アドセンスのads.txtをルートドメインに設置してみた!

アドセンスのやつ2_R

鈴林です!ブログやってる人ならもう知っていると思うけど、なんかGoogleちゃんがアドセンスの管理画面とかで

要注意!アドセンスサイト運営者IDが含まれていないads.txtファイルがあるよ!お金に影響出ないように早く修正しよう!!

的な文字出てると思うんですよ。

でも調べても何言ってるかよくわかんないし。でも検索すると

「やんなくても大丈夫ってGoogleも言ってるし、やらなくておk」ってサイトもあるじゃん。

でもさっき私メールで

「ads.txtをやらないと、広告止めちゃうんだから!!」

ってメール来たんですよw

元々やろうと思ってたけど、俄然やる気が出ました。不安だから備忘録がてら色々ここに書いていこうと思います。せっかくやってるからね。もうネットでメモやで。

スポンサーリンク

アドセンスのads.txtをルートドメインに設置してみた!

そもそもads.txtってなんだよ

これ、もちろんもうGoogleちゃんは説明してます。

のページね。ここからはこのページの私なりの解釈。違うとこもあると思われ。

アドセンス取る時になんか色々やったと思うけど、あの一連の手続きを経た時点でGoogleちゃんに認められてるもんだと思うんですよ。しかし更に、認証制度を付けたいってのが…ads.txtなんじゃないかと。

今はネットについての知識も深い人もいるし、アドセンス狩りとかもあるそうじゃないですか。物騒な世の中ですよ(´・ω・`)

なので、ads.txtを設置して

「このサイトはぁ!!Googleちゃんに公認された!!アドセンスを貼って良いサイトでぇえええええす!!!」

ってGoogleのクローラーちゃんにお知らせするため…かなぁ、と私は思うんですよ(゚∀゚)

ads.txtを作ってみよう

私はGoogleちゃんからメール来たけど…みんな来るものなんだろうか??これも、さっきの

に作り方が書いてあるので、私なりの解釈で書く。

google.com,pub-*****,DIRECT, f08c47fec0942fa0

個人でアドセンスやってる人だったら、これにあてはめれば良いはずなんですよ。

これは自分でドメイン取って使ってる前提ね。

左から順番に説明すると。

ドメイン名このサイトだと unatia.net がドメイン。これあたしが取ったやつ。

アカーーン!!!(;´・ω・)自分のドメインかと思ったけど違う!!

google.comだ!これを入れろってメールにも書いてあった!!自分のアドセンス運営者IDを入れるだけだ!!教えてくれていたのに…私は一体何を!!

自分のドメイン名って…クローラーちゃんが来てくれてる時点で…わかるよね…w今更って話や!!w

pub-****:ってのは、アドセンス運営者ID。

アドセンスの管理画面で。「設定>アカウント情報」と進むと、サイト運営者IDのところに書いてあるよ。人それぞれあるので、頑張れ!(゚∀゚)

DIRECT:これは、「このアドセンスは私本人が取りました!!」って時に使うもの…という認識で良いと思う。私が直接アドセンスを申し込みましたって時にやる…感じ?

もう一つの「RESELLER」ってのは、自分以外の誰かが間に入ってるって認識。

これは、俺のアドセンスだ!!って人はDIRECT入れよう。

最後のやつは、これみんな一緒っぽい。認証機関のID、とあるけど…よくわからない。省略してもいいらしい。

Google のサイト運営者のアカウントの場合、TAG ID はf08c47fec0942fa0 です。

https://support.google.com/adsense/answer/7532444?hl=ja

って書いてあるし、このページのads.txtの例にも入ってるし、この文字列で良いと思う。

一つのアドセンスアカウントを、複数のサイトに使ってる人は最初のドメイン名のところを変えるだけで大丈夫だと思う(*’ω’*)

ルートドメインって何?

ルートドメイン…この単語が出てきただけで、このGoogleちゃんの説明をぶん投げようと思ったw

このサイトの説明がすごくわかりやすい。好き。このサイトが好き!!(゚∀゚)

要は…ドメインのすぐ下!わかりやすいとこ!!

ads.txtは玄関置いといて!!

ってこと…なんだと思う。とりあえずあたしはドメイン直下ってのに置く。

ads.txtを作ってドメイン直下に置いてみよう!

さぁやってみよう!

ads.txtも作った!あとはドメイン直下に入れるのみ!!

詳しい人じゃないからわからないけど…こーいう時にFFFTPとかを使うんですよ。設定とかわかんない人は、それはそれで…ググっておくれ…w

私うまく説明できない。もっとうまく説明している人、いる。

私はサーバーをMixHostちゃんにしたんだけど、サーバーごとに違ったりするしそもそもサーバーの方で説明されてたりするので…そっちを見てね。

だから…

うぃんSP_R

こんな感じの画面が出るじゃん。これはFFFTPじゃないけど、似たような画面が出るじゃないですか。右側が、ドメイン名書かれたフォルダでその中にいっぱいワードプレスのデータ入ってるじゃん。

この、右側のフォルダ開けてすぐのところに入れたらいいと思うのよね。

どうやって入れようかわからなかったけど、直書き?たぶんできないし怖いから

「ads.txt」って名前をつけてぶちこんでみます!

ぶちこんでみた…。

ぶちこみ後_R

ぶちこんでも…とりあえずサイト開けるしダッシュボード行けるからOK。

このads.txtをGoogleちゃんが認識するまで最大24時間かかるらしいので、しばらくこれで待ち!!どうなったかここでお知らせするです!!\(^o^)/

やってみた結果!!

結局…ads.txtは…本当に作らなくてもよかった…かもしれないw

作れたぞ~~~!\(^o^)/と思ったらドメイン名のところ間違ってるしで「大丈夫かな」って思ったけど、ツイッターで何故かこの記事に「いいね」してくれた方のブログ読んだら…

警告消えました!!やったぁあああ!

この記事!!良かったぁ~~!とにかく警告消えたし大丈夫かな(゚∀゚)ads.txtもいらなかったかもしれないけど、あったからって特に今大きな問題も無いし。Googleちゃんにもわかりやすいし…いいかしら。

ads.txtがあると…

ルートドメインに ads.txt ファイルが設置されている場合、Google はファイルの記載内容から、そのルートドメインで広告配信を認められる Google 販売者アカウントを特定します。

あるサイトから広告のリクエストがあると、Google はそのサイトのルートドメインに ads.txt ファイルがあるかどうか確認します。ads.txt ファイルがない場合、通常どおり広告が配信されます。ads.txt ファイルがあり、サイト運営者の ID が正しく記載されている場合、リクエストに対してオークションが実施され、オークションに勝った広告が返されます。ads.txt ファイルがあり、サイト運営者の ID が正しく記載されていない場合、そのリクエストに対してオークションは実施されません。

https://support.google.com/adsense/answer/7532444?hl=ja

とあるけど…要は、自分の広告スペースをGoogleちゃんの方で競りにかけてくれる…ってことなのかな。

Googleちゃんのお墨付きをもらっている人、アカウントIDをちゃんと表示されてる人のは競争のスタートラインに立てるけど、そうじゃない人はダメだよってことだよね。

ズルしたりGoogleちゃんの言いつけを守らない人はダメだよ~~ってことか…な?

まぁやらないに越したことは無いよね!!

いや~~しかし終わってよかったw

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク