なつぞら 第22週 127話「なつよ、優しいわが子よ」感想・ネタバレ 初めての作画監督作品はキックジャガー

なつぞら_R連続テレビ小説 なつぞら

鈴林です。みんながなっちゃん達の家庭のために動こうとしているのがわかる良い回だった。

今は職場と家が近いなんてそうそう無いし、そもそも家に会社の人が遊びに来るなんてあまり無い…印象なんだけどどうなんだろう? 相手の家庭のことにはあまり踏み込まないようになっているのが普通になってきている気がする。

スポンサーリンク

なつぞら 第22週 127話「なつよ、優しいわが子よ」

自分たちで探すしかない

応募したところ全部落ちるなんて悲しいだろうな…。「保育園落ちた日本死ね」状態ですよ。

そりゃね…。子ども増やして欲しい、みたいな政策取るくせに実際に子ども産んだら働けないような時代なんだもの。お金足りないのにどうやって生きていくんですかって話だよね。

あっちより私の方が大変、とかそんな苦労自慢しないと保育園が決まらないようになってるのがまた辛い。かといって誰でも子どもを預かれるわけでもないし。命預かるのは怖いしね。

127話 これが原作だ_R

https://realsound.jp/movie/2019/08/post-406442.html

それでも仕事の話になったら引き受けてしまうなっちゃん、嫌いじゃないよ!!w

 

神地が手助けしてくれそうな雰囲気だったけど…雰囲気だけなのかな? 東洋動画で託児所とかやってくれたらいいんだけど、無理なのかしら?

初めての作画監督作品はキックジャガー

127話 キックジャガーよ!_R

https://realsound.jp/movie/2019/08/post-406442.html

これってタイガーマスクのことかぁぁぁ!!w

観たことなかったけど、なっちゃんが、というか奥山玲子さんが初めて作画監督した作品がタイガーマスクってことだよね? そうなるとすごく観たくなってくるわ。有名な作品だよね。今でもランドセルを寄付している人だっているくらいだし。

孤児に寄付をしたりするキックジャガー。戦災孤児だったなっちゃんにとって、たとえテレビ漫画の話であっても嬉しいことなんじゃないだろうか。

キックジャガーの作画監督をすることになって、マコさんがめちゃくちゃ興奮していたのが意外だったw 勉強のために漫画を色々読んでいたら面白くなっちゃったって感じなのかな。

やっぱり色々と見たり読んだりするのは勉強になるよね。さすがマコさん。マコさんの熱さに、一久さんがちょっと引いているのがまた面白かったw 「ゴングが鳴ったようですね」と言ってその場を後にするの笑ったw

このドラマ・映画をネット配信で観よう!

ドラマや映画を見るならU-NEXTが楽です。

U-NEXTについて詳しくは↓

※でも時期によっては、もうそのドラマや映画を配信してないかもしれません。記事を書いた時の情報なので、念のため確認してね!

なつぞら_R→なつぞらを観てみる!←

  他の「なつぞら」の感想などは↓からどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました