24 -TWENTY FOUR- シーズン2 13話「午後8時~午後9時」感想・ネタバレ キンバリーがエロい格好でウロウロしてるの気になる

24 -TWENTY FOUR- シーズン2.jpg24 -TWENTY FOUR-

鈴林です。そろそろ登場人物が多くて何が何だかよくわからなくなってきたような気がする。顔はわかるんだけど、名前までは出てこなかったりするから難しい。

キンバリーを助けてくれた森林警備隊の人はロニー、というのか。ロニーは良い人なんだけど…。

ロスが爆破されて閃光が走ったとか、他の無線やラジオも聞けなくなったって嘘を言うところが怪しい。キンバリーと一緒シェルターにこもって、キンバリーを襲う気なんじゃないだろうか。

キンバリーがジャックのことを思って泣くのは嬉しいけど、しかし…あそこに居るのは危険な気がする。

スポンサーリンク

24 -TWENTY FOUR- シーズン2 13話「午後8時~午後9時」

まだ爆弾はみつからず

みつけたと思ったのにーーー! コーラル…なんとか部隊という秘密部隊の奴らは7人中6人が死体で発見された。あと一人が裏切ったということなの? あと1人はどこに行ったんだよ!

大統領に「お前の政策弱腰すぎでしょ!」って言うためにわざわざ核爆弾をアメリカに入れてしまったなんて…。もっと大事なことあるじゃーーん! わざわざ税関とか検閲も通るようにするなんて用意周到すぎでしょ! どんだけ変えたかったんだよ。

結局特殊部隊の人らは1人を除いてみんな死んじゃって爆弾は野放し状態だし。全く意味がない。

やっと爆弾をみつけて、飛行機に乗った奴を捕まえたと思ったら載せているのは爆弾じゃないし。

違うんかーーーい! 確かに13話で爆弾みつけちゃったら残りの話数どうするんだろう、とは思ったけども。

マリーが本物の爆弾を持っているということなんだろうか? ロスのど真ん中で爆発させるつもり…とか?

メイソンが痛々しい

メイソンを見ていると辛い。とうとう皮膚がただれてきてしまっているじゃないか…。ゆっくり家族に囲まれて静かな時を過ごして欲しい。息子に会えたのが何よりだけど、まだCTUで働いていなければいけないのが辛い。

CTUという組織であっても、本部と現場で働いている人の間では溝があるものなんだな。ロスで爆弾が爆発しそうなのに引っ越せだなんて…無理やん。

メイソンの腕がただれているのを知らずにおじさんが右腕に触るのが…痛そう。スーツを着るだけでもあんなに辛そうだったのに。握られるのは相当痛いだろうに。

メイソンの状況を知っている人は数人だけど、見守るのも辛いだろうな。

シェリーに聞いてくれ

ロジャーもさすがに拷問に耐えられなかったか。いつまで続くともしれない拷問、そして特にロジャー自身に大きな意義があるわけでもないからね。秘密を保持しているだけ損だよ。

あのコーラルスネーク? という部隊のことや、だいぶ前から爆弾のことを知っているのを吐いてくれたのは良かった。

シェリーのことを言うのは意外だった。これ以上シェリーのことを黙っているのも、ロジャーにとっては損だしね。シェリーはやっとパーマーの懐に入り込めそうだったのに…これはまた信用失いますわ。

このドラマ・映画をネット配信で観よう!

ドラマや映画を見るならU-NEXTが楽です。

U-NEXTについて詳しくは↓

※でも時期によっては、もうそのドラマや映画を配信してないかもしれません。記事を書いた時の情報なので、念のため確認してね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました