家政夫のミタゾノ 3話 感想・ネタバレ アンジャッシュ的なことが起こる回

家政夫のミタゾノ2_R

鈴林です!家政夫のミタゾノの放送は続くみたいで良かった。松岡昌宏さんの芝居楽しい。家政夫のミタゾノが楽しみなので中止になったりしたら悲しいわ。

ロリコンの話が出てこなければ…大丈夫!

今回、どうしてED無かったんだろう…。いつもならED流れてるときに「みんなのミタゾノ」が流れるのに…。茂子の歌はどうしたんだよ!!もっと長そうよ!!山口達也さんの事件とは関係ないから大丈夫だよ!!

ラストの「私たちも抱き合う空気ですかね!?」の後の三田園の「あぁ?」がかっこいい。もっとこーいう感じ出して欲しい!w

スポンサーリンク

家政夫のミタゾノ 3話

アンジャッシュのネタっぽい

今回は、三島さんがカバンを取り違えてしまったことから始まるドタバタ劇って感じ。アンジャッシュのネタにありそう。カバンを取り違えてしまったけど外せない用事があるからそのまま行かないといけなくて…そして無理矢理言い訳するってやつ。

3話 力強いですね_R

http://www.tv-asahi.co.jp/mitazono/story/0003/

カバンの中に入っている血まみれの服とか包丁、みんな素手で触っているけどいいんだろうかw指紋とか気にしない感じが違和感だった。

元刑事だという浅野さんにも違和感あったしw

そしてベジタリアンになった

この言葉、意味わからなかったけどあの官能小説では、女が「動いていないと死ぬの」という類のマグロで、主人公はベジタリアン。

その女を「喰った」、ヤったからこそ「野菜だけじゃなくて魚も食べた」という比喩表現なのか。ライチて…。ライチって!!!と思うけど、浅野さんはその作者の作品全巻揃えて暗記までするくらいに好きなんだね。

3話 たかちゃん!_R

http://www.tv-asahi.co.jp/mitazono/story/0003/

官能小説は大っぴらにしづらいけど、きっとファンの多い分野だよね。

官能小説書いてま~~~~す!!

とは言えないし、読んでる!とも大声で言えないけどしかしこれからも生み出され続ける作品。そりゃ彼女に言えないわ…w

不自由させず生活させてやった

この「やった」ってところがムカつくよね!上から目線やんけ!!

そりゃ養ってくれるのは嬉しいけど、なんか…嫌だよね。謙虚さ大切。マミちゃんも言ってたけど「自分が何でも正しい」と思っているところが嫌だわ。

3話 甘いもの好きなんですね_R

http://www.tv-asahi.co.jp/mitazono/story/0003/

自分に自信を持つのは良いことだけど、他人の意見を聞き入れないのは良くないよ。奥さんもきっとそんな生活に息が詰まって辻本と不倫をしたのでは…!

辻本役の池田良さんって…こーいうクズの役多いよなぁ…。クズ顔なんだろうか。良い人そうに見せてクズ!という役が多い気がする。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク