24 -TWENTY FOUR- シーズン5 18話「午前零時~午前1時」感想・ネタバレ ジャックとヘラー国防長官の意見の相違

24 -TWENTY FOUR- シーズン524 -TWENTY FOUR-

鈴林です。24のシーズン5もいよいよ佳境に入って来た。ビエルコの逮捕がはるか昔のようだし、神経ガスによる脅威も昔のようだわ。

アーロンの出番がどんどんと増えてとても嬉しいけど、アーロンが生きているのか心配だ。

スポンサーリンク

24 -TWENTY FOUR- シーズン5 18話「午前零時~午前1時」

ジャックとヘラー国防長官の意見の相違

ヘラー国防長官に録音を渡せて、そして聞かせられたところまでは良かったけどヘラー国防長官と同じ考えにならないとは…。

でもヘラー国防長官の言うことも理解できる。あの録音データを世界に公表して大統領を罪に問えば、ロシアとの関係は最悪だ。今後二度と信用されないのではないか、という危険性すらある。

自国に招いて条約を締結したかと思えば、神経ガスをモスクワに着く前に撒いて石油の利権を得ようとしていただなんて…。そのことで死んでしまう人の人数、人生などを考えずにアメリカの得だけ考えての行動。

そんなことをしようとした国を誰も信用しないでしょ。世界からの信用は無くなるし、アメリカという国も終わってしまう可能性を秘めている。それくらいのことをローガンは行った。

でも…ヘラー国防長官の策は確かに愚策だった。

言葉だけで辞めさせることができたのならジャックはここまで頑張ってない。ヘンダーソンという有能な部下がいるからこそ、手段を問わずに証拠を奪う可能性があるから心配していたのに…。

 

そのせいで、と言ったら変だけどオードリーもケガをさせられちゃったし。二の腕にある大きな血管に傷をつけるとあんなに短時間で死んでしまうものなのか。それを熟知しているヘンダーソンが怖いわ。

ジャックもあんな状況になったら、オードリーを見捨てるわけにもいかないだろう…。証拠は処分されるかもしれないけど、取り戻せる可能性もある。でもオードリーが死んだら戻ってこないからね。

 

証拠を奪われたことでローガンは急に強気になってヘラー長官を辞めさせようとするし、これどうなるんや…。ガードナー副大統領が有能であることを願う。

アーロンはどこへ

アーロンは一体どこへ行ってしまったんだ!!

マーサに何が気になっているのか聞かれて答えそうになるのは仕方ないにしても、外で話そうとしてどこかに消えてしまうなんて…。しかも携帯を置いていなくなるというところが怖い。

ヘンダーソン以外にもローガン達の仲間が別荘にいるということなんだろうか。マーサにローガンが黒幕だってことを伝えるのは気が引けるけど、協力してくれる可能性もあるし…。言って欲しかったのに。

有能過ぎるクロエ

ブキャナンが久々に出てきてくれたのも嬉しいけども、クロエがずっと有能すぎでとても面白い。

クロエがオードリーに繋がる鍵を持っている、と狙うのは良いけどもクロエを逮捕することも…無いんじゃないかと思って…しまう。確かに命令に背いているのは良くないけども、クロエやジャックがしていることは正しいことだよ!

マイルズからキーカードをするりと抜きとって、しれっと外に出ていくの本当にすごい。有能過ぎか。クロエすごいな。

そしてシャーリー? シャリー? こいつ言っていることとやってることが違いすぎるだろ。マイルズのセクハラ問題のやつ、クロエは助けてあげたのにクロエがピンチの時には進んで手を貸してくれないし。

クロエに「精神鑑定されたら都合が悪いでしょ?」って言われて黙るなんて、心当たりがあるってことだよな…。あいつ…ろくな奴じゃない。

CTUから持ってきたPCで、ブキャナンの家でなんとかできるんだろうか。あの家にウェインもいるんじゃないか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました