相棒4 4話「密やかな連続殺人」感想・ネタバレ 私を裁くことは誰にもできない

Buddy 4相棒

鈴林です。

この話再放送で何度も見たことあるやつだ~~~!

この回で初めて? 小日向文世さんを認識したようなところがあるから、これ以降小日向さんを見ると

「ウィンパティオ…」が思い浮かぶんだよね。

中二っぽい雰囲気も感じるけど、そういうところもまた良い。面白い。

まさか4話という微妙な話数なのに続いてしまうなんて意外。再放送の時は話数とか気にしてなかったからなぁ。

スポンサーリンク

相棒4 4話「密やかな連続殺人」

まさか続き物とは

さっきも書いたけど、4話という微妙な話数なのに続いてしまうのがもう意外。

1話目とか、10話めとかならまだしも4話という半端な時に続いてしまうなんて珍しいんじゃないだろうか。

脚本家の方も2人関わってるし、この気合? は何なんだろう。

でも何度見てもこの話は面白い。犯人が誰なのか覚えていたとしても、それでも楽しめる。

私を裁くことは誰にもできない

Episode 4 Domination and Slave

村木重雄はパっと見た感じ人を殺せるような正確には見えないのに、これまでの犯行を自供してるんだもんなぁ。

ピアスをみつけられるまでと後では全然違うのがまた印象深い。

まだ犯人、というか謎はあるんだけどそれは次回で説明される気がする。

見たはずなのにはっきり思い出せないのが自分でももどかしいw


支配と隷属の関係を逆転したい、という想いから人を殺し始めたのだろうか。

片耳しかピアスをつけることができない奥さんに、自分の奪ってきたピアスをつけてもらうことで支配した気持ちになれていた…のかな。

Episode 4 Muraki's wife

自分の戦利品を奥さんがつけることで満たされた気持ちになってたのかな。

村木さんの奥さんは特殊な人ではあるけれども、悪人ってわけでもない…ように見える。

村木さんの奥さんが、爪を噛む時とか髪を拭いてる時? の感じとか怖すぎる。

ピアスを奪うことの意味

Episode 4 Meaning of pierced earrings taught by Professor Uchida

耳に着ける装飾品もそうだし、手に着ける装飾品もそうだけど外国や他の宗教の考えだと意味が変わるというのが興味深い。

そういう話大好き。

ピアスを耳に着けるということは悪魔が耳から入らないようにするための魔除けで、そのピアスを取るということは相手を無防備にするということ…で

ピアスを奪うということは相手を支配すると捉えられる、ってとても面白い。

意味を知っているかどうかで、1つの事柄の意味がガラっと変わる。

内田先生が見せてくれた悪魔教? だかなんかの本の悪魔の絵すら覚えてたわ。

Episode 4 Last

この話、好き…というかすごく印象に残る。

ラストの村木が飛び降りるまでの空のCGの感じとか、村木が飛び降りた後の血だまりが翼のように見える感じとか特に。

そういうのも合わせて好き。

画像引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou_04/4/story.html

   相棒の過去放送を見る方法はココ↓からどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました