麒麟がくる 9話「信長の失敗」 感想・ネタバレ 父上に喜んでもらいたくて

麒麟がくる_R麒麟がくる

鈴林です。大河ドラマの主人公は明智十兵衛光秀なのに、半分以上出てこなくてじわじわとウケたw それでも面白く感じるから逆に新しいのか!?

これまでの織田信長とちょっと違うような気もしなくもない。菊丸が実はすごい奴だったってのがすぐにわかって意外だった。ただの農民みたいな奴じゃないんだな。

スポンサーリンク

麒麟がくる 9話「信長の失敗」

菊丸は何なの?

菊丸は忍び的な立ち位置なの? 松平広忠が襲われているのを見て助けないのは、仕方ない。自分にできることとできないことをわかっているってことだと理解した。

松平広忠を狙う奴らは、前に十兵衛を助けてくれた人たちと同じなんだろうか? でも菊丸は織田方だろうって当たりをつけてたし、それで当たってたしなぁ…。

昔の人たちってめちゃくちゃ弓上手いよね。弓道やってたけど、あんな風に狙って射ることはできなかったよ。射形とかよりも、的に当たることを重点的に考えてるんだろうな、と毎回感じる。

矢が体に当たっただけでも痛そうなのに、更に刀? みたいな物が刺さるわ生きたまま首を斬られるわで…この時代の武将って…辛い。菊丸が松平広忠のところに近寄って探っていたのは、死体から何か物色して売るためだと思ったけど、まさか城に持ち帰るとは。

鈴林
鈴林

普通の農民みたいななりをしているのに直接会えるもんなの!?

と思ったけど、竹千代のお母さんからは「そなただけが頼りじゃ」とまで言われてるし菊丸は何なんだ!?

竹千代のことを誰より気づかっているからこそ、前に十兵衛が竹千代に優しく接してくれたのは嬉しかっただろうな。今後あのシーンが生きてきそう。

父上に喜んでもらいたくて

9話 引き出物がございます_R麒麟がくる公式ツイッターより

お父さんに喜んでもらいたいからって、松平広忠の首を結婚の引き出物として出すってすごい神経してるな!!w

あの大きな器を見て

鈴林
鈴林

もしや首桶…?

と思ったけどマジだった。信秀も気づけよ~~~。どう見ても首桶じゃ~~~ん。まぁ気づかない方がドラマ的に面白いんだろうけども。

ウキウキで人殺して首持ってくるってすごいことだわ。実際にこの時代だと、そんなことをして褒められる可能性があるんだもんなぁ。人の生死について時代によって価値観が違うってのをしみじみと感じる。

いつもは優しそうな笑顔で人懐っこいけど、信秀に「このうつけが!」って叱られた後は竹千代に八つ当たりするくらいイライラしちゃうところが…後の第六天魔王の片鱗なんだろうか。

 

帰蝶が十兵衛のことを嬉しそうに話しちゃうのはハラハラしたw 嫁入りしたばっかなのに好きな人のことを話すなよ! たぶんバレてるぞ!!

帰蝶が竹千代に話しかけたのは「人質」という面で共通点を感じたからかな。竹千代となら十兵衛の話ができるかもしれないよ!!

煕子との再会

この漢字に馴染みがなさすぎて合っているのかわからないが、たぶん合っている!!w

9話 煕子!麒麟がくる公式ツイッターより

十兵衛に幼馴染多いな~、と思うけどこの時代だとそこまで珍しくも無いのかな。遠くに引っ越すようなことも無いだろうし、子供時代の友人は死んでいなければそのままずっとそこにいる…って感じなのかもしれない。

十兵衛が煕子のこと気になるのめっちゃ早くない!? そういうものなのか!? 帰蝶のことから立ち直ろうとした時間は過ぎ去ったということなんだろうか。

お駒ちゃんはめちゃくちゃ傷心中だけどね…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました