24 -TWENTY FOUR- シーズン8 18話「午前9時~午前10時」感想・ネタバレ 求めるものの違い

24 -TWENTY FOUR- シーズン8_R24 -TWENTY FOUR-

鈴林です。雲行きが怪しくなってきた。

ジャックのしていることは、これまでアメリカのためになっていたし結果としていい方向に進んでいたけど…

ここに来て国にも裏切られるの?? ルネを失って、その後で国への信頼すらも揺らいでしまうの?

ジャック…どうしたらもっと幸せに生きられるんだよ…。

スポンサーリンク

24 -TWENTY FOUR- シーズン8 18話「午前9時~午前10時」

ルネを殺した奴を追って

バザエフって誰かと思ったけど、次男が被ばくして弱っていたところを殺したり長男は父を裏切って核物質をカミスタンに引き渡したりした…あの父親か。

バザエフの裁判、というか保釈がどうこうというところまで話が進んでいるの早いな。バザエフが捕まってからまだ1日経過してないのにもう保釈の話をしているのかよ。

 

ルネが亡くなった後のジャック、とてもつらそうだった。この事件に加わったのはジャックのせいじゃないけど、ジャックはきっと自分を責めているだろう。

もっとルネがこの事件に関わらないようにしていれば、突入作戦にルネを参加させていなければ…色々考えたと思う。でももう遅い。

ルネに家族がいるのかどうか、どこにいるのか…そんなことを話す前にルネは殺されてしまった。何も知らない自分が無力に感じて、虚しかったと思う。

そんなジャックがルネの復讐に燃えるのを責めることなんてできない。そうでもしないと自分を保っていられないし、正常でいられないかもしれない。

 

クロエがCTUの支部長になったことで、ジャックはお願いしやすくなったよね。クロエはジャックの危険性は理解しているけれど、ジャックのことを止められるわけでもないことをわかっている。

バザエフがいるところに入った時、ジャックの様子は他と比べて浮いてた。1人だけ戦場にいるようだった。

バザエフを脅す時に言っていた「家族の命は無いと思え」は本当だろう。もしバザエフがウソを言ったり、真実を言わなかったら実行に移したと思う。

そう感じたから、バザエフも知っていることを話してくれたんだろう。

求めるものの違い

ローガンが何を材料にしてロシアを脅すのかと思ったら、ロシアが黒幕だと知っていたのか。

テイラー大統領には「知ったのは最近」と言っていたけど、それも本当かわからない。ロシアが黒幕と知っていながら、それを黙っている代わりに和平プロセスに同意するよう求めるなんて…矛盾している。

しかしそれだけこの和平には労力がかかっているし、時間も手間も何もかもかかっているんだろう。

だからテイラー大統領は真実を知ってもロシアを切り捨てることはできなかった。

ダリアに「ロシアはハッサン大統領を殺そうとした者たちを支援していた」なんて言ったら、確実に和平は終了する。

だから話さない。

 

 

ジャックからの免責依頼も、ロシアを交渉のテーブルにあげて和平に同意を示させるために拒否する。

カミスタンと他の国との和平プロセスってのが大事なのもわかる。それをすることで多くの国が助かるのもわかる。

テイラー大統領は平和を求め、ジャックは正義を求める。

本当にテイラー大統領の思惑通りに平和は手に入るの??

 

でも…ジャックはこれまでテイラー大統領を助け、アメリカを何度も救ってきた。そのジャックの復讐と正義を為す行為すら止めるなんてひどすぎないだろうか。

これまでアメリカのために頑張ってくれたジャックに対してあまりにもひどい仕打ち。

和平プロセスを成功させるためにどれだけ大変だったかはわからないけど、イーサンの言う通りやめるべきだったよ。

ジャックが反対するのをわかっていて、直接説得に来たんだろう。空軍基地に移送して聴取を取るってのも、会議が終わるまでの時間稼ぎも兼ねているんだよね。

ジャックに邪魔されないために別のところに留めておこうとする措置だろう。

 

そりゃぁ…ジャックもヘリを盗むさ。

ルネは真実に近づいたから殺された。ジャックの大事な人だった。これからもっと幸せになるはずだったのに。

和平プロセスのために殺人を許すなんて、おかしいでしょう。矛盾しているでしょう。

ジャックの言う通り、ロシアはカミスタンの反対勢力を利用してアメリカに核物質を持ち込みマンハッタンを吹っ飛ばそうとしていた。

そんな人たちと和平プロセスを結んで本当に良いんだろうか。

 

ジャック…。ヘリを盗んだことで、軍からも狙われるだろうけどジャックなら逃げきれそう。

ここからの展開つらそうだな…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました