相棒9 14話「右京のスーツ」感想・ネタバレ テーラーの誇りのために

相棒9_R相棒

鈴林です。

面白かった…!

なんとなく犯人を覚えている回ではあったけれども、それでも面白いと感じるのが相棒の良いところだ。

オーダーメイドのスーツ、作ろうと思ったこともないなぁ。

スポンサーリンク

相棒9 14話「右京のスーツ」

テーラーの誇りのために

Episode 13 Furuya Clothing Store

今回の被害者の樋村がひどい人間すぎてさぁ…。

殺されても悲しくならない人だった。

古谷さんが過去に傷害で逮捕されたことがあっても、これまで作ってきたスーツという実績があるからお客さんは離れないと思うけど…どうなのかな。

銀座の名店と言われるお店だったし、やはり悪い噂が立ってやっていくことは難しくなってしまうのかも…しれない。

客の情報を売ってしまう笹原真紀は許せないけれども、古谷さんのためだしなぁ…でもなぁ…。

古谷さんのためだったとはいえ、テーラーとしてやってはいけないことだったんだし…やはり許せない。

古谷さんのように「そうなったらこの店が無くなるだけです」とかなんとか言って欲しかった。

古谷さんに相談とかしていれば、安藤さんの情報が樋村に渡ることもなく古谷さんが殺人を犯すこともなかったのに…と思ってしまう。

古谷さんは過去に自分を救ってくれた先代のように、笹原さんを受け入れたんだね。

過去の自分を救うように笹原さんを助けた。

女だからダメ、とかではなく笹原真紀というテーラーの実力をわかっているからこそ英國堂にも頭を下げた。

樋村を殺したのだって、樋村が笹原さんのことを悪く言ったから…というのもあるだろう。

出所してからまたスーツを仕立てる…というのは難しいかもしれないけれども、きっと「古谷さんじゃないとダメだ」というお客さんはいるはずだからまたスーツを仕立ててほしい。

趣味のことで脅される

安藤さんの趣味は誰にも迷惑かけてないのに!!!

そりゃあ「男性が女性ものの下着を身に着ける」って普通ではないけれどもさ、マジで誰にも迷惑かけてないのに!!!!

透けないようにスーツで配慮までしているのに!!!

なんで樋村みたいなクズに脅されないといけないんだ。

奥さんが無くなってから女とどうこうとかも無いし、悪いことじゃないのに…。

社長がそんな趣味を…ってだけで後ろ指をさされてしまうのがかわいそう。

古谷さんへの信頼が大きいのも、観ていてとても好きだった。

替えズボンだってついてるんだぞ!

角田課長が新しく買ったスーツを自慢しに来てるのかわいかったw

きっと大木と小松にも自慢した後だったから、2人ともニヤニヤしてたんだろうなw

でも右京さんはオーダーメイドのスーツ頼んだ後だったし、神戸さんもオーダーメイドのスーツについて色々調べてる後だったから…

3万弱のスーツでどやられても…ね…!!

生地だけで30万とかで、仕立てるのにもまた更にかかるなんて…右京さんすごい!!!w

「替えズボンだってついてるんだぞ!」の後の神戸さんの「わ~」が面白かったw

右京さんもさすがに角田課長のスーツ褒めてるのが偉いw

そういうのはやるんだね…w

画像引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou_09/story/0014/index.html

相棒9 15話の感想

相棒9 13話の感想

   相棒の過去放送を見る方法はココ↓からどうぞ!

コメント

  1. もりた より:

    この回で、女性ものの下着を身に着けてる安藤役を演じていたのは、今から55年前に放送された特撮ドラマの名作「ウルトラセブン」で、セブンに変身する主人公モロボシ・ダン役を演じていらっしゃる森次晃嗣さんでした。特撮ファンとしてモロボシ・ダンのイメージがどうしても出てくるので、相棒のこの回を見た時は非常に複雑な感情になったことを覚えてますね···。女性ものの下着を身に着けてるモロボシ・ダンというのもね···。

    • 鈴 林鈴 林 より:

      もりたさん、コメントありがとうございます!
      ウルトラセブンで主役やられてた方なんですね!!
      めちゃ良い声でしたがそんな過去があったとは。
      ウルトラセブンのイメージが強いと、この回は余計にインパクトが大きいでしょうね…w

タイトルとURLをコピーしました