24 -TWENTY FOUR- シーズン5 最終回 24話「午前6時~午前7時」感想・ネタバレ 問題は後回しにしてもまたやってくる

24 -TWENTY FOUR- シーズン524 -TWENTY FOUR-

鈴林です。これまではシーズンの終わりはモヤっとしたりしつつも、ちゃんと終わりを迎えていたのに…!

こんなあからさまに続く様に終わるなんて!! シーズン6は同じ午前6時から始まるじゃん。つまり別の日ということだよね!? 一体ジャックはどうなったんだよーーー! めちゃくちゃ気になるじゃん!!

ところでこのシーズン5は細谷佳正さんがモブ役でたくさん出ているシーズンだったね。後半になるにつれて出番も増えた印象。細谷佳正さんファンの人は見た方が良いシーズンだね。細谷佳正さんを探せ!w

スポンサーリンク

24 -TWENTY FOUR- シーズン5 最終回 24話「午前6時~午前7時」

ローガン大統領を追い詰めるために

もうどこまでが23話でどこからが24話かわからなくなってしまったw それくらいに面白い!

ローガンから自白を取るって言うけど、ジャックが拷問をしないとは意外だった。ローガンといえど拷問するかと思ったのに、まさかしないとは。手持ちの物を色々投げ出していたけど、あの時にペンに仕掛けていた…んだろうか。

本来ならあの廃工場でローガンから自白を取れるのが理想だったんだろうけど、ローガンは何もしゃべらなかった。ジャックがシークレットサービス達に捕まってどうなるかと思ったわ。

マーサがデイビッド・パーマーの棺を前にして「この人殺し!」と言い出すのは自然に見えた。もしかしてあれも計画の内だったんだろうか。そうだとしたらマーサはすごい演技派だな!!

 

怒ったローガンとマーサの会話で新たな自白を聞き出し、それを司法長官に引き渡すなんてさすがすぎる。ローガンもマーサについている盗聴器を疑っていたけど、まさか自分についているとは考えなかったんだな。

あの録音を聞けば、司法長官でもそうじゃなくてもローガンが黒幕だったとわかる…。

ローガンが無事逮捕されて本当によかった。

結局メガネかけてウィスキーをいつも飲んでた男たちの正体はわからないままだけど、あいつらは一体何だったんだろう?

問題は後回しにしてもまたやってくる

キンバリーから電話だというから何かと思ったら、中国の手先だったのかーーー。ロシア人っぽいメガネのハゲ達が教えたのかな? そういえば中国はジャックのこと許してないもんね…。

連れ去られて少し経ったらジャックがボロボロになっていてびっくりした。あんなになるまで痛めつけるなんて…。

ジャックをすぐに殺さずに中国に連れて帰ろうとしているし。バーンズ? だっけ? あいつが連れ去られようとしていたウイグル自治区にあるという刑務所に入れられるんだろうか。

ジャック…。ジャックが中国に行ったままシーズン6は始まるの?? ジャックを助けてくれよー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました