24 -TWENTY FOUR- シーズン1 6話「午前5時~午前6時」感想・ネタバレ 家族がみんな嘘をついていた

24 -TWENTY FOUR- シーズン1 24 -TWENTY FOUR-

鈴林です。24、トゥエンティフォーって2001年にアメリカで公開されたドラマなんだね…!

日本に来たのは少し遅れて、だとしても2001年って…! 古い!! 今は2019年なのに!!!w

それでも面白く感じるってことは公開年どうこうではなく物語の良さなんだろうな。観ていてすごく面白いわ。

スポンサーリンク

24 -TWENTY FOUR- シーズン1 6話「午前5時~午前6時」

今のところ何も解決していない

6話になって、今のところ何も解決していないけどこれからどうなるんだろうか。謎が深まるばかりじゃん…。むしろ深まるようなことしか起きていない。物事は進んではいるけど完全に解決するのは長いなぁ。

というかみんなずっと起きているけど眠くないんだろうか。あたしならもう眠くてたまらなくなっているよw

家族がみんな嘘をついていた

ニコールがレイプされて、レイプした犯人であるギブソンの元にパーマーの息子であるキースが乗り込んで…そして殴ってしまったということ? ギブソンが刃物を持っていたからこそ余計に殴ってしまい、ギブソンは意識がもうろうとしたまま落ちてしまったということなのかしら?

ニコールのためにキースが乗り込んだことも、そして子どもたちのため・夫のために黙っていた妻のシェリーの気持ちもわかる。愛しているから、野心があるから一緒になったけど、子供が逮捕されるかもしれないのに黙って見てはいないもんね。

ニコールは被害者だ。キースは被害者の家族。シェリーもそう。加害者のギブソンを憎く思うことも仕方ない。

パーマーの言うように、犯罪を犯したのなら…それも人を殺したことに加担したのなら告白すべきだった。それはわかる。でもアメリカで、黒人が白人を傷つけたということはそれだけやっかいなことなんだろうな。

人種が違うのが元からだけど、アメリカだと余計に黒人か白人かを気にする必要がある。それもあって、誰も告白せずに来たんだろう。

このまま秘密にしたままでも良いような気がするけど、モーリーンにバラされちゃいそうだしね。それより前に自分から発表した方が良いに決まっている。

家族みんなでこの問題に立ち向かえるんだろうか。

近くにいた敵

あのズタズタに殺された死体は、本当のアラン・ヨークだったのかよ!!!

テリーに近づいてきた「アラン・ヨーク」は何者なんだろうか。まぁ…キンバリーをさらった奴らの仲間であることには変わりないんだろうけども。

ジャックともテリーとも面識を持って、テリーをどこかに連れ去ろうとしている。ニーナからの電話でアラン・ヨークの現在を知ることができたのは良かったけど、テリーは…生きて帰れるんだろうか。

ジャネットが運ばれた病院の監視カメラが敵にバレているのも謎だ。なんであそこまで病院の中を見ることができるんだ???

海外ドラマを観るなら、Huluでまとめて観よう!

海外ドラマを観るなら絶対にHuluが良いです!

何故なら!! 画質がめっちゃ良い!!! さすが売りにしているだけはある。

Huluで海外ドラマを見てから他に行くと「うわ…画質が気になる…」ってなるので他社との差は歴然ですよ!

Huluは無料期間が2週間

そしてどれだけ観ても、見放題!!

入ってみて、何か違ったな…って思ったなら登録してから14日以内なら解約しても料金はかからない!13日目までにはどうするか決定するのがオススメ。

仮に過ぎてしまっても、1日辺り32円くらいの金額なのでレンタルショップ行くより断然お得です!気になる他のドラマやアニメを観てから解約しただけでも充分元が取れます!

※これを書いた時点での情報なので、見た時点では既に配信されていない可能性もあります。

本当に見られるのか、登録前に要チェックです!

Hulu公式ページはここから!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました