麒麟がくる 5話「伊平次を探せ」 感想・ネタバレ 同郷の強み

麒麟がくる_R麒麟がくる

鈴林です。いつの間にか作中で1年経過しててびっくりしたw 松永久秀から銃を買ってもらってもう1年経過しているのかー。

向井理イケメンだった。烏帽子、似合う。いや何してても似合うんだろうけど。学校で習った歴史知識がかろうじて残っている部類でしかないけど、向井理がいずれ将軍の雅な雰囲気でなくなってしまうのか…という謎の悲しさがある。

スポンサーリンク

麒麟がくる 5話「伊平次を探せ」

同郷の強み

伊平次と十兵衛は幼馴染? だったのかよーー! 強いー!!w すごい強い繋がり!

子供の頃一緒に遊んだ記憶がある、とかだけじゃなくて十兵衛が井戸に落ちた伊平次を助けたことがある、なんてすごい運命的な繋がりじゃん!!

伊平次に至っては井戸から助けられたことをすごくありがたがってるし。

「あの時は本当にありがとうございました」

って丁寧に頭まで下げてて…。今ではそんなことする人いるかな…と考えてしまった。

 

小さい頃に命を助けてくれた同郷の友達に会っても、ああやって頭を下げることは無いだろうしそれを使って、と言えば語弊があるけど「鉄砲のことについて教えてくれ」と言われたら…

「昔のことを理由にゆすりに来たのか?」と考える人だっていそう…。

色んな意味で良い世界だな、と思った。

伊平次と一緒に子どもの頃の話をしているあの空気感すっごいかわいい。そして置いてかれて寂しい松永久秀も面白いw

1人になっちゃったから仕方なく女の子に話しかけるけど、そこまで話も無いからすぐに終わるっていうあのどうしようも無い感じw

「ワシを置いていくな!」ってはっきり言えるところ良いとこ!!

 

しれっと銃20丁を頼むところはさすがだ。さすが調子良い!!

銃があることの抑止力

5話 動くな!_R麒麟がくる公式ツイッターより

アメリカの銃協会? の言い分みたいなものを松永久秀が言っていて

鈴林
鈴林

いつの時代も抑止力って大事なんだなー

と感じた。相手が武器を持っているならこちらも構えなければならない。銃を持っているだけで、相手に向けるだけで優位に立てるってのは強いよね。だからこそみんな持ちたがる。

戦においてもそうだ、と考え至るのも当然だ。次々に撃てない火縄銃であっても、たった1発相手に当たればそれで死に至らしめる道具。

銃をたくさん持っているからと言って「戦をやめるかどうか」はわからないけど、考える材料にはなるよね。

理不尽を通す!

細川藤孝さんの言い分が理不尽すぎて笑えたw 鉄砲を持っているだけで怪しい、と思うのは良いとしても…あんなに公衆の面前にいたのに

「しかるべき人を狙うよう言われて狙いに来たのでは?」

って…w とんでもすぎる言い分でしょw 狙うつもりだとしても、なんで鉄砲持って堂々と本能寺に行くんだよw ドジというか周りのことを考えなさ過ぎだろう!!w 堂々と狙いに行きすぎ!!

そんな刺客おらんやろ!! もっと目立たない格好で行くよ!!w

 

理不尽に対して戦おうとする明智十兵衛光秀かっこいい。でもTwitter見ると、刀にトンボが止まったって書いてあって…w 微笑ましいなw

コメント

タイトルとURLをコピーしました