも、理事長のものでもなく、飽くなき探求心を持つ者や知識欲を持つ者のためにある、か…。

細かいところは違うかもしれないけど、こんな感じのこと言ってたよね!w 大学になんとなく行って、講義も特に受けずに自堕落に過ごしてしまう人もいる中で「〇〇を研究したい」とはっきりやりたいことがわかるのって大事なことだし貴重なことだよ。

池本教授は生物学の教授だけど、何かを知ろうとする人や学ぼうとする人に対してとても好意的な人だ。専門外のことであったら、生徒にその発見を譲ろうとしてくれるなんて心がきれいすぎる。

「自分よりも、もっとふさわしい人がいる」と考えて生徒に譲ってくれる人って、実際には超少ないと思うわ。

道しるべも作ってあと少しで久我沢舞にみつけさせることができたのに、大学が勝手に始めた投資ファンドの補填のために知識を売却した理事長。

貴重な資料を売却したことも問題だし、久我沢舞が輝かしい道を歩むきっかけを潰したことも許せなかったんだろう。だから教授会で発言して、買い戻そうとした…んだろうな。

久我沢舞は本当に日本文学が好きなんだと思う。でも日本文学が好きなのと、日本文学科が無くなることは同じことではない。仮に科が無くなってしまったとしても、研究は続けようと思えば続けられる。資料が全て無くなるわけでも、研究することが禁止されるわけでもない。

久我沢舞は「日本文学科を守ること」が自分の研究を守ることとイコールだと勘違いしていたからこそ、池本教授を殺してしまったんだろうな。

 

一番の味方だったのに。ずっと近くで応援してくれていたし、本人よりも教授が一番悔しがってくれていたのに。

悔やんでも悔やみきれないだろうな…。

ネットの世界でも生きている

12話 脅されたんです_R

https://www.tv-asahi.co.jp/aibou_13/contents/story/0012/

SNSの科を作りたいからって生徒の炎上画像を使って生徒を脅すなんて…自家発電が過ぎるでしょ。

実際にはあの助教? の人が何もしなくても、ネット住民がどんどんと拡散させていくんだけどね。バイト先で冷蔵庫入ったとか、全裸になったとか、そういう画像を喜々としてネットにあげて喜ぶ人いるよね。

久我沢舞がやっていたような「脱ぎます!!」というやつとか…。

そういうことしないと注目が集まらないと自覚しているのが何よりも悲しいわ。確かにそんなことしたら注目はあつまるけど、そこまでして集めたいものなのだろうか。そこまで固執していることが異常ってことに気づいた方が良い。

もっとプラスなことで注目されるように頑張ろうよ!!

自分で生徒脅しておいて、授業で「もし拡散されていたら!」とか言うなんて…めちゃくちゃ恥ずかしい。これは結婚は無しですね…。

いつからやり直したって良い

有名な文豪でさえ、何度も自分の文を推敲してやり直している。

天才と言われる者でさえそうなんだから、凡人の私たちはもっともっとやり直しが必要なはずなんだ、という考え方…で良いんだよね?

数回失敗したくらいで落ち込んでいるのではなく、何度やり直したって問題ない。やり直すたびに何か新しい発見があるはずだし、得られるものがあるはず。

12話 光男_R

https://www.tv-asahi.co.jp/aibou_13/contents/story/0012/

「勉強なんて無駄ですよ」と言って株で儲けた中塚光男に、改めて「学ぶこと」の楽しさを伝えられるなんて実際に生き物を調べるのが大好きな池本教授だからこそできたことだろうな。

損か得かではなく、「知りたいか」どうか。

子供の頃は、「こんなことしたって別に得にならないし」なんて考えないw やりたいから虫を捕まえるし、やりたいから虫に残酷なことをしたりするw

損得ではなく「やりたいかどうか」「知りたいかどうか」で選ぶと、それだけで人生は豊かになる、と中塚光男に伝えて改めて学ぶことが楽しいと思わせたのは人徳だわ。

中塚光男には何かしらで成功して欲しい。

過去の相棒の感想は↓こっち↓から 相棒の過去放送を見る方法はココ↓からどうぞ!
スポンサーリンク
相棒
鈴 林をフォローする
プロフィール
記事書いた人
鈴 林

鈴林(りんりん)です。
このブログではドラマとか化粧品系の感想とかが多いです。好きなことしか書いてない感じ

鈴 林をフォローする
2次元なんやかんや

コメント

タイトルとURLをコピーしました