なつぞら 第14週 83話「なつよ、十勝さ戻って来い」感想・ネタバレ もう二度と会いません

なつぞら_R 連続テレビ小説 なつぞら

鈴林です。今さらながら金曜日のなつぞら観たんだけど、すごい泣いた。これを朝に見なくてよかったかもしれない。

なんて…悲しい展開に…。

スポンサーリンク

なつぞら 第14週 83話「なつよ、十勝さ戻って来い」

千遥の昔語り

83話 千遥の手紙_R

https://realsound.jp/movie/2019/07/post-384437.html

千遥が親戚の家を逃げ出した後、線路を辿っていけばなっちゃんや咲太郎のいた東京に着けるんじゃないかと思っていたのがもう悲しかった。幼い子供なりに、目的を持っているのが悲しいしそれほどにおばさんの家が嫌だったんだなと感じる。

出会った復員の人は…良い人なんだろうけど、千遥を拾って置屋に売るって……ただの路銀稼ぎじゃん。良くしてあげたんだろうし、良い人ではあるんだろうけどお前…金もらってるのかよ…と思ってなんだか悲しい。しかしリアルだ。

お金が無ければ生きていけないもんね。

置屋のおかみさんが良い人だったのは救いだ。奇跡はどこにでも転がっているものなんだね。そして家柄の良い人との結婚。

いわゆる玉の輿なんだよね。女としての幸せを享受していると言ってもいい。でも過去と決別しなきゃいけないのが悲しい…。仕方ないのはわかっているけどそれでも悲しい…。

もう二度と会いません

逃げるように帰ってしまったし、帯広からの手紙だしまたどこかで会えるのかと思ったけど…二度と会わない覚悟でいたなんて…。悲しい…。

咲太郎もなっちゃんもどれだけ悲しいだろうか。咲太郎からすれば、おばさんからの手紙を信じていたばっかりに千遥に辛い思いをさせてしまって後悔しかないだろう。

なっちゃんも千遥の手紙にある「お姉ちゃんが不幸だったら今の幸せを投げうってでも助けようと思った」という言葉でどれほど嬉しいし悲しかっただろう。今が不幸だったら千遥に会えたけど、でもそんな未来はない。不幸でいれば良かったとも一瞬思ってしまうかもしれない。

柴田牧場で暮らして、泰樹さんや富士子さんたちに良くしてもらって、あたたかく出迎えてもらって。それだけでなっちゃんの幸せを感じたんだろう。

83話 千遥の絵_R

https://realsound.jp/movie/2019/07/post-384437.html

ノブさんの写真を嫌がったのは、これから結婚するにあたって過去がバレるきっかけになるからだろうな。

千遥の絵も…上手くて悲しい…。回想シーンほんとダメだった。すごい泣いた。みんなと同じ思い出を共有している。でももう二度と会うことは叶わないのが悲しい。

83話 服を抱きしめることしかできない_R

https://realsound.jp/movie/2019/07/post-384437.html

服を抱きしめることしかできないのが悲しいわ…。

このドラマ・映画をネット配信で観よう!

ドラマや映画を見るならU-NEXTが楽です。

U-NEXTについて詳しくは↓

※でも時期によっては、もうそのドラマや映画を配信してないかもしれません。記事を書いた時の情報なので、念のため確認してね!

なつぞら_R→なつぞらを観てみる!←

  他の「なつぞら」の感想などは↓からどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました