相棒3 12話「予告殺人」感想・ネタバレ 俺の親切を無駄にしやがって

Buddy 3相棒

鈴林です。

今はこんな風な予告殺人が起こることは減った…というかほぼほぼ無くなったけど、実際に標的とされた人は相当に怖いだろうな。

そしてストーカーによる事件についても同じように思う。

今は放送当時ほどストーカーに関して法が整っているわけじゃないけど、当時は…色々つらいところもあったんだろうな。

何か起こってからじゃないとどうにもできないというのは、時には難しいこともあるよね。

スポンサーリンク

相棒3 12話「予告殺人」

俺の親切を無駄にしやがって

始まってすぐに佐藤愛さんのお姉さんが、警察と周りにいた人の無関心により殺された…的なことが描かれていたからそれ関連かと思ったけど

全く違うものだった。

美和子が窓口として指定されたのは、かつてタクシー運転手に「疲れてるから話しかけないで」と言ったからだし

佐藤愛さんが狙われたのは忘れもののバッグを届けたのにお礼も言ってもらえなかったから。

きっと他の人も似たような感じでちょっとした不親切やちょっとした塩対応によって殺されてしまった人なんだろう。

伊藤洋子さんもお客様アンケートで苦情を送っていたみたいだったし、それを読んだのかな?

「そんなことで殺すなんて」とどうしても思ってしまうけど、犯人からしたらそれは「そんなこと」ではないんだよな。

きっと…何かしらギリギリの状態にいるのに、親切や気遣いをした。

なのにそれを無下にされたから怒っているんだよね。だから殺す、というのはやりすぎだけれども。

大きな事件には大きな動機があるわけでもない、というのが現実なんだよな。

そういうところを描くのもさすが相棒という感じがする。

警察は何もしてくれなかった

Episode 12 She doesn't speak anything

現実でもストーカー被害を訴えていたのに、結局警察に何もしてもらえなくて殺されてしまう…という事件が相次いだからこそ

今(2021年)ではストーカーに関して警察はある程度動いてくれるようになった…と記憶している。

ストーカーによって追い回された挙句に殺されてしまうなんて辛すぎる。

周りにいた人が助けられなかったのか、と思うのは当然だけどナイフを持った犯人に立ち向かうことができる人ってどれくらいいるんだろうか。

正しい行動としては何もせずにいることなんだけど…助けたくなる気持ちもわかるし、何もできずに見守ってしまう気持ちもわかる。

誰だって自分が大切だもんな。


亀山さんが犯罪被害者の会に参加したのは、きっと捜査一課から押し付けられてのことだったんだろう。

でも事件が解決した後は伊丹さんも芹沢さんも参加していた。

佐藤愛さんが勇気を出したからこその結果だよね。

亀山さんが王子東署に無理矢理愛さんを連れて行ったのは、助けを求める人たちの姿を見せたいからだんたんだね。

同じような名前の人はたくさんいるし、何もしないで殺されるのを待ちたい人はいないからね。

   相棒の過去放送を見る方法はココ↓からどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました