なつぞら 第12週 67話「なつよ、千遥のためにつくれ」感想・ネタバレ 奇跡なんてあるわけないんよ

なつぞら_R 連続テレビ小説 なつぞら

鈴林です。今週のなつぞらのサブタイトルはこういうことか…。ある意味でもう回収していると言える。

月曜日から重い内容だけどこればっかりは仕方ない。戦争の爪痕はずっと残っているということだし、いずれは知るべき問題だった。

スポンサーリンク

なつぞら 第12週 67話「なつよ、千遥のためにつくれ」

千遥は今

67話 私は違います_R

https://realsound.jp/movie/2019/06/post-375421.html

千遥はやっぱりいじめられて…たんだ。トシさんというなっちゃんたちのお母さんの姉妹のような人にいじめられていたのか。お父さんが足を悪くして戻ってきてから、他の家族もいる中で生きていくのが大変だったんだろう。

だから自分の家族ではない千遥に全て当たったんだろう。辛い仕事を押し付け、少ない食べ物しか与えずにいじめる。きっと泣いたりしてくれた方がスッとしたんだろうけど、千遥ちゃんは強いからいつも笑って頑張っていたんだろうな。

67話 幼い頃_R

https://realsound.jp/movie/2019/06/post-375421.html

柴田牧場に行ったばかりのなっちゃんが無理に笑っていたように、きっと千遥ちゃんも無理をして笑っていたんだろう。

でもどこかのタイミングでこれ以上ここに居たら死んでしまう、と思う瞬間があったのかも。だからこそ家出した。

北海道のように行き先が決まっているわけでも無く、柴田家のように本当に心配も……していなかったんじゃないだろうか。新しい引っ越し先を咲太郎に告げず「こちらで仲良くやっているから来なくていい」なんて嘘を言って、あの家族も色々仕方ないところはあるにせよ…それでもなぁ…。

奇跡なんてあるわけないんよ

なっちゃんの誕生日だったのに千遥ちゃんがずっと昔に家出していたことがわかったなんて悲しすぎる。あの家の人たちも、もっと咲太郎たちに伝える方法を探してくれれば良かったのに孤児院に連絡してそれで終わり、ってのもどうなの。

千遥ちゃんが手紙を持って行ったからってそれでもう連絡手段無いだなんて、そんなことあるかよ。

67話 失意_R

https://realsound.jp/movie/2019/06/post-375421.html

なっちゃんも咲太郎もこれまで色々大変だったけど、今は一緒に暮らせて平和になっている。だからこそ千遥ちゃんの苦しみを知らずにここまで生きてきたことに後悔を感じているんだろうな。

幸せに暮らしてごめん、という何とも言えない後悔ではあるけど…きっとすごく後悔している。

67話 届いたプレゼント_R

https://realsound.jp/movie/2019/06/post-375421.html

最後の万年筆のプレゼントだって、きっと余計に千遥への申し訳ない気持ちを感じたはずだ。北海道の住所を千遥ちゃんが持っているなら……柴田家の近くに行っていたり…しないかなぁ…。

このドラマ・映画をネット配信で観よう!

ドラマや映画を見るならU-NEXTが楽です。

U-NEXTについて詳しくは↓

※でも時期によっては、もうそのドラマや映画を配信してないかもしれません。記事を書いた時の情報なので、念のため確認してね!

なつぞら_R→なつぞらを観てみる!←

  他の「なつぞら」の感想などは↓からどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました