24 -TWENTY FOUR- シーズン6 6話「午前11時~正午」感想・ネタバレ 親子で手の内を見せあったな

24 -TWENTY FOUR- シーズン624 -TWENTY FOUR-

鈴林です。ジャックの家族が色々と観られる回。

カーティスがいないのが普通になっているのが悲しい。そりゃ確かに悲しんでいる暇はないけども…これまでも途中で死んでしまった人に対して過度に悼むようなことは無かったけど…。しかし悲しいな。

スポンサーリンク

24 -TWENTY FOUR- シーズン6 6話「午前11時~正午」

生まれでの差別

トムによる政策? というか作戦が最低すぎる。生まれが中東系だからってCTUに勤める人でさえもアクセス制限がかかるなんてひどいじゃないか。何を信じていようと、どの人種であろうと自由であることは変わらないはずなのに。

ナディアがマイロに対して何も言えなかったのもわかる。

「私が中東系だから差別されてるの」

なんて部下? 同僚に言うことなんてできないし、それで同情されたりしたら悲しいもの。今はどうすることもできないとはいえムカつくわ。

トムのように考えることも理解できるけど、行動に移すのは安直であるとしか思えない。

カレンが反対意見を持っているからって、無理矢理辞めさせるのもすごい腹が立つ。ウェインだってトムと折り合いが悪いのも理解しているけど、反対意見だからこそ大事にしていたというのに。イエスマンばかりではよくないと理解しているのは大切だよね。

カレンはCTUに配置換えってことになるようだけど…しかし残念だ。

 

ワリードが入っている収容施設だって、ただ暮らしていただけなのに怪しいというだけで施設に集められて…そりゃ怒りも溜まるよ。アメリカのこと嫌いにもなるよ。

ワリードはFBIに言われてやっていたけど、スパイだったというだけでタコ殴りにされるのがとてもかわいそう。ワリード無事だと良いけど…。

親子で手の内を見せあったな

グラハムの言う通り、親子の手の内を見せあったわ。

ところでグラハムって…グレイって略すんだ。

 

グラハムの部下として、ジャックのお父さん、フィリップの下についていたのか。だからフィリップの命令を聞かずに、ジャックとフィリップを捕らえさせた。そういえばグラハムの部下の1人はシーズン5にも出ていた気がする。

グラハムも本性を出してきた。CTUからの援軍を殺し、ジャックと自分の父親を捕らえてどこかに連れて行ってしまったし。

どうするんだろう。前回ジャックを殺そうとしたけど、自らジャックを殺すんだろうか。

グラハムの言う、死んだお姉さんのことも気にかかる。ジャックが家を離れた理由と繋がってたりするのか? ってかグラハムとジャックの仲が悪すぎるんだよなぁ…。

お父さんのフィリップはまだ息子どちらも大事にしているようなんだけども。これからどうなるんだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました